FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

定点グラビティとプレ祭り

定点カメラ映像のリピが止まらない。

この映像には引力があるんだよ!
どうしてもそこに惹きつけられちゃうの、落ちちゃうのよ!

…だってもう何回見たかなあ。
100回は超えてないと思うけど、近いものがあるかもしれない。
これがニュートンくんの法則じゃなくてなんだっていうのさ?

本編のMVもメイキングももちろん見るが
そのあとの定点カメラ映像のリピの回数はその比ではない。

スタート前、「こういうの楽しいね!」と腕まくりの仕草をする相葉くんだが
曲が始まると一番真面目に踊り続け、ふざけることも茶化すこともなく
最後の最後までフルパワーで突っ走ってた。

この少年のような切ないほどの生真面目さ。
こんなとき少し力が入る、相葉雅紀のひたむきさが好きだ。

松潤が間違えて仕切り直しになるところ。

相葉くんの口数が少ないことに気がついたニノちゃんが
すかさず笑いで突っ込む。
看破されたことに気づいた相葉くんも照れくさそうに
「集中!」と笑いで誤魔化す。

…正しくて不変のにのあいだな。

ちょうど「MORE」のテキストを読んでいたのでにのあいが沁みるわ。

「ニノってオレのことが大好きだから」

このフレーズ、何度相葉くんの口から聞いただろうか?
「しょうがねーなあ、ニノは!」
「天邪鬼なんだけど、結局可愛いんだよね」
「ニノとはずっと一緒にいるもんね」

相葉くんの気持ちが詰まってて
相葉くんの長男気質がまるっと出ちゃってる発言だ。

ニノちゃんはどんな気持ちでこの言葉を聞いてるんだろうか?
「なーにいってんだか!」と言いたげに口の端にシニカルな笑みを浮かべて
頬杖をついてそっぽ向くんだろうな、ツンデレニノコガネは。


仕切りなおしてからも、相葉くんは歌を口ずさむ以外は
ほとんど掛け声もかけず黙々と、だけど華麗に踊ってる。
顔の向きを変えるときのキレの良さに髪が揺さぶられる。
ステップに夢中で、壊れたタイルにトドメを刺すのも相葉くん。
そして、ずれたタイルを気にする素振りもなく
ひたすら音をカタチに変えていく。

それにしても小さい顔だなあ~…。
八頭身ってこういうことだよなあ。

引きも寄りもなく、同じ位置からの撮影は
相葉雅紀の恐ろしいほどのスタイルとバランスの良さを再認識させてくれた。


ラストのサビあたり、やっと相葉くんの緊張が解ける。
終わった瞬間、出ましたな!
腹チラが!

途中、腕を上げて回転する振りのときもチラっと見えたけど
ラストにしっかり相葉雅紀の仕事をしてくれました。

こんなに着込んでて、なかにシャツまで着てるのに!
インナーのシャツのボタンを閉めない着こなしは
ターンでの翻り、しゃがみこむ際のアップダウン
腰振りのときのファブリック越しのリアリティを演出するだけじゃなく
腹チラ要員である相葉雅紀のオシゴトをスムーズにしてるわけだ。
計算されてるなあ!

ジャンプする相葉雅紀の腹、達成感にあふれた笑顔。
で、やっとタイルのことを指摘。
気がついてたことを感じさせない集中力。

緩急こそ、この人の魅力だな。



プチデビクロ祭りにも参加中。
本格的な祭りは来月の表紙の南京玉すだれだが
アイドリング真っ最中の相葉廃人は買っちゃうよね。
表紙じゃなくてもさ。

中でもまっさきに突っ込みたいのは「acteur」のP51。
…どうした?
右目のまつ毛、どうしちゃったのさ?
おかげで、どうみても女性じゃんか。

コンパクトにしゃがんだ姿も
雪柄ニットもふんわりさせた髪も
役柄に合わせた柔らかい表情も、全部可愛い。
その上、あの巻き巻きまつ毛!

つぶらすぎて、息止まるわ!


「シネマスクエア」も髪は盛ってる感じ。

「acteur」や「シネマ✩シネマ」に比べると、表情はキリっとしてる。
でもどの雑誌も、ざっくりだったりふんわりだったりのニット衣装。
いよいよ、ニット雅紀の季節ですなあ。
クールにキュートにマニッシュに着こなしてくれることだろう。
甘え袖もふんだんに盛り込まれ、小悪魔相葉雅紀の本領発揮。

「シネマスクエア」はデビクロくんとの絡みがいい。
そんなに興味がなかったデビクロ人形が可愛く見えてくるもんね。
あの子の耳って、あれなんだ?クロワッサン?
「クロ」くんにかけてるとかアリ?


そして相葉くんの指がいろんな表情を見せてくれてるのがいい。
壁にもたれかかるポーズの、指の這わせ方がさりげなくてクールだし
座って前で指を絡めてるのもカッコいい。
相葉くんの指と手って、下品じゃない程度に骨っぽくて
どこもかしこもしなやかで華奢な全身の中で
そこだけプチワイルドなスパイスが効いてる。
だけど決して硬質なわけじゃなくて、指だけでも実に柔軟に反ったり絡んだりする。

デビクロ人形を抱えていろんなショットを撮ってるときの
デビクロくんを支える指がいちいち様になってるもんな。

つくづく、神さまが細部まで丁寧に作った芸術的アイドルだなと思うわけだ。

明日は評判のいい女性ファッション誌をGETするぜ!
今のビジュアルでどんなグラビアに仕上がってるのか。

楽しみすぎて、夜しか寝れません!(お約束)






スポンサーサイト

  1. tb: 0
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

嵐の豪華お節三段重!

珍しくフラゲできた「THE DIGITALIAN」

まずは久しぶりの映像特典にときめく。
なんなんすかね?
このボリューミーな内容。

まるで、豪華なお節三段重みたいじゃないか。

一の重は、リード曲である「Zero-G」のMV。
メイキングが二の重。
定点撮影が三の重。

どの段も中身が充実しすぎてて怖いくらい。
嵐ファンをお腹いっぱいにする気満々だな、おい。
とうとう事務所も本気出したらしいな。


一の重はリーダー振り付けのデジタルなぜろじー。

WSでチラっと見たときは、衣装がどうなのか…と思っていた。
せっかくの腰振り振り振りダンスなのに、その腰を隠すのか、と。
しかし「隠してこそ華、秘めてこそ艶」を座右の銘とする私としては
隠されたとしてもそれ相応の萌えを発掘する気概はあった。

でもね~、フタを開けてみてビックリですよ。
腰にシャツを巻いてるのかと思ったらさ、あれってインに着てるのね。
ロングシャツをセーターの裾から出してるんだね。

それなら話は全然違うよ!
腰を締め付けるのではなく、羽織ってる上にセーターだもんね。
長いシャツって、相葉くんにめっちゃ似合う。

赤いセーターに共布のリボン付きのシャツは
アラサー男子の衣装にしてはラブリー過ぎる仕上がり。
クロップ丈のパンツは、ボヤけたでっかいアニマル柄。
細い足首に遊び心のある上品なシューズ。

いったい誰が似合うのよ?
相葉くん以外、このながーーーいリボンを誰が着こなすのさ?

スタイリッシュなテディベアじゃんか。

それにしてもこの人は、首という首が柔らかい。
首、手首、足首。
手をヒラヒラクルクルさせる振りが多い中、
相葉くんの手首はネジが外れたみたいに回転する。
足首も同じく、電動ドリルでボルトを外すときみたいだ。

そして大問題なのが、腰だよね。

前後の振り+ちょっとサイドに入れるバージョンと
グラインドさせながら自らも回る地球バージョンね。


地球バージョンの方は、腰を回すというより肩から入ってる。
上半身全体を使って、蝶番(ちょうつがい)の限界を探す腰の旅。

イリュージョンなんじゃないかってくらい、腰の位置と肩の位置がずれるもんな。
どんだけ可動域が広いんだ?と小一時間。

あれが「30代の腰の振り」ってことなのかしら。

若いときは粉砕機の勢い
30歳過ぎたら石臼を挽くが如く


余裕とまろみがあるよね、グラインドに。
油がたっぷりしみ込んだ使い込んだ歯車のようなものだろうか。
それはきっといい仕事をするに違いない。
実際、リピの嵐を誘う艶めく映像に仕上がっている。

♪のっきゅのっきゅのっきゅのっきゅあう のとこ
腰を振りながら出ましたね、ノンノンフィンガーが!
数多の女性を惑わす、魅惑の指振りマジックが!

ラブコン、スターライトキッスで見せたあの昭和な指振り。
スパンコールたっぷりの衣装が、ベタな演出を彩って
それはそれは魅惑的で、思わず「ノンノンフィンガー」と命名してしまったほどだ。

しかも今回は後ろ向いたままのツンデレフィンガー。
…バージョンアップしてやがる!


あやとりのシーンは、手つきがほんとに手馴れてる。
糸を両手で引っ張るように整えるとことか
昔かなり仕込まれたんだなと分かる仕草だ。

手の形のあやとりを作って、ニヤッとして差し出す。

とんでもない小悪魔だ。
あの口元、狙ってないならただの悪魔。


ワイヤーの椅子に座ってる姿は脚の長さにただただ感心。
なのに「ケツが割れるかと…」なんて、これまた昭和な発言するし。
相葉くんって、見た目も生きてる世界もイマドキなのに
完成がどこかレトロで、引き出しから出てくるものがほとんど昭和なんだよな。
そういうとこがオバチャンたちも惹きつけちゃんだと思うんだよね。



二の重、メイキング。

あやとりをする翔さんが不器用すぎて…(笑)
翔さんの、出来ることのスマートさと
出来ないことがとことん出来ない不器用さのギャップが好きだ。
なんでも出来るなんて、つまんない。
それぞれ欠けてるところがあるから面白いし、
それぞれで補い合えるんだもんね。

インタビューも撮影もピンがメインなのかなって思ってたら、櫻葉でダンスレッスン!

♪たったたったーとか言いながら、肩を揺らして踊る2人。
ガムを噛みながら♪たったたった!という相葉くんの頬に
くっきりと痩せてる印の削げエクボが出来てて萌えた!と思ったら
歯と歯の隙間からガムが一瞬顔を出して、ギャーっとなる!
普通のシーンにこういうサプライズがあるとドキっとするもんだ。

櫻葉ダンスレッスンに、たまらず口を挟んでくる安定のニノちゃんを含め
短いシーンではあったが、カルピスの原液のような甘さを感じるよな。

「自由でいい」って言われちゃうと、すぐに猪木になっちゃう相葉くん。
ここでも相葉雅紀の「昭和の引き出し」が大活躍。
でも何度見ても可愛いし、なによりメンバーが毎回ウケるんだからしょうがない。
相葉雅紀の猪木からの突っ込み、爆笑までが嵐の芸なんだよね。


5人で、定点カメラの撮影についてふざけた打ち合わせ。
ニノちゃんのリーダーいじりも健在。
後ろで微笑みをたたえて見守る相葉くんの表情が女神すぎる。

リーダーに無茶振りの倍返しをされて、開き直って
「キモチいいでしょ!」と決めセリフ(?)

「後ろの翔さんの顔を確認してもらって…」とカメラマンのニノは
「翔さんが呆れてますよ」のつもりで言ったんだろうけど
私から見たら、文字通り「鼻の下を伸ばしてた」よ。

あれはね、「鼻の下を伸ばす」という慣用句を
そのままやって見せることによって、伝えてるんだよね。

『オレの相葉くん、鼻の下が伸びちゃうくらい可愛いよね!』

こう言いたいんでしょ?
「オレの相葉くん」を見せつけたいんでしょ?
私たち相葉廃人にケンカ売ってr(自粛)



気を取り直して、三の重。

DVDの説明の段階では、定点カメラの意味がよくわかってなかったが
これはなかなかの貴重映像だよな。

三の重には珍味とフルーツが詰まってたのね、ってことだ。

なにより震えたのは、靴の音だ。
普段のMV撮影では絶対に聞こえることのない
踊る嵐くんたちの靴音が、まるで楽器みたいに響く。


なんて贅沢なアレンジなんだ。

ここでも相葉くんは、慣れた所作でシャツの裾を翻し
折れそうな足首でアライグマみたいな靴を操りステップを踏み
高田純次の首のように腰を自在に可動させる。

定点カメラの映像を見ていて感じたのは
相葉くんは髪の毛にも表情があるってこと。
サラサラで柔らかい髪は、足を踏み出すたびに
腰を大きくグラインドさせるたびに、回転して止まるたびに形を変える。
顔にかかれば影が落ちて、角度を変えれば舞い上がる。

相葉くんはカラダだけじゃなくて、髪の毛も柔軟で
動いてるとき、止まってるとき、感情も表情もフレキシブルに映る。

この長めの前髪、色っぽくて抜群の効果だった!



余談だけど、めくれてしまったタイルに対するリアクションが面白かった。

つーか、相葉くんって自分で思ってる以上に真面目だよな(笑)


以上、嵐くんたちによる豪華三段重

ごちそうさまでした!



  1. tb: 0
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

二の腕とワンピース

今月1日から新しい職場で働いていることは

ここやツイッターで書いていますが
初日からものすごく気になってることがあって…こ

始業のチャイムとともに朝礼があるので、朝一、従業員はロビーに集合する。
私は一番上の階なので、非常階段の上がり降りが大変つらい。
ま、それは置いとくとして…
その朝礼に行く途中、ロビーに向かう長い廊下にそれはある。

廊下には、いくつも中連の出窓があって植木鉢や
ラミネート加工された動物の写真(カレンダー?)が飾られている。
その棚の一つに、日産の、試乗したらもらえる、嵐の、例の、
クリアファイルが、斜めに、実に適当に、立てかけてあるのだ。


初日、先輩方の後についてロビーに向かう際
CMのラストに登場する見覚えのある5人の画に目が釘付け。

あれは?まさか?
でもなんで?めっちゃ放置臭が出てますけども…。

それから毎日、朝礼に行くたびに気になって気になって。
一度、人目を盗んで少しだけ位置を変えてみたが
次の日もその次の日も、私が移動したままの角度と位置。
要するに誰もいじってないし、気にかけてないということ。

しかし、黙って持っていくのも気が引ける。
でも気になる。
だって第一弾の赤いクリアファイルは運良く譲ってもらえたが
第二弾のこっちについてはもらえるあてもない。
だからといって、クリアファイル目当てに試乗に行くのは気が引ける。
物の値段が値段だけに、冷やかしでの来店は心苦しい。
(私がそういう性格ってことです)

そして先週、デスクに置いたお友だちの手作りである
相葉雅紀月めくりカレンダーにやっと気がついたある先輩社員さんが
「もんぷちさんって嵐が好きなの?」と突っ込んできた。
新しい職場では、訊かれたら素直に認めようって決めてたので「はい」と即答。

「嵐、可愛いよね。
私はあの5人だったら、相葉ちゃんが一番好きだなあ!」


おおおおお!
気が合いそうですね!
しかしここは「5人で嵐」を貫くもんぷち。

でもちょうどいい機会なので、例のクリアファイルについて聞いてみた。

「そんなのあった?全然気がつかなかった!」

興味がない人にとってはこんなもんでしょうね…。
そう言いつつ彼女はすぐに部署で一番ベテランの社員さんに話をしてくれた。

結論として「誰のものかもわかんないし、YOUもらっちゃいなよ!」と
先輩方が背中を押してくれて、仕事の途中なのにロビーに降りて
クリアファイルを見事GETすることができた!

ありがたい、ありがたい!
言ってみるもんだなあ…。

そんなわけで、第二弾のクリアファイルも奇跡的に私のもとに来てくれました。

職場の皆さんがいい人で、それも本当に嬉しいです。




さて、昨日のしやがれ。

3on3は、相葉くんが入ればもっと早く決着がついたんじゃ…(笑)
めっちゃグダグダ感が漂ってたけど、それもまた面白いんだろうね。

仕切りに回ると、ミラクルな相葉くんが見れると同時に
こういう弊害も起こるんだけど、進行に徹する相葉くんもまた萌えだ。
なにより衣装が良かった。
突然ランニングに目覚めたおネエみたいファッション。
なんでキャラを作ると若干オネエが入るんだろうなあ?

そしてメンバーが進行役の相葉くんを思う存分いじる姿が微笑ましい。
いじる気満々、ツッコミの切れ味も良く、息ピッタリの喧々囂々。
面白そうに見守るリーダーまで、安定感のあるいじられ方だ。

スラックラインまでは相葉雅紀の出番はなかったが
私はものすごい安心感に包まれていた。
それは相葉くんの二の腕だ。

先週の予告で流れたコレクションテンの画像。
私の愛してやまないアスパラガスのような、若木のような
相葉雅紀の二の腕が妙に太くなっていたように思えて。
実は今日の放送をちょっとだけ恐れていた。
どんなお仕事でもどんな相葉雅紀でも
まるごと受け入れる覚悟しか持ってないもんぷちにしては
珍しく少しだけネガティブな気持ちで放送を待っていた感がある。

だって!
二の腕だけは…!


私の二の腕に対するこだわりというのは根が深い。
体中あっちもこっちも「太」とか「肉」という単語にまみれた巨体もんぷちだが
特にひどいのが、腕だ。

その太さときたら『肩からアイドルの脚が生えている』といっても過言ではない。
なんならアイドルの脚の方がはるかに細い。
というくらい太い。
服によっては、身幅は入っても腕が通らないということも珍しくない。

不思議なもので、人間って腕が太いと体が一段と大きく見える。
相葉くんが標準的な男性の身長でありながら、華奢に見えるのは
その腕が上半身に隠れるように生えてるからだ。
腕の厚みのなさゆえに、余計身幅が細く見える。

それは私が憧れる、理想の腕のあり方なのだ。

だから相葉雅紀は鍛えちゃダメだ。
盛り上がった二の腕なんて相葉雅紀には必要ねえ!


私が選挙に当選したら、相葉雅紀非筋トレ条例を施行する。
ひとーつ、一人で筋トレをするべからず
ふたーつ、二人でするなら翔さん
みっつ、見つめ合うなら松潤

もん太郎侍が、筋トレする相葉雅紀を厳しく罰することだろう。
(このネタ、分かる人がいるのだろうか?)

というくらい、二の腕に関しては思い入れがあるのだ。

以前からロン毛部部長を謳ってはいるが、
髪の長さや髪型については、究極どの相葉くんも可愛いので
短くなるのは少しさみしいが、選挙に出るほどではない。

しかし二の腕は違う。
神さまが付けた目印とされる美麗なあの痣から
細さ、長さ、厚み、しなやかさ、秘めたパワーを含め
芸術作品としての相葉雅紀の二の腕を愛しているのだ。
だからここまでというサイズだけはキープして欲しい。

その願いだけを胸に迎えた昨日の放送。

賑やかな柄のTシャツで登場したTarzan雅記の腕は
…んんん?太くないね?
というかむしろ細くないか?
Tシャツの袖口が大きいのか、棒っ切れのような手足が際立つわ。

もうここで安心しちゃって、バスケも綱渡りも話半分だ。

本当に良かった。
今日も相葉雅紀の二の腕と日本の平和は守られたのだ。

とは言いつつも、向井氏に対する「りーくん」呼びには反応しちゃうよね。

りーくん?りーくぅぅぅぅん?

向井理の「理」で「りーくん」なんだろうけども。

いつの間に?
何年か前のマネキンファイブでは
「今日を機会に…(親しくなりたい)」みたいな話じゃなかった?

その後なんかあったっけ?
妄想してもいいのかしら?

と、腕の観察と同時に、お相手探しの旅も忙しい忙しい。


ボルダリングにてやっと相葉くんの出番。

腕はやっぱり、ほっそーーーい!
ホールドを掴んでも、筋肉の盛り上がりは顕著ではないことに一安心。

掴んでも掴んでも細い腕   (by 種田もんぷち火)

そして痣!
こんなふうに袖からちょこっと不意打ちで現れると
その破壊力は計り知れないよね。
神さま、よくぞこの子にこの美しい痣を与えてくれましたね、と
神さまに対して若干上から褒めてつかわしちゃうワタクシである。

途中、どさくさに紛れて翔さんが「脚、なげーな!」と呟いてるのも聞き逃せない。
はいりさんだろうか、「ホントだ!」と同意してくださってるのはありがたい。
そうでしょ?そうでしょ?と、声を大にして世間に訴えたいようなそうでもないような。


で、真打のコレクションテン。

攻めのファッションがテーマとは言え、なぜワンピースを選んだんだろう?
相葉くん、「攻め」の意味を取り違えちゃいませんか?
見てる側からするとありがたくて大正解だけどさ。

そもそも、相葉雅紀…つまり男性がワンピースを着るってこと以外
相葉くんのファッションには「攻め」の要素はほとんどなかった。

カッティングとか変わってるし、仕立ても良さそうだけど
実に上品に着こなしてるし特別突飛でもないよなあ。
(ちなみにこのブランドの公式サイトに飛んでみたら
相葉くんのワンピースに松潤のボトムを履いたコーデが掲載されていた)

メーテルみたいな帽子もエナメルの靴もトーンが合ってて
すごくオシャレだけど、パーティピープルはこれを着ないだろ(笑)

にしても、所作を女性っぽくして厚めのタイツを履いたら
完全に女子だよな、このコーデだと。
帽子をかぶると、輪郭の柔らかさが強調されるし
付け襟が細い首も際立たせちゃってるし。

ワンピースのお値段を聞いて驚く素の表情が一番女の子っぽかったな。


相葉廃人的な一番の見どころは、お洋服を選ぶシーンだよね。
ぶっちゃけて言うと、世界のアイ・トミナガの後ろで
キャピキャピしてやがるにのあいでしょ。

アイ・トミナガが小物の説明しているときも
こそこそと話す声が聞こえてますことよ。
このお買い物タイムで相葉くんと組んだ時のニノちゃんは
自分のコーデなんて二の次三の次で、とにかく相葉くんを構い倒してる印象。

面白そうなアイテムを見つけては、相葉くんのもとにせっせと運ぶ。
相葉くんも苦笑いしながらも決してお座なりな扱いはしない。
必ずあててみたり、それなりのリアクションをする。
この相葉くんのオニイチャンモード、たまらんなあ。

この2人は、カッコいいし可愛いけど、
女子の立場から言わせてもらえば、声をかけにくいよな。
だって自分たちだけで完結してるんだもん、関係性が。

2人の世界、この世の果て。
ふたりのため、世界はあるの。


どんなに可愛い女子を目の前にしても
ニノちゃんの相葉くんへの興味は一向に減る様子もなく
いつもどおり、彼のベクトルは相葉雅紀にまっしぐら。

その健気さにそっと涙を拭うもんぷちであった(ちょっとウソ)


ところで、この放送中に悟空ニノちゃんのCMを捕獲!
このCM、ホントにかっこいい。
なんなら三蔵法師で相葉くんも共演すれば良かったのにね!





  1. お礼
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

拍手コメントありがとうございます・11


仕事を始めて2週間。

職場の皆さまは優しくてとても恵まれてると思うが
仕事自体のリズムがまだまだ掴めない。
ついでに制服(笑)も全く似合わない。

しかしツイッターの方でつぶやいてるとおり
隣の席の男性職員、萌え原氏(仮名)がどうにもこうにも萌え男子で。

どこかにいいお相手がいないものかと
日々彼を肴にいろんな妄想に浸っています。
ホントに失礼だと思います、反省は…してません!


拍手&拍手コメント、ありがとうございます。

以下、9月2日から10月13日までに拍手でコメントくださった方へのお返事です。

心当たりの方はどうぞ。






  1. tb: 0
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

新たな歴史

OLさんの休日というよりは~…
相葉雅紀の潜在的な女子力を見せつけられた感のあるしやがれ。

ここで女子力って言っちゃうと、織田氏の回のようなことになりそうで語弊がある。
ま、女子力というよりは、素のままで中性的というか。

女装男子っていうカテゴリがあるけども
そりゃね、10代の細身の男子が時間をかけてメイクしてね
レディースのお洋服を着ちゃうとさ、まあまあ女性に見えなくもないかもね。
線も細いしゴツさには到達してないし。
ある程度のお手入れもしちゃってるんだろうし。
当然の結果でもないだろうけど、ないこともないだろうという。

でもさ、相葉雅紀の場合は、口調こそMORE雅紀モードでさ
おネエっぽくしてるけど、他はまんま相葉雅紀なわけじゃん。
洋服だって特別ユニセックスを狙ってるわけでもないし。

実際、MORE雅紀キャラのときより、通常モードのときのほうが
より一層「キレイなお姉さん」っぽく見えた。
特に「合唱団」と「小顔」の件で、綾瀬嬢ともめてるシーン。
一時停止をしてしてみたけども、何度見てもOLさんがもめてるみたい。

「小顔にするために合唱したいって…」
「合唱したいって言ったらあとから小顔がくっついてきた!」

ここのあたりなんて、マニッシュなのに天然系OLマサキちゃん
不思議ちゃん系受付嬢ハルカちゃんの休日っぽい。

『ハルカがここのパンケーキ食べたいって言ったんでしょ?』
『そのときは食べたかったけど、もうブームは去ったんだよね』
『ブーム、終わっちゃったの?早くない?』
『時代は進んでるんじゃない?』


…なんて微笑ましいんだ。
他のメンバーは会社の同僚で「2人とも可愛いなあ」って思いながら
ニヤニヤしたり小声で突っ込んだりしながら見守ってるんだよね。
うん、どう見ても男4人に女子2人だよ。

驚くのは、この相葉雅紀がなんの装飾もしてないってことだ。
ガッツリ女装に力を入れたり、特別女子っぽく振舞ってるわけじゃない。

なにがどうなってるかっていうと、やっぱり原因は
私がしつこく言い続けてるデコルテラインじゃないかな、と思うわけ。

まず首が細い
のど仏がない
鎖骨がくっきり
肩が薄い
加えて言うなら顎が細い
そもそも頭蓋骨が丸くて小さい


顔全体の輪郭もね、男性っぽくないいちごライン。
男の人ってどうしてもエラと顎の骨格がしっかりしちゃうけど
相葉くんのそれはフリーで描きおろしたキレイな曲線なんだよね。

その柔らかさが女性っぽく見える要因なんじゃないかと。
おまけに普通に話してても語尾がふんわりしてるし。

それとさ、髪も伸びてるよね?
耳が見えないもんね?
あのサラサラの茶色の髪。
キューティクルって見えるんだね!って。
30歳を超えて、あのキューティクルと天使の輪。

そりゃ、女子に見えるわ。

が、しかし私は相葉くんが女の子だったら…なんて思ったことはない。

成人男性なのに!
ふとした拍子に性別不詳、年齢不詳に陥る、
我が目を疑ってしまう、
かっちょいい男性のときと
キレイなおねえさんっぽく見えるときと
そんなパラレルワールドに誘ってくれる相葉雅紀が好きなんだ


男性という前提ありきで、性別も年齢もぶっ飛ばすポテンシャル。


口笛合唱団のスーツも可愛かった!
相葉くんはリボン系のタイとか蝶ネクタイが実に似合う。

可愛いんだけど七五三的にはならないのは
全身バランスがスタイリッシュだからじゃないかな~。

Yシャツ系を着ると、首の細さと長さも際立つよね。
無骨さが全くないんだよね。
首周りが涼しげで実に爽やか。

口笛も上手だった!

仕切り役だったからほとんど練習できてなさそうなのに
ちゃんと音程も取れてたし、本人も満足してたよね。
2テイク目のとき「よし!完璧!」って言いたげに頷いてて
こんなに可愛いドヤ顔ができる30歳の
天使過ぎるにアビリティついて考察してしまうじゃないか。


で、ここからが真の本題だけどさ。

その女子っぽい相葉雅紀と櫻井翔が
プライムタイムのTVショーで
ちちくりあっていた…ように見えたのは私だけだろうか?

「どう?」「どう?」と言いながら触り合う2人。

なんなんだ?キミたちは!
ここは自宅じゃねーぞ?
キミたちのプライベート空間じゃねえっつーの!


触り方がね、実にイヤらしい!
筋肉を確認するならぽんぽんと叩けばいいじゃないか。
あれを「まさぐる」と言わなくてなんて言うんだ?
翔さんなんか、触ってる手を小刻みに揺らしてるからね?
振動を与えてるからね?
刺激してるからね?

触られてる相葉くんの薄いこと薄いこと。
メンズのカットソーの中でカラダが泳いでるもんね。
胸のふくらみなんてあるわけないよ。
元々の肉付きが普通以下なんだからさ。

結局相葉くんがやることになるんだけど
このあたりの翔さんが本当に楽しそう。
翔さんってマジで笑ってるとき、まばたきをすごくするんだよね。
目をしばしばさせて笑うのよ。
そんな風に笑ってるときは、マジ受けしてるときだって認識。
そういう観点で見ると、めっちゃ楽しそうやん!


ちょっとドキッとしちゃったのが、先生が大胸筋を示すシーン。
先生の指が相葉くんの肩からすっと胸元に下がる…。

ふおぉぉぉぉ…。

普通に触るより官能的な動きだな。
あれを翔さんがやってたら、間違いなくエア吐血だな。

それにしても大胸筋を伸ばされてる相葉くんが薄すぎて…
ポキっと折れそう…。
カラダは柔らかいからどんどんしなっちゃうんだけど
あまりにも厚みがないから、先生の膝が突き抜けちゃうそうで…。

ドキドキしながら見守りつつ、ボーダーシャツの下の肋骨に思いを馳せる。

くっきりと骨のラインが浮き出てるよね。
シャツにそのカタチを映してるよね。

なんてキレイな湾曲…。

相葉くんの骨、相葉くんの筋、相葉くんの血管
リボンのように綺麗に収まってるはずの五臓六腑

相葉雅紀は、その中身にもロマンを感じさせる。
まるで宇宙のようですなあ~(戯言)

…いや、違う!
今は櫻葉による公開ちちくりについて糾弾してる途中じゃん!

これまでも数々の「公開○○」を実行に移し
残すは公開婚姻とd(自粛)

この日、櫻葉の歴史に新たなページが刻まれた。

10.11 ちちくりの変

次回の更新が楽しみなような恐ろしいような…。





  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

澤部株高騰なう

読書リスト

「よるのふくらみ」  窪美澄

「誰か」 宮部みゆき

「ロック母」 角田光代

「ひなた弁当」 山本甲士



ツイッターではちょこちょこ呟いているが
再就職が決まって、今月1日から出勤している。
仕事は結構ハードだけど、同僚の皆さまが優しくて
親切にご指導してくださるので居心地はいい感じ。

ただ、お昼休みがすっごく静かで(笑)

黙々と食べて、寝る。
黙々と食べて、ネット。

みたいな。

しょうがないので、図書館で本を借りて読むことにした。
読書が進むわ~、サクサクと。

慣れたら嵐関係の雑誌を持参して読みふけることもできるかも。

まずは仕事を覚えて、空気に慣れること。
頑張ろうっと。


アラシゴトがなにもない、番組編成時期。
「相葉マナブ」のありがたみが身に沁みる。

家庭菜園だなんて、長期のいい企画だわ。
継続できる企画があると、続いていくんだなって実感できて嬉しい。

そしてタオル巻きの相葉雅紀の頭蓋骨のフォルムは相変わらず完璧。
肉体労働となると浮き出る腕の筋。
普段はヒョロっとしてるのに、こういうときは存在感をアピール。

うむ…これは相葉雅紀のお尻と同じ原理だな。

ボトムに包まれた状態では、どこにあるのかさっぱりわからない尻の山が
なにかの拍子に「プリっと」…そりゃもう「プリっと」としか表現のしようがない
見事な丸みとボリュームで以て、その存在を誇示する。

不意打ちの自己主張に、相葉廃人は毎度心の臓を射抜かれる。

わかってんのに!
この人がこういう人だって、わかってんのにさあ!

振り幅王子だってことは合点承知の助なのに
毎度毎度、面白いくらいに引っかかる。
入れ食い状態なのだ。

今回の軍手プラス腕の筋にもやられたなあ。
なまっちろそうな細身アイドルなのになあ。

そして普段はすごく優しくて礼儀正しい態度を崩さないのに
ADの女性に、ひまわりの種を渡すとこなんてさ
雑も雑、なにも言わずに顔さえ見ずに彼女に種の袋を黙って差し出す。

受け取るよね?
こんなに自然に渡されたら、例えそれが請求書でも
「あ、はい」って素直に受け取っちゃうよね。

有無を言わさないナチュラルな強引さってモテ男子の必須要素じゃない?

引っ張ってくれる人が好き、強引さにキュンとするってよく聞くが
それはグイグイ行くとか俺さまキャラでってことじゃなくて
ときど~き、こういう無造作な扱いされる程度で十分なんじゃないかな。

相葉くんは柔らかさとザッパーさが適当に混ざってて
実にバランスがいいと思うわけよ。

そこがモテ男子のモテ男子たる所以。
媚びないし、外野の評価を気にしない。

潔さと優しさのマリアージュや~。


そしてですね。
ここでワタクシの澤部株が激しくアップいたしました。

澤部の書く字がね、実に好みなんだよね。

料理の上手なマダムがささっとメモしたときの字みたいじゃん。
見た目はじゃがいもなのに、繊細な字面ですよ。
このギャップはいいよ。

渡部氏の、スマートそうなのにめっちゃ不器用も萌えましたが
澤部の字もかなりのポイントアップ。

やっぱりこの2人がマナブの鉄板だな。
時々、こういう意外性というネタを投下してくれるもんな。

もちろん、主役の相葉くんも期待を裏切らない。

料理の腕、上がってるやん!
手際も良くなってるし、以前「塩ひとつまみ」で失態を犯した人とは思えないわ。
シンプルな料理をワイルドに仕上げちゃって。

奥行きのあるアイドルだよな。
そして「相葉マナブ」はそのツボを理解して
しっかり掘り下げてくれるオタ得番組だと思う。

ずっと続きますように!




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック