FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

超個人的お知らせ(SA2さんへ)

コメントありがとうございました!

裏のパスワードの件ですが、ここで公表するわけにはいきませんので(笑)
できましたら非公開コメントか拍手コメント(非公開設定)に
フリーで構いませんので連絡先をお知らせくださいますか?

お手数ですけどよろしくお願いいたします!

もんぷち。

スポンサーサイト



コレクション10の嵐! 

もんむす、ギプスシーネが取れました。
ご心配を頂きありがとうございました~。

ギプスをとったあとの足の臭いこと臭いこと。
翔さんちの風呂なんてもんじゃないと思うわ。


さて、いつものことだが陸の孤島もんぷち家には「LOVE」は届かなかった。

嵐くんたちからの愛はいつも焦らされる…。
毎度毎度の焦らしプレイ。
イケずやのう~。


さて、グダグダしててもしょうがないのでこの時間を有効活用。

「嵐にしやがれ」感想の続き~。
ま、誰も見てないでしょうけどね!


密会の嵐では、翔さんが常に相葉くんに向かってアピールするという
櫻葉クラスタ騒然の事態になってたわけだが
実は松潤相葉くんを見る目もなかなかだった。
語る相葉くんに送る視線が優しすぎて、見てるこっちがドキドキ。
相葉くんは見られてることに気がついてないってことにもときめく。

見られてる見られてる…。
見守られてるよ!相葉くん!

やっぱ、器の大きさを考えると松潤かなあ…(なにが?)


そしてコレクション10のコーナー。

オープニングで大きく手を振る相葉くんがラブリー。
こういうことを衒い(てらい)なくできちゃうとこが
天真爛漫アイドルの真骨頂なんだろうね~。
これで31歳ってマジ驚くぜ。

佐藤さん、ニノちゃん、松潤のセレクトタイム。

ニノちゃん、不穏な動きをしてるけども
間違いなく相葉くんのツッコミを待ってる感じだもんね。
「相葉さん、お願いしますよ」って背中に書いてある。
そして相葉くんもその期待に応えちゃう。
このあたりが総武線コンビの阿吽の呼吸。

リーダー、翔さん、相葉くんの番になると、相葉くんもしっかりお返し。
タグを見る素振りで、ニノちゃんに突っ込む隙を与えたりしてね。
ツーカーだよなあ。

そして出ましたね!
相葉廃人を全滅に導いた例の魔法が!

「シャラシャラポーン!」

全国のお茶の間の皆さん、ポッカーンでしょうな。
しかし相葉廃人は直径2センチの矢が心の臓に刺さったのではないか。

伝説の「シャラシャラポーン」をカメラ目線で…。

無邪気な笑顔で乙女の心を弄ぶ天才としか思えない。

モニタールームのメンバーからは総ツッコミだったけど
現場の翔さんは、ここがチャンスと意気揚々(笑)

「回収しときます!」ってさ~。

回収してどーすんのよ?
キミんちに連れてくつもりか?
風呂の匂いチェックさせちゃうのか?

それにしても翔さん相葉くんに対しては実に気軽にスキンシップを図る。
他のメンバーには口でなにか言うことはあっても手が出ることは少ないのに
相葉くんが相手になると、安心感故に距離感まで失くす。

とにかく翔さんと相葉くんはハグするシーンが多い。

ニノちゃんとなら殴り合ったり肩を組んだり
松潤とならハイタッチか隣の松潤が顔を覗き込むか

でも翔さんは必ず手を出すなって感じた。

今回もね、回収を口実にがっしりとね(笑)


相葉くんの中華コーデ、さすがだなあ。

『らんま1/2』に出てくる中国からの刺客みたいだもん。

インテリでIQは高いのに、一般常識が少し抜けてて
融通が利かなくて空気が読めないマイペースのイケメン。
恋愛には興味ないけど女子には無駄にモテる、みたいなね。

で、あれでしょ?
天下一武道会に出て、「小龍包!」の必殺技で
結構いいとこまで行っちゃうんでしょ?
(↑それは漫画が違います)

メガネをかけたことと、髪を耳にかけたとこがセンスいい。
あれでバランスが一気にインテリ中華になったもんね。
二次元の中華キャラそのものだもんね~。

「ふざけてんすよ」とニノちゃんにダメ出しされようとも
結局、選んだ衣装が全て似合ってることに異論はないはずだ。
せめて「ふざけてる」ってことにしないと、カッコ良すぎるもんね。

前回までみたいな派手派手ジャケットも着こなしちゃうけど
今回みたいなシンプルな中華コーデ(なんじゃそれ?)も地味にならず、
むしろエッジの効いたコーデにしちゃう相葉くんのスタイル。

はあああ…このコーナー、神だな!


さて、明日は届くのかな?
暇さえあればポストを覗いちゃいそうだな(笑)


密会の嵐!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| Comments(-) | Trackbacks(-)

美味しそうなリピの魔法

最近車の中で「ウラアラマニア」を聴いている。

毎回引っかかるのは「コイゴコロ」の歌詞。

♫ 細く白く触れたら死にそう 美味しそう 

 ↑ ここね。

嵐くんたちはね、食べ物を目の前にしたときは
「美味しそう」とは言わないんだよ。
「うまそう!」って言うの。

だからこの「美味しそう」がすごく新鮮で
しかもメロディも軽快で悪ぶってる感じだし
なんというか青臭くて照れくさくてグッと刺さるのだ。

「美味しそう」ですってよ…。
「美味しそう」、か~…えへへ(←ろくでもないこと考えてます)

この場合の「美味しそう」はもちろんそういう意味だから~
逆にそういうときには「うまそう」とは言わないわけで。
もし言うとしたら、めっちゃ渋いオジサマ…
例えば吉田鋼太郎さんとか遠藤憲一さんみたいな
爬虫類系のねっとりした質感の男性が
「うまそうだな…」と舌なめずりするシーンの方がしっくりくるわけで。

この頃の嵐くんたちが…いや今だってそのステージには達してないでしょ。

「美味しそう」でもまだ早い!
なのに粋がって歌っちゃってるあたりがね…
なんつーか、リスのボクシングを見ているようで
微笑ましくてくすぐったいわけ。

それがいいんだなあ~。
だから何度も聴いちゃうね、この曲。

私から見て「美味しそう」なのはもちろん相葉雅紀だが
それは私が、というより、私に憑依した翔さんがそう感じてるってことで
そういうとき私は完全になで肩のキャスターになりきって相葉雅紀を愛でている。

『オレの雅紀、美味しそう!』

…なんちって。


だって、私の中の翔さんはいつも相葉くんが大好きだ。

聡明で頭の回転も良く、飲みこみも早くて機転も利く翔さんだけど
突発的なことに対処する反射神経という点においては
間違いなく相葉雅紀に一目置いていると感じている。

ステレオタイプではない、想定外なのに妙に納得してしまう。
もしくは爆笑しないわけにはいかない。

ミラクルという一本背負い
しかもその投げ技は誰のことも傷つけない


翔さんはきっとどんなに頭が良くても相葉雅紀には敵わないってどこかで思ってる。


一方ニノちゃんは、いっつも自分が一番でありたいのかも。

自分が一番最初に相葉さんのボケに突っ込んで
一番褒めて一番笑って一番付き合いが長くて一番気心が知れてて
相葉さんが「オマエ」って呼ぶのはオレオレオレオレオレだけ!
オレが相葉さんの最初で最後の「オマエ」なんだって思ってそうで。
相葉さんちに遊びに行くのもオレ。
配線に口を出していいのもオレだし、相葉さんをおバカ扱いしていいのはオレだけ!

ニノちゃんはいつでも可愛いのう!



さて、デビクロくんの予告が解禁になったのだが。

リピが止まらんよ!
なんですか?
あの可愛い本屋さんは!


ピースでクルクル…
笑顔でクルクル…
目ぇつぶってるし!
甘え袖だし!
これってかかとでてこてこ回ってますよね?
グレーニットの甘え袖だし!(←2回目)

このシーン、すごくいい表情してる。
ここだけで「可愛い!」というだけではない映画への期待が高まる。

どの相葉くんも不思議なことに、予告のその演者さんよりヒロインっぽくて
生田氏と同じフレームでの映像では
まるで生田氏と相葉くんの恋と魔法みたいな…

だって横顔が憂いを帯びすぎてて
生田氏の視線が意味深だし

ううう…変な妄想が~!

とか叫びつつ、別のブラウザでまた見ちゃってるし。

これが魔法じゃなかったらいったいなんでしょうか?
「デビクロ予告のリピの魔法」ですよ、こんなもん!

たった30秒でこの破壊力。
本編を見た相葉廃人はいったいどうなってしまうのか?

11月が恐ろしいぜ!
(そういえば「ピカハフ」の福岡も11月だ!←その前に当選しないとな)



冠番組ネタの追記とお詫び

一つ前のエントリなんですが…。
書いてる途中で、これは鍵付きだな…と思ってたにもかかわらず
間違えてそのまま公開にしてました。

うっかり読んでしまった腐業界に無関係の皆さま、申し訳ございません。

私としても、内容の線引きには悩んでるところで…。
言うたら全てが18禁というか、マニア向けというか。

不快に感じる方がいないことを祈っています。



で、追記ってほどでもないんですが
関ジャニ∞とのVS嵐スペシャルの感想で書き忘れてたこと。

横山氏に対する「わっかんない!」の衝撃については触れたけども
そのときの嵐くんたちのリアクションも書いておこうと思ってたんだ。

首をかしげて「わっかんない!」と言い放った相葉くんの後ろで
一番嬉々としていたのはもちろんニノちゃんだ。

「仲がいいと思って(天の声が)訊いてるんだから~」

相葉くんの肩をつついて軽く突っ込むニノちゃんの口元は若干緩んでいる。
もちろん、お茶の間の一部の人種にはその理由がわかってる。

『仲がいい、ね…確かにね~。
泊まりに行ったり遊びに行ったり、物理的にはね、そうでしょーよ?
でもね、それはヨコとヒナが当時仕事で大阪から出てきてね、
泊まるとこがないし、みたいな流れもあるんですよね。
オトナの事情…じゃなくて、コドモゆえの事情ですよね。
お金がないとか、未成年だとか。
合宿所もありましたけどね、なかなかの狭さですしね。
そういうね、なんだろな~、オレからしてみたら…浅い?
うわべのね、って言っちゃうとアイツらが暴れるけどさ
「ああ、今日も楽しかった~、ヨコって面白いよね!」的な仲の良さね。
それはね、オレの望んでるところとはちょっと違うんですよ。
相葉くんって間口は狭いけど、奥行きがあるからね。
そこにそぉっと入り込んで、どこまで踏み込んでいけるかってことね。
結局ね、気を許してくれないことにはなーーんもわかんないから、あのヒトのことは!
わかってるつもりでも不意打ち喰らって、血の気が引きますからね。
…ここまで、ほんっとうに長かったのよ。
途中ほとんどかかわってない部外者にはびた一文くれてやんない。
オレが大事にしてきたの!
だからね、あそこは「わっかんない!」で大正解。
さすがはオレの育てた相葉さんだなあ、うん』


というね…本音がね…。
ウチの森のニノちゃん、語るなあ!

ってここまで書いて、このエントリまで鍵付きにしなくちゃいけなくなりそうな
嫌な予感がしてまいりましたけどもね。


一方、松潤は単純に面白がってたね。

『あ~あ、言っちゃったよ!
相葉くんってば、時々無意識にバッサリ斬るからな~。
相手がニノじゃなくてほんとに良かったけどさ。
ニノだったら、顔で笑って言葉で突っ込み返しても
しばらくは胸に小骨を刺したまま、ブルーを背負っちゃうもんな。
…ま、実はちゃんとわかってて、ニノには絶対そういうこと言わないのが
相葉くんのいいとこだよな』



翔さんは半分キョトンで。

『…え?わかんないってどういうこと?
オレは当時グループが違ってたからわかんないんだけど
相葉くんってヨコとヒナとめっちゃ仲良しで、なんでも知ってるってイメージなんだけど…。
あっそう…そういう感じ?
まあ、相葉くんにはよくあることだけどさ、肝心なことすっ飛ばすの。
でもさ~…これって怖いことだよね…。
オレだってさ、冠番組がお休みのタイミングでさ、
ZEROの取材旅行入れちゃったりしてさ、
しばらく相葉くんと会わなかったりしたら…忘れられちゃうってこと?
…おいおいおいおい、それはある意味ホラーだな!
櫻井翔、貝アレルギーになるくらいのショックですよ、それは。
こうなったらマーキングしとくしかn…』


↑これ以上書くと、ホントに鍵付きになるので(今でも十分!)やめときます。


ええっと、じゃあ健全で純粋な相葉雅紀の話を(笑)

水球ヤンキースチームとのジャンピングシューターにて。

ジャンピングシューターは、VSのゲームの中でも一番エロいと思う。
シュートがどれだけ決まったかは、この際問題ではなく
シューターである相葉雅紀がこのゲームでは必ず上着を脱ぐというお約束がある。

他にはクリフクライムやピンボールランナーでも脱ぐ率が高いが
ジャンピングシューターではほぼ90%の確率で脱いでんじゃねーの?
調べてないから知らんけど。

その昔、「彼女が水着に着がえたら」という映画があったようななかったような。

雅紀が上着を脱いだなら

お茶の間のもんぷちは、グッと前かがみになる(家族の手前、気持ちだけ)

来る!
腹チラが、ヘソ出しが、なんなら太ももラインが
Tシャツ&ハーフパンツでのジャンピングシューターくらい眼福のゲームはない。


常に全力で飛んで跳ねる相葉雅紀の身体能力の高さもゲームの醍醐味だ。
ジャンピングシューターの壁に描かれたシューターのシルエットは
多少デフォルメしてあるはずなのに、相葉雅紀の空中姿勢は
あのイラストの彼とほぼ同じどころか、更なる躍動感すら感じさせる。

跳んで投げるまでの映像のどこを切り取っても
まるでリアリティを度外視した少年マンガの一コマみたい。


リアルキャプテン翼、リアルテニプリだわね。

そして忘れちゃいけないのが、投げ終わったあとに倒れ込む相葉雅紀。

崩壊系アイドルが大好きなワタクシの(そんなジャンルないですけども)
マイベスト崩壊シーンは、5×10ライブDVDの「ファイトソング」

花道で倒れ込む相葉雅紀は、バラの花びらが散って落ちるような儚さで。

重量というものがまるで感じられない見事な崩れ方。
それは「頽れる(くずおれる)」という言葉がピッタリだった。

ジャンピングシューターのあと、倒れ込む相葉雅紀も風情がある。

大抵の場合、相葉雅紀は仰向けに寝ころび、胸に手をあてる。
その手は厚みのない胸に沈み込む。
抑え込んでるわけじゃないのに、手が見えなくなるくらい胸が薄い。
上を向いた横顔もすごくきれい。
細かく息を吐く様子がエロくさくて、嵐くんたちがヒヤヒヤ…

……全然健全じゃなくなってきたので(汗)このあたりで撤収します!




冠番組小ネタ集

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
箱入り兎 | Comments(-) | Trackbacks(-)

拍手コメントありがとうございます・8

今日、友人の力石(仮名)とランチに行った帰り
交差点を曲がりながら、角にある謎の店が何屋なのか討論していた(大げさ)
ずっと前から気になってるのだが、看板が小さくて店名も読めないし
蔵を改造してるらしい店は、レストランのようでもありバーのようでもあり
外観からの情報が少なすぎて、値段設定が読めずハードルも高い。

で、その角を曲がってすぐ、道路の真ん中にワンコ発見。
(犬の種類に詳しくないのですが、マルチーズとかチン?みたいな小型犬です)

…え?キミ、どうしたの?
雨降ってるのに一人でお散歩?

んなわけないので、ハザートを点け、一旦停車をして
ワンコを抱えて歩道に移動させる。
しかしなぜか車に戻る私についてくる。
歩道に戻す、ついてきて道路をウロウロする、
また歩道に戻す、縁石を乗り越えてついてくる、
これを数回繰り返したところで、私の車の後ろに車の列が!

これはヤバいと、慌てて車に乗り込んだ瞬間
そのワンコが運転席の足元に飛び乗った!

えええええ?
キミ、無銭乗車やで?

後ろの車にも迷惑だし、しかたなくワンコを乗せたまま脇道に入った。

足元に乗り込んだワンコは、意外にもおとなしくて
アクセルを踏む私のそばに座り込んでいる。

多分このあたりの家のワンコだろうとあたりをつけて
雨の中、一番近い家のインターホンを押した。

出てこられた親切そうなご夫婦に
「迷子の犬がいるんですけど、お宅の子じゃないですか?」と尋ねると
「うちの子じゃないけど、近所の犬かもしれないから電話してみようね」と
言ってくださって、ご主人の方はタオルで濡れたワンコのカラダを拭いてくれた。
優しいなあ!

結局、そこのご近所さんのウチのワンコちゃんで
雷にビックリして逃亡しちゃってたらしい。
すぐにワンコのお母さんが迎えに来てくれることになった。

で、お母さんのお迎えを待ってる間、そこのご主人に
「この家の裏の蔵みたいなお店って何屋さんなんですか?」と訊いてみたところ
「ウチの娘がやってるイタリアンレストランなんですよ!」、ですって!

おおお!
謎が解けたぜ!
ちゃっかりリーフレットを頂いちゃったよ。

思った通り、少しお値段はお高めだけど
ランチで1800円なら出せないこともない。
なにより内装の写真がすごくオシャレで、力石(仮名)と大興奮。
ワタクシの大好物の蔵!
その蔵を改装したレストランなんだから、行くしかないでしょ!

いえ~い!
ワンコがご縁で、また行くお店が増えたぜ。



え~…滞りがちの拍手のお礼ですが
今後は翔さんに順じて(オトノハ)、月の中頃(15,16日あたり)にお返事をすることにします。
決めないとずるずる遅れちゃうので。

のんびり更新で申し訳ありません!


以下、6月23日から7月16日までに拍手でコメントくださった方へのお返事です。



プリシラピンクで妄想

先日、『日産の試乗でクリアファイルがもらえるが
高額商品ゆえ、ファイル目当てに日産に行く度胸がない』という記事を書いた。

鳥頭なので、あきらめたことや嫌なことはすぐに忘れちゃうワタクシ。

しかし巡りあわせってあるんだな。

20年前にネットでお友だちになった、くらもちふさこファンのある女性。
その人を通じて、他のファンの方ともお友だちになり
当時はチャットや掲示板でおしゃべりしたり、くらもち先生の原画展に誘って頂いたり。
くらもち先生原作の映画「天然コケッコー」の舞台挨拶にご一緒したこともあった。
(デビュー間もない岡田さんちの将生くんが登壇)

その後はお互い別の趣味に走ったりして、時々連絡する程度だった。

その彼女から突然分厚い封書が届いた。
開けてみると、例のクリアファイルを含むNISSANのお宝商品が!
そしてお手紙には驚愕の事実が!

なんと彼女、還暦を過ぎた今年、バクッとニノちゃんに落ちて(笑)
ファンクラブにも入り、テレビ誌を買いあさり
今は嵐のコンサートに行きたくてしょうがないんだとか。


なんですとーーーーー?

しかも彼女は日産のユーザーなので
「嵐ファンの先輩であるもんぷちさんにおすそわけです」と
貴重なファイルやカタログ等を送ってくださったと。

ちょ…マジですか?
ありがとうございます!ありがとうございます!

他にも、最近のテレビ誌の相葉くんの切り抜きとか
私が我慢して本屋に置いて帰ったあの記事とか…。

マジで嬉しい!
昔からの知り合いが嵐ファンになったこともうれしい。

以前会ったときは、嵐の話にあまり興味なさそうで
でもニノちゃんのことだけは「俳優として好き」っておっしゃってたけど
その後嵐の番組なんかを見ていて「全員可愛いじゃん!」と感じ始め
嵐というグループが気になり始めて、今は楽しくてしょうがない時期のようだ。

嵐くんたちの魅力、集客力はまだまだ底知れませんなあ。



「音楽のちから」をリピしていたら猛烈にアレがみたくなった。

アレ→『嵐フェス2012』

私の大好きな、ピンクのヒラヒラ衣装の相葉雅紀だ。

その相葉雅紀は、翔さんのソロ「T.A.B.O.O」の最後に登場する。
金色の糸で刺繍が施された薄いピンクのオーガンジーは
裾に同色の紐が垂れ下がって相葉くんの動きに合わせて風に揺れる。
袖口の紐は手首のあたりで軽くリボン結びされている。
ボトムは羽織よりは濃い色目のスリムパンツ。

ドラァグ・クイーンの旅を描いたオーストラリアの映画
「プリシラ」を連想させるこの衣装を
私は「プリシラピンク」と勝手に呼ばせてもらっている。
そしてプリシラピンクのリピ率はものすごく高い。
へこむことがあってもプリシラピンクが私を救ってくれるのだ。

この衣装を今の髪の長さの相葉雅紀が着たら?
この衣装を「Time」の相葉雅紀が着たら?


ぶふぉぉっ…と、エア鼻血が噴き出した。

…危ない。
「Time」「Happiness」のロン毛パーマとこの衣装の組み合わせは
ワタクシの理性を宇宙の彼方まで吹っ飛ばす可能性が高い。

もちろん、このときの髪型も可愛らしい。
相葉くんにしては珍しく襟足がスッキリ刈り上げられてて
お坊ちゃんっぽくてサラサラで。

この衣装には幼すぎるような気もしてたが
今思えば、それが絶妙なバランスを保っていたのかもしれない。

プリシラピンクでエロパーマだったら
色っぽすぎて、嵐ライブ初の18禁扱いを受けるところだっただろう。


しかし妄想するのは自由だ。
プリシラピンクを、脳内のTime相葉に着せてみる。
そして砂漠のど真ん中にラタンの椅子を置いて
そこに座らせてみたらどうだろう?
真っ直ぐ座るんじゃなくて、上半身は片方の肘掛けにもたれさせ
脚をもう片方の肘掛けの上に無造作に乗せる。

砂の上にブランケットを敷いて、そのまま包まるのもいいね。
包まったり寝そべったりマントのようにして歩いてみたり。

場所は絶対砂漠がいい。
「プリシラ」の影響も大きいけど、砂漠の国の民族衣装って
薄い布をぞろびくような、エキゾチックなものが多いよね。
そして金糸銀糸をあしらった美しい刺繍や装飾。
それは荒涼とした砂漠に鮮やかに咲く花のように
人々に希望と潤いを与えるんじゃないかしら(テキトー)

砂漠とプリシラピンク
そしてブラウンのロン毛パーマと長い脚

ニナミカさん、写真集出してください。


映画と言えば、噂によると「ピカンチハーフ」では
相葉くんがセーラーカラーの衣装を着てるとか。

アラサーにしてセーラーカラー。
きっと素晴らしく可憐に着こなしているに違いない。

萌える気しかしない。
期待しかない。
(しかし地方の上映はないので、皆さまの情報を指をくわえて待ってます)

セーラーカラーの美少年っていうと
「ヴェニスに死す」のビョルン・アンドレセン。

Time相葉の髪型でセーラーなら、確実にビョルンなんだけどなあ。
惜しいなあ、もうとっと伸ばしてみちゃどうかなあ。

いやいやしかし、それではプリシラピンクと同じことになるな。
セーラー相葉が艶っぽくなりすぎて、せっかくの新作映画が18禁だ。
それではみんなが泣いちゃうので、やっぱり髪型はこのままで。


正装っぽいスーツやジャケット姿の相葉雅紀も好きだ。
腰の位置が高いので、サッシュベルトもとても似合う。
アニバコンのポスターなんて、そのまま王子様だったもんね。

燕尾服だったら「アナザー・カントリー」
パブリックスクールで、憧れの存在になっちゃう相葉雅紀を妄想してみる。
寄宿舎とか寮とか、めくるめいちゃうんじゃないの?

もう少し大人なら「モーリス」もいい~。
相葉くんはモーリスみたいにストイックに悩むタイプではなさそうだけど(笑)
クライヴ役は翔さん、スタガーは松潤でお願いしたい。

…うお…サラッと口にしたが、それってすごくいいな!
弁護士のクライヴと、猟番のスタガー。
諦めきれないクライヴへの恋心と、スタガーからの求愛の狭間で揺れるモーリス。
うわうわうわ…ちょ…(勝手に妄想のエンジンがかかってます)


って…脱線しすぎだな。

多分、梅酒の飲みすぎです。


VS嵐と最弱王のBABA嵐

本のリスト

「お父さんと伊藤さん」  中澤日菜子

まだ途中なんだけど…最後まで読めるかな?
テヘ!


「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」  辻村深月

女友だちという狭い世界観の中の「あるある」満載。
ピンポイントで深く掘り下げる辻村さんのお話は面白い。


「アール・ヌーヴォーのガラス」   北澤美術館コレクション

厚さ3センチ越え!
写真ばっかりなので紙質も良くて、重くて長くは抱えていられないよ(笑)

「欲しいな~」と思うことさえおこがましい美しい芸術品の数々。
でも一度でいいから、ビールを飲んでみたいかも~。

人はいつか死ぬけど、物はこうやって受け継がれていくんだな。




九州と本州の西の端っこでは野球の試合のため
遅れて放送だった「VS嵐東西ジャニーズ決戦」をやっと見た。

本編のゲームの方は、同じ事務所の同期が対戦ゲストなので
いつもよりもがちゃがちゃと賑やか。
お相手がお相手だし(笑)

これと言って萌えもなかったのが残念だが(ヲイ!)
どういうわけか相葉雅紀がずーーーっと美人さんだった。

なにがどう違うのか?
いつもだって、ゲーム中の思いっきりの良さはカッコいいし
天然アクションは可愛らしいし、ミラクルは神々しくて素晴らしい。

だけどこの日はずーーーっとずーーーっと美人モードだった。

髪色かな?
少し髪が伸びてるから?(ワタクシ好みってこと?)
周りが賑やかさとのバランスで、終始控えめのエコモードだったから?

鼻筋がくっきりキレイで、黒目がキラキラしてて
スペシャルな戦いなのに、ゲームのことはどうでもよくて
相葉くんの穏やかな笑顔と細い二の腕ばかりが目に入った。


ローリングコインタワーが始まる前、ヒロミさんが
「嵐と関ジャニ∞の関係性がわからない」と言ったとき
「ああ!」と納得したように目を見開いた相葉くん。

ずっと見慣れてるはずの相葉くんの顔なのに
目を見開いた瞬間にパッと花が咲いたみたいにもう一段階顔が明るくなって
鳥肌が立つほど美人さんだった。

相葉雅紀の伸びしろって底なしなの?

そして50歳のオッサンに抱きしめられて
戸惑うことなく胸に顔をうずめる愛されポテンシャルね。

こんなことされちゃったら、誰でもその気になっちゃうn(自粛)


かと思ったら、天の声に「横山くんはこういう場面強いですか?」と質問されて
「わっかんない!」とあっさり一蹴。

「わからないですね~」でもなく
「どうでしょうね~」でもなく
さくっとヒトコト、「わっかんない!」

間とテンポが天才的。

「わからない」ということを伝えただけなのに、大爆笑を誘う。
控えめにしていても随所にミラクルを散りばめるからすごいよね。


キッキングスナイパーでは本当にミラクルパーフェクト。

最近すっかりマッチョな松潤とのツーショットに萌える萌える。
ある意味ここが唯一の萌えどころだったかもしれない。

ボールを蹴ってクルッと回転するペラペラの相葉くん
Tシャツの袖から生えた棒っきれみたいな細い腕。
松潤と順番を入れ替わるときに見せる伏し目がちの真剣な表情。
そして隣にウチのイケメン、松本潤


カードが揃いすぎ。
ボールを蹴るだけのゲームなのに、
関係ないところでムラムラドキドキした。

あー、楽しかった(勝敗はどうでもいいようだ)


スペシャル企画の第二弾は「BABA嵐」

サイズが合ってないとはいえ、白スーツの相葉雅紀はやはりカッコいい。

確かに袖丈やジャケット丈は短いけど、
身頃のサイズはまあまあ合ってるんじゃないかな。
だって肩幅がジャストだもん。

BABA嵐の戦いを見ていて思ったのが
男性が、正装…つまりジャケットとYシャツを着て、座ってカードゲームをすると
表情が動くたびに首のたくましさが際立つなって。

男性は年齢とともに首周りがしっかりしてきて
(ちなみに私は女性だけど、首と顎が大変ガッシリしている…)
それが「貫禄」とか「風格」をうみだすのかも。

しかし相葉雅紀にはそれがない。

相葉雅紀が「美人さん」に感じられるのは
アラサー男性とは思えないこの首の華奢さが大きな要因だろうな。
首が細くて長いので、首元にすき間ができてるし。

だからこそ相葉雅紀はアラサーになった今でも
「可愛くて」「母性本能をくすぐって」「守ってあげたくなる」存在なんじゃないのか。

白いハットがまたカッコいい。

頭が小さいから帽子が本当によく似合うし
ゲーム中に何度か帽子を手に取って被りなおす所作がスマートだった。
困ったときにやってるから、本人は無意識なんだろうけど
長い指に吸い付くように帽子が持ち上がって、
少し角度を変えてもう一度頭にかぶせる。

髪の毛は耳にかかっていて、柔らかい輪郭があらわになる。
ハットのつばが落す影で、黒目がより一層黒く輝く。

…ババ抜きしてるだけなのに、普通にエロい。

ゴールデンタイムに流して良かったんでしょーか?!

直太朗氏との一騎打ち。
動揺を隠すためなのか、立て板に水で喋り捲る直太朗氏を
カードを持ったままの姿勢で困惑の表情で見つめる相葉くん。

さっきまでエロエロモードだと思ってたのに、ここで急に可愛いから困っちゃう。

『…え…このヒト、なに言ってるんだろ?
全然わかんない、めっちゃしゃべってるけど全然入ってこない…。
えっと、まだカードはひかないのかな?
どこでひくんだろ?急に来ないよね?
…まだしゃべってるけど、オレなんか言った方がいいのかな?
しょーちゃんとかニノが話すことは、わかんなくてもヘーキなのにな。
あ、しょーちゃんがいてくれたらな~。
しょーちゃんならきっと助けてくれるのに。
しょーちゃん…助けて~~!』


とか思ってんのかな?
グルグルしてるのがそのまま顔に出てて、小動物感がハンパないんですけど!
翔さん、助けてあげて!

そして対戦以外で面白かったのは、ニノちゃんの解説だ。

相葉雅紀が最弱王として参戦するこのBABA嵐
モニタリングする二宮和也の解説に力が入りすぎている。
メンタリストのDaiGoさんのような分析力で語りに語る。

そのニノちゃんだが、ラスト相葉くんが負けて天を仰いだ瞬間
ワイプで神妙な表情をしていた。
翔さんも全く同じ表情だった。

相葉くんが涙ぐんでしまったときは笑いながらも、少し心配そうで。

実は延期されたこのローカル放送では
リーダーが「相葉ちゃん、泣いてる」と言った瞬間、唐突に番組は終了した。
エンディングトークはバッサリカットだ。

だからそのあとメンバーがどんなリアクションをしたのかはわからない。

幸い、お友だちがダビングして送ってくれるそうなので
後日、相葉担の反応をしっかり確認したいと思っている。


顰蹙(ひんしゅく)をかうのを覚悟で言うと
私は相葉くんが負けてもいいって思っていた。

もしも相葉雅紀が「負けてオイシイ」って思うようなタイプなら
絶対に負けてほしくない、むしろ中途半端に勝てばいい。

だけど、相葉雅紀は決してそういうタイプではない。

本気で「勝ちたい」って思ってるし、真剣にババ抜きに挑んでる。
だって、相葉雅紀はこういう面でも「天然」だもんね。

そういう人だから負けてほしかった。
敗北したときのリアクションを予想するのも楽しいから。

だけどさすがは相葉雅紀だ。
予想のかなり斜め上(笑)

泣いたことはそんなに斜め上じゃないんだ。
問題は「泣き方」だ。

涙を堪えようと、必死に目を横にみゅーって引っ張ってごまかす。
結局堪え切れず、本当に涙ぐんじゃう。

負けず嫌いだから泣いちゃったんだけど、
きっと本当の負けず嫌いは、負けて悔しいってことも知られたくないものだ。

悔しさを前面に出せる素直さがいちいち可愛くて微笑ましい。

あの泣き笑い、ワタクシの乾いた心の砂地に沁み込みました。

いつでも予想は、いい方向に裏切られる。
だから相葉雅紀はやめられない。


風っ子アクセと爆弾発言

もんむす(もんぷち息子)の朝食。
目玉焼きのせチャーハン。
もちろん本人作。
卵は半熟にこだわってるそうです。
(スプーンにもこだわりがあって、自分のお小遣いで買った木製)

1405248826498.jpg




よく行く雑貨屋さんは、手作り作家さんの委託販売をされてるのだが
私の大好きな作家さんのアクセサリーが入荷するとつい買ってしまう。

しかも、展示会のときにご本人に会ってわかったことだが
その先生はなかなかの嵐ファン、中でもニノちゃんの大ファン
去年のLOVEコン福岡にも行かれているとか。
(私がたまたま持っていた嵐コングッズを見て声をかけてくださった)

先生はアクセサリー作りは得意なのに、機械系が全然苦手で
自宅で録画が全然できなくて「VS嵐」も「嵐にしやがれ」も
リアタイ以外に視聴ができないそうなのだ。

そ、そんな!
リピもできないなんて悲しすぎる!

というわけで、ワタクシが編集したもんぷちディレクターズカット版の
嵐くんたちの冠番組を何回かダビングして差し上げたら
なんと先日、先生から「ダビングのお礼です!」のカード付きで
ステキネックレス(↓)が届いたーーー!

1405248838966.jpg

横のピアスは以前私が購入してもので、それを覚えていてくださってて、
同じ石を入れて、の風っ子カラーのデザインをメインにして
私のイメージで作ってくれたそうだ!

うわ~ん、嬉しい!
めっちゃ可愛い!

真ん中で水色っぽく光ってるのは、スワロフスキーの透明ストーン。
写真がヘタクソだけど、本物はすごくキレイなのです。


↓ 下の画像は、これまで購入した先生の作品。
センスが良く可愛いのに、リーズナブルなのも魅力なのである。

1405248848412.jpg


そして、今日は先生参加の手作りフェアがあるというので車でお出かけ。
ネックレスのお礼に、ダビングした「VS嵐スペシャル」のディスクを持って行った。

このフェアのために製作に没頭していた先生は
アラシゴトについていけてなかったらしく、すごく喜んでくださった。

で、本日購入分がこちら! ↓

1405248857672.jpg

ネックレスは割引してもらいました~、ラッキー!


Tシャツとデニムの普段着でも、このピアスをつけると
気分も上がるし、オサレしてる感もある(と信じてる)のでありがたい。
日々の必需品でございますな。



「音楽のちから」、楽しかった!

いろいろあるけど、それはまた次に機会の記事にするとして
取り急ぎ例の発言について。

「今日もカッコいいよ!翔くん」

………。

まず気になるのは「翔くん」という呼び方。
普段の相葉くんなら「しょーちゃん」だよな。

相葉くんに「カッコいいよ」と言われたときの
「なにこれ?」という翔さんのセリフは「カッコいい」にかかってるのではなく
相葉雅紀に「しょーちゃん」ではなく「翔くん」と呼ばれたことにかかってるのではないか。

まず「今日もカッコいいよ!」と言われ、櫻井翔一瞬有頂天。
そして間髪入れずに「翔くん」という聞きなれない呼び方をされる。

翔さんの心中を、その表情から妄想するとこんな感じか?

『え?マジ…?カッコ…え?……翔…くんんんんんn?』

しかしきっと翔さんの明晰な頭脳はもっと高速で動いていたに違いない。

『え?カッコいい…マジ?
相葉くん…それオレのこと?オレってカッコいいの?
「今日も」ってことは、昨日も一昨日もその前も
相葉くんにはずっとオレってカッコよく見えてるってことだよな?
お母さん、ありがとう!
オレをカッコよく産んでくれて!
相葉くんにカッコいいって言われちゃいました。
…って…ええええええ?
なんでそこで「翔…くんんんんn?」
どしたの?なんで「翔くん」って呼んだ?
しかも今の完全に漢字だった!
オレの耳には漢字で届いた、「翔くん」って!
相葉くんがオレのことを「しょーちゃん」以外で呼ぶなんて…
しかも漢字!まさかの漢字!
今までこんなことがあっただろうか?いや、ない!
思わず反語を使ってしまうくらいない!
どうしたんだ?まるで相葉くんらしくないぞ。…もしやこれは…相葉雅紀のコピーか?
くそう…さっきの「カッコいい」という言葉までウソっぽく思えてきたじゃないか。
どうしていつものように「しょーちゃん」って言ってくれないんだ?
もしかしてなにもかも幻なのかーーーーー?』


なんちって!

翔さんの脳内、まさに嵐!


しかし当の相葉くんは~…。

『相葉さん、なんでさっき翔さんのこと「翔くん」って言ったんですか?』
『ん?…そうだっけ?』
『しかもしっかり漢字発音でしたよ?』
『そう?
なんかさ、ちゃんとした番組でしょーちゃんが頑張ってるのに
「しょーちゃん」とか甘えた呼び方するのは、しょーちゃんに失礼かなって思ったの』


ま、こんな軽い気持ちだったのかもしれないし~
でももしかしたら、ヒルナンデスの珍解答を聞いて
無意識に翔さんに意趣返しをしたとか…?

意趣返しというか…仕返し~?
どんだけ~?
相葉雅紀の小悪魔ポテンシャル、どんだけ~?

あのタイミングで「翔くん」と呼んでしまう相葉雅紀の反射神経。

これこそが櫻井翔を虜にして止まない魅力なのだろうか?
…とか言ってみる。




ヒルナンデスのオトコマエ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
箱入り兎 | Comments(-) | Trackbacks(-)

しやがれサマースペシャル妄想

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
箱入り兎 | Comments(-) | Trackbacks(-)

相葉雅紀人見知り説

WEBにワクワク東京のレポがアップされていた。

松本先生の授業で『人見知りを直したい』という悩みにこたえる嵐くんたち。
そしてやっぱり挙がってきたのは、嵐の中の鉄板ネタ相葉雅紀の人見知り説』

しかし当の相葉くんは『(人見知りだと)意識したことがない』という。

さすがは相葉雅紀。

『もしかしてオレって人見知りなのかな?
みんなもそう言ってるし…』

と薄々感じてるかもしれないが
普段はそこまで意識していないってことなんだろう。

私の勝手な分析だけど、相葉くんは人見知りをしていても
顔立ちや雰囲気が柔らかいから話しかけやすくて
自分が動かなくても相手がアクションを起こしてくれることが多かったんじゃないかと。
「初めて会う人になにを話したらいいのかわからない」タイプの相葉くんは
話しかけられたらきっと笑顔で応えるはずだもんね。

相葉くんに対して「印象がない…話したっけ?」とか
「一番人見知りだと思いました」と言ってる女優さん方は
その本人も人見知りでありその自覚もあり、自分も動かない。
だからお互い接点が少ないまま撮影なりお仕事なりが終わってしまうんじゃないの?
そして「相葉くんの印象は?」という質問に
ハッキリ答えることができないんじゃないの?


人見知りって言ってもいろいろあって
他人を不快にしたくないとか、その場の空気を壊したくないとかで
気を遣いすぎて頑張っちゃう人って優しい「人見知り」なんだろうね。

今までで一番強烈だった「人見知りエピソード」は
小学校のPTA役員を決めるときに、1人のお母さんが
「私は、人見知りなので役員とかできないんです、無理なんです」と言って
頑なに役を引き受けようとしなかったことだな。

そんな斬新な言い訳あるのか?めっちゃおもろいな~って思って
会議中、もうちょっとで噴き出すとこだったよ、危なかった。

「人見知り」は仕方ないけど、大人はそれを言い訳にしちゃダメなんだな。

でも「興味を持つまでに時間がかかる」もしくは
「初めて会う人だから、様子を見よう」くらいのスタンスの人もいるでしょ。
相葉くんはそういうタイプの「人見知り」なのかな。

「自分がどう思われるか」と、構えるのではなく
「機が熟したら縁も生まれるだろう」と自然に任せて
無理せず等身大のまま自分のポジションを確立できるんだね。
間が持たない、とか気にしない潔さ。
「あまり気にせず、喋りたくなったら喋る」って言ってるもんね。

この「意識せずに」ってことがなかなか難しいから皆さん悩むわけで。

と言っても、私は自分が人見知りだとか考えたこともないし
悩んだことがないのでよくわからない。
話しかけたかったら話すし、話しかけられたら答えるし、
人の好き嫌いもそんなにないし、そこまで深く他人に興味ない。
とどのつまり、他人のことってそんなに気にしてないでしょ?
よっぽど失礼な態度とってなきゃ、そこまで印象に残らないと思う。
自分は自分の人生の主人公だけど、他人の人生では脇役だもんな。


それにしてもこの相葉雅紀人見知り説』はどうしてこんなに萌えるのか。

それはパブリックイメージは元気で天真爛漫な相葉雅紀が
実際は人見知りであるというギャップと、
それを嵐くんたちが無性に発信してくる、身内感が好きなのかしら?

「オレはね、知ってるんですよ。
オレたちの相葉さんが実は人見知りだってことをね。
だってずーーーっと一緒にいますからね、当然ですよ。
でもね、直さなくてもいいんです。
人見知りも天然も、ワタシがずっとフォローしたり
突っ込んだりしていけばいいんですから。
余計なことを考えなくてもいいの、相葉さんは。
あのまんまでいいの!」


「いつもはさ、オレたちがいるじゃん?
オレたちと一緒だと、安心感あるんだと思うよ。
時々さ、ちょっと助けを求めるようにこっち見るんだよね。
その顔がチョー可愛いから、無理に克服する必要もないと思うよ?」


「だからね~、オレなんかは1人の現場の相葉雅紀にヒジョーに興味があるわけよ。
ドラマの現場とかさ、どんな顔で座長とかやってんのかなって。
よく印象薄いっぽいこと言われてるから、ひっそりしちゃってるんだろうね。
…あ~覗き見してみてー!」


「人見知り相葉雅紀に、過剰に反応する嵐くんたち。
守りたかったりいじめたかったり観察したかったりと、
対応は千差万別だけど、とにかく興味津々なのである。

…萌えずにはいられないでしょーが。

他にも「元気」で「身体能力も高い」のに「病弱」だったり
「大雑把」なのに「案外器用」とか
「天然」なのに「空気に敏感」だったり
相葉雅紀のギャップについては萌え要素がかなり多い。
それに加えて嵐くんたちの渾身の弄り。

…萌えろって言ってるようなもんでしょーが。


逆にその相葉くんの「自立した人見知り」って側面が
嵐メンバーの不安を煽るってことはないだろうか?

「オレたちにも距離を置いてるんじゃないか」とか
「1人でも平気なヒトだから、突然いなくなりそうだ…」とか。

人に頼らない、つかみどころがない、笑顔の裏の本音が見えない

こういう神秘性って、胸に引っかかるよね、気になるよね?

…嵐くんたち、タイヘンだな~(という妄想がとても楽しい)


6年目のご挨拶

皆さまいつもお立ち寄りありがとうございます。

アメブロでスタートしたもんぷちのブログも
今月で丸5年、6年目のスタートとなりました。

裏の小話ブログもそうですが、まさかこんなに長く続くとは…。
自分が一番驚いています。

書いてることと言えば、役に立つアラシゴト情報などでもなく
もんぷちの腐った脳内を白日の下にさらすだけの自己満足ブログです。
それでもコメントや拍手を下さるお優しい皆さまのおかげで
楽しくアイバゴトを語り続けてきました。

「崩壊」「薄い」「ロン毛」「パーマ」「エスコート」

こんなシーンや画像で「もんぷちさんを思い浮かべました!」と
言って頂けるのが一番嬉しいです。
恥ずかしいんですけど、やっぱり嬉しいです。


嵐くんたちの周囲は相変わらず騒がしくて
応援する身にとっては、厳しいことも多々ありますが
どうやっても嵐くんと相葉くんを好きな気持ちは変わることがないので
外野の言葉はシカトして、好きな人のお仕事を応援していきたいと思います。

というわけで、恒例の(でも5年目はスルーしてました!汗)
所信表明みたいなもんを書いておきます。

☆オチのない愚痴は書かない
☆肖像権、著作権を尊重する
☆メディアの無責任な情報や数字に惑わされない

あ、あと、非公式のグッズにお金を落とすのは
嵐くんたちが争ってる相手に寄付することになるので、したくないです。


テレビや雑誌の萌えポイントについては、
読んでる皆さんにとっても、画像の方がわかりやすいとは思うんですけど
オトナの諸事情もありますし、ヘタクソなりに文だけで感想徒然等を書いてます。
…が、コンサートやワクワク学校のレポを書いてるときに、
この習慣がちょっとだけ役に立ってるかもって感じました。

ライブやイベントだけは、まさに『生』なので。
見てきた記憶だけで書かなきゃいけませんから…
と、言いつつめっちゃヘタクソなイラストをアップしてますけどね(笑)
あれではなんの参考にもならないでしょうから、ノーカウントってことで~。


多分、今後もこんなスタンスで、相葉愛と嵐愛を吐き出し続けると思います。

裏の小話ブログともども、よろしくお願いいたします。


もんぷち 拝



追記※

拍手コメント欄は、エンターキーを押すとそのまま送信されるみたいで
心が折れて、コメント途中で諦めてしまう方もいらっしゃるようです。
初めてのコメントだと焦りますよね、わかります。
でもくじけずに再チャレンジしてみてください!
絶妙なとこでキレてたりしますので、すごく気になります!(笑)
コメントは何度されても構いませんので~。
お待ちしていま~す!


目覚める

大好きな漫画、「海街Diary」が映画化されることになった。

最近キャストが決まったんだけど…。
長女役、私のイメージだと松たか子さんだったんだけどな。

でもそれこそプロがキャスティングするわけだから
イメージに合ってるとではなく、その役を生かしてくれる人を選んだってことなんだろう。
(しかもワタクシの勝手なイメージだし)

どの巻のどの話をメインに持ってくのか。
それも含めていろいろ楽しみ。





……今日のこのあとの↓日記ですが。

もしかしたら…いえ、多分。
読んだあと、不快になる人がいるかもしれません。

今日は疲れてるとかご機嫌が悪いという方は
読まない方がいいと思います。

自己責任にてお願いいたします。










新規開拓

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
箱入り兎 | Comments(-) | Trackbacks(-)