FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. tb: 0
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

アラフェス・ウィスパーボイス編

すっかり忘れられてるだろうけど、実はアラフェス徒然を書きなぐってる途中だった。


翔さんのコーナーまで書いたんだっけ…(忘れてる)

では、DJ×MJから。

DJMJ、カッコいいな。
鍛えてるんだろう、腕の筋肉がすごい!
このマッチョな感じなら太くても許せるね。
でも相葉くんはこうならなくていいよ!

このコーナーの楽しさは、ムービングステージという狭いスペースの中で
嵐くんたちが本来のわちゃわちゃ感を楽しんでるところかな。

悪ノリする気満々で、締めるところ以外は自分たちが一番楽しそう。
ふざけたり目配せしたり、この狭さだからできることばかり。
小さく輪を描いたり、内側を向いて目で合図したり
カメラの位置も絶妙で、近い場所でこの内輪ウケを見ることができた。

そして何度も言うが、とにもかくにも衣装がいいね。

腕を出すこのスタイルは、相葉廃人にとっては聖域を拝むチャンス。
相葉雅紀の肩の痣は、廃人たちのサンクチュアリだ。

ぜひ年に数度は拝ませてほしい。
その時々の相葉雅紀のその時の肉付き、肌の色合いで以て
相葉雅紀が神さまに選ばれてマーキングされているという証拠を。

痣のカタチも範囲も色もホントに理想的。
あの痣がなくても充分相葉雅紀だけど、
あの痣があることによって、萌えへのチャージの度合いが違う。


あんなに完璧なカラダに刻み込まれている少しの不完全さが
危うい美しさを生み出して、私の琴線に触れるのかも。
人間なんて多少綻びがあった方がより魅力的だもんな。

それと、最初の萌えぶっこみでも書いたけど、
とにかく「スパイラル」で振り子のように腕と脚の放り投げる振り。
「シュタッ!」という擬音がピッタリのしゃがみ方。

自然にやってカッコいい。

これが『カッコいい』ってことだよ。
『カッコいい』ってこういうことだ。
今誰かに「アナタにとってカッコいいとは?」と質問されたら
迷いなくこのシーンを見せるだろうね。
これ見てわかんなかったら、一昨日来やがれ!ってこった。

「Believe」のサクラップと主メロ(あれ、コーラス?)もいい。

歌い終わって腕を組んでドヤってる翔さんが無駄にカッコよくて。
カメラアングルも良くて、ウチのツートップ(翔さんと松潤)のツーショットが麗しいぜ。

そして「Up to you」イントロのふざけ方は最高潮。
まるで嵐のレッスン室がドームを一周したみたいだった。


ニノちゃんのコーナーは「野外の夜」

「ぶれすれす」の衣装は、紅白でキラキラ光る魚みたいにキレイで印象的だった。
相葉くんは燕尾服風のジャケットなので、
翔さんたちみたいに長い尾ひれのような青い布がくっついてないんだけど
相葉くんがターンすると燕の尻尾の部分が大きく広がってめっちゃキレイ。

このときは相葉くんの前髪が、いくつかの房に分かれてて
頬や鼻先にかかる様の艶っぽさとかをどう表現したらいいんだろうか?

私がもっとお子ちゃまだったら、顔がちゃんと見たいから髪をなんとかしてとか
汗を拭いて!とか、目の前のお宝を台無しにする発言をしていたに違いない。

今の私は、顔にかかる髪の毛から派生する
目で見えている相葉雅紀の表情以上の奥深い色艶を妄想することができる。
隠れていることで一層際立つ蜜の味わいを知っている。
汗と涙が相葉雅紀の美しさをレベルアップするということも。

オトナとは、苦味もえぐみも楽しむことができるフレキシブルなイキモノであることよ。



「Calling」の冒頭…
イントロの歌声が相葉雅紀の声だったのはMステを見てわかってたはずなのに
それでも吐き出すようなハスキーな…いやウィスパーな発声に
油断をしていたもんぷち、心の臓を射抜かれました。

それはね、あれみたいなもん。

流鏑馬(やぶさめ)?

それは走る馬から標的にした鏑矢(かぶらや)という武具を射抜く伝統行事ですけども。

その馬が走ってきてることすら気が付かず
フラフラしてたら、スパーーーーン!って!スパーーーン!って
あ…ヤられちゃった?という鏑矢の心境なわけですよ。
私が鏑矢ってことですけどね、ここでは。

馬の速さもさることながら、射手相葉雅紀の腕、ハンパない。

こんなクールかつダンディなささやきボイス、
ジョージ・クルーニーしかできないと思ってた!
まさか相葉くんにこのポテンシャルが備わっていたとは!

♪One day… で胸に手を当てるいつもの仕草をするが
胸に命中してるのはこっちだって!
しかし瀕死の状態でも「相葉の胸、うっす!」とか思ってる自分がいる。
萌えというのは業が深いものである。

♪forever~ で上を見上げるときの前髪は、昔なら石膏で
今なら3Dプリンターで後世に残すべきではないかと思う。
目の下までほとんどかぶさった髪の毛のすき間から
黒目の真ん中に星が見えるほどきらめきを放つ相葉雅紀の目。

あの瞳の輝きは、リーゼントでは絶対に無理なのだ。
前髪という助太刀があってこその奇跡じゃないかと。

そして♪This is a last hope の『♪hope』のときに
相葉雅紀は顎を一瞬だけ左側に振る。
その『ほ』の音を吐き出したときの弾みのような
ほんの2度とか3度くらいのその傾きで、ワタクシ再び瀕死です。

このときは相葉雅紀の前髪は風に吹かれてオデコ全開。
しかしこれがまたワイルドさを際立たせてくれちゃう最高の演出。
国立の風、GJ!とサムズアップしてしまったのである。
相葉雅紀は風までも味方につけるのね、と。

何度見ても、いい!
口を突き出し、わずかに顎を引いて吐き出す『♪hope』は、
「Time」コンの「はろぐっばい」で見せたクシャ笑顔に匹敵する名シーンだ。

多分、今後何度も何度もここで語ることになると思う。(嫌な宣言)


ニノちゃんのアカペラで始まった「still…」

翔さんのラップが終わって、メロディをニノちゃん一人で歌い始めて
センステが下がり、4人の姿がステージ下に消えてしまって
「秘密」のイントロで着ぐるみ姿の4人の頭が見えるまで
…きっかり1分!

この1分の間に、3人は着ぐるみ
残りの1人はタイガーマスクのマスクをかぶってからの着ぐるみ装着。
多分、ジャケットくらいは脱いだんだろう。
だけど、シャツはそのままってのは翔さんライオンの首元に
その前の衣装で付けていたリボンが下がっていたのでわかった。
…お、お疲れさまでございます。

当日は、着ぐるみが登場してきたときに「もしや…」というか
「いやいや絶対そうだよね!」と思った。
そして肉眼でもモニターでも、誰がどの動物なのかすぐにわかった(笑)
わかっちゃうもんなんだよね。

タヌキ?の松潤は、とにかくなにかかぶったりキャラを乗っけると弾けちゃうし
リーダーはカッパになっても動きは変わらず、おっとりだし
翔さんはそのときはクマかと思ってたけど、あとでWS見たらライオンだった。
なんといってもキリンの相葉くんは、一番にわかっちゃうけどね。
腕の動きが相葉くんそのものだったし。

着ぐるみを着せられて「マジ暑い!」とクレームをつける翔さんに
鏡の前で「秘密」を踊ってみたら30歳だし可愛くなかったから
せめて着ぐるみと一緒に踊りたかったというニノちゃん。

あのさ、ニノちゃん。
私の大好きなオジサンバンドのボーカルは
元々踊ったりするようなキャラでもないミュージシャンなのに
アラフォーの手前に「群青」という曲のPVで
「秘密」に似た感じの振り付けで踊ってますけど?
アンガールズを従えて、頭に安っぽい王冠乗せて。

以前から、ニノちゃんがそのオジサンボーカルに雰囲気が似てるとかで
そのバンドのファンの間ではニノちゃんが人気だったんだけどな!

あ~、皆さまにはぜひあのPVを見て頂きたい。



…2枚目ディスクの感想は、ホントに今さらなのでもういいと思います!(笑)



スポンサーサイト

  1. tb: 0
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

『あの子』に思う

スマホの件では超私信記事をアップさせていただきましたが
その後、同機種のスマホと交換いたしまして
LINEもなにもかも復活しております。
ご心配をおかけいたしました。

ただ、危惧した通りLINEのこれまでの会話は全て消失(涙)
皆さまとの楽しいやりとりや、画像もWEBの海に飲み込まれてしまいました。

今は新人をワタクシ好みに調教している最中です。
予測変換とかも今はとっても普通なので
「あ」と打ったら「相葉」か「嵐」と出るように
「は」と打ったら「俳人」ではなく「廃人」が一番になるように。
日々カラダで覚えてもらっています。
頑張れ、ニューアルバーノ。

それと。
遅まきながら、ブログランキングに登録してみました(笑)
以前のブログで登録してたけど、やめちゃっててそのままだったので。

ここってブログの解析が面白くて、以前は「井端カテゴリ」で
上位に食い込んだこともあるんだよね。
システムがよくわかんなくて興味深いわ。


で、本日の本。

「盲目的な恋と友情」  辻村深月

女って悲しくて怖いもんですね!(笑)



発売中のテレビ誌月刊誌にて、翔さんが捨て置けない発言をしていた。

ハワイライブのグッズは今回も相葉雅紀プロデュースであるという
リーダーとの会話の中で…(以下うろ覚え)

「チラッと(グッズを見たけど)可愛いかったね」
『「あの子』が頑張ってるよね」
「『あの子』も楽しんでやってくれてるんじゃないなかな?
こういうの大好きだから」


ま、ざっとこんな調子。

もちろん私が言いたいのは、『あの子』って誰なのさ?ってこと。
そりゃもちろん『相葉雅紀』のことでしょうけども。

…『あの子』?
『あの子』だとう?

小学生に向かって言うのではない。
自分と同じグループの、たった1年だけ年下の
しっかりアラサーの男性に向かって『あの子』!
しかも全国の書店に並ぶ誌面でしっかり!

『あの子』とは『あの』という指示語に『子』という名詞を足しただけの、
例えば誰か指差すときに使う単語だと言っちゃえばそれまでだ。

しかし『あの子』という言葉には奥行きがある。

誰かのことを『あの子』と口にするとき、
それは名前では言い表せないほどいろんな感情が絡み合っている。

♪あの子が急になぜかキレイになったのは~
♪可愛いふりしてあの子わりとやるもんだねと 
♪いとしあの子とよ 朝寝する ダンチョネ~

『あの子』と呼ぶ方も呼ばれる方も
心で呼ぶ瞬間も、思い浮かべるときも
『あの子』はいつも特別な存在なのではないか?と。

とどのつまり翔さんが言いたいのはこういうことか?

♪あの子が欲しい

あの子じゃわからんぜよ、翔さん。
交換なんてしませんよ。
お断りだ!

そんな『あの子』呼ばわりを、テレビ誌で、ドヤ顔で
平然とやってのけた翔さんにこっちから言ってやる!

アンタ…『あの子』のなんなのさ?!

港のよーこよーこはまよこすかーーーーーー!!!


全く…。
要するに誌面で堂々とノロケるのは控えてねってことだよ、翔さん!



そういえば…。

今日、青くはないけどミスドに行ってコットンスノーキャンディを食べた。
相葉くん一押しのマンゴーが苦手なワタクシは、大好きなチョコを選んだ。

…う~ん、これは美味しい。
不思議な食感でサクサクイケちゃうね。
次回はイチゴを食べてみよっと。

そして店内に飾られた青バックの白相葉を眺めて思う。
なんて贅沢な空間なんだろう。
こんな日が来るとはなあ…シミジミしちゃうよ、ホント。


でさ、せっかくだからもう一人のイメキャラである彼女とのコラボCM希望。

以前、猫の化身として相葉くんとも共演経験がある彼女、
きっと相葉くんとの相性もいいような気がするんですけど~。

まさに「美女と野獣」じゃん!

どっちがどっちかってのは各々の判断にお任せするけど!






  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

オネエサン×2

ワタクシの本日の任務は…

その1.図書館に本を借りに行く
その2.ポンコツスマホ本体のデータをSDカードに移動する
その3.白いウサギ野獣@ミスドのチラシをラミネート加工する

1、2の任務は無事に終了した。
2については昨日のことがあるので相当の覚悟で挑んだが、
今日はなぜかスマホのご機嫌が良くて
ほとんどの画像データはSDカードに移行できたと思う。

ただ、LINEの会話が全部消えちゃってるんだよね…。
皆さまとの楽しい会話が~…。
そして購入したスタンプはどうなるのかな?
オスカルさまとかロペくんとか…あああ、銀魂も~。


3の任務はなかなかの羞恥プレイだった。

ミスドでドーナツも買わずにチラシ(それも2枚)を手に入れた私は
クーポン部分を切った上半分(白い野獣相葉の腰までショット)を
裏を合わせた状態で文具店に持っていき、レジで深呼吸をして言った。

「これ、ラミネート加工してください!」

かしこまりました、とピラピラのチラシを受け取ったオネエサンは
さすがにプロなので表情は変えない。
私も無表情でこのチャレンジに挑む。
オネエサンは、カウンターに備え付けられたメジャーで紙の大きさを測り
「B5では入らないので、A4でやりますね」と淡々と作業に取り掛かった。

ううう…反応されても恥ずかしいが、ここまで事務的なのも羞恥だわ!(笑)

ラミネートが終了するまで約10分。

レジ周辺のカードやマスキングテープを見て時間をつぶす。

たかが10分、されど10分。
…長い…さらされてる者にとっては、とてつもなく長いプレイだ。

しかしその我慢は、ピカピカにパウチされた妖精フキフラシを見た瞬間報われた。
(参照:妖怪アメフラシ→http://img01.ikora.tv/usr/senkantin/app-091511000s1336005059.jpg)

…これで、この白いウサギちゃん野獣をデスクに飾れる…。

きっとこの夏がどんなに暑くても、
これを飾っていれば、私の嵐部屋はいつでも快適だよ!



私は月に一度、お薬を処方してもらうため病院に通ってるのだが
最近になって受付のオネエサンが新しい人に変わっていた。

先々月、初めてその人を見たとき「どっかで見たことあるなあ」と思ったが
思い出せなくて(よくある)、気になるけど放置していた…が
ちょっと前にまたその病院に行って処方箋をもらってるときにハッと閃いた。

私はすぐに受付のカウンターにかじりついてオネエサンに尋ねた。

「あの…もしかして以前、動物病院で…?」

「はい、そうです!」

そう言って、彼女はニコッと笑った。

「クロちゃんのお母さんですよね?」

そうだ…そうだった…。
数年前に亡くなった私の猫、クロちゃんが
亡くなる前に月2回ペースで通っていたペットクリニックの受付兼助手だった女性だ。

「私のこと、覚えてるんですか?」

「はい!もちろんです。
クロちゃん、カッコいい子でしたよね~。
私はずっと前から、クロちゃんのお母さんだって気が付いてて…」


そうだったのね…。
道理で見覚えがあると思ったけど。

「いつ気がついてくださるかな~って思ってました(笑)」

スミマセン!
顔を覚えるのが苦手なので…。

でも、その当時彼女にはすごくお世話になったんだ。

クリニックの先生はいい人なんだけど、話が長くて
ペットのストレスを考えて早く帰りたい飼い主にとっては
ありがたいんだけどすこーし迷惑というか…(笑)
でも彼女が空気を読んでテキパキと話を終わらせてくれたし
薬を処方するときも会計のときも、必要以上に大げさに感情を出さず
でも患畜のことを考えた適切なアドバイスをしてくれて。

正直、私は先生よりも彼女を信頼してそこに通っていたように思う。

「あれから猫は飼ってないんです」と私が言うと、彼女は
「きっとまた縁がありますよ!」と言った。

そうなんだよ。
猫を飼いたいって気持ちはずっと持ってる。
でもペットショップに行って、というのとは少し違う。
縁があってうちに来てくれたらって思ってる。
きっそういうタイミングってあるんだろうな。
だからそう言ってもらって、ますますそのXデーが楽しみになった。

なにより、彼女がクロちゃんを覚えてくれてたってことが嬉しかった。

「そうか、私ってクロちゃんのお母さんだったんだなあ」って思った。
暑くなるとフローリングの上でプーマのマークみたいなポーズで寝てたなとか
「クロちゃん」って呼ぶと、めっちゃハスキーな声で返事をしたこととか
いろいろ思い出して、楽しくなった。

クロちゃんの写真入りの診察券は今でも財布に入ったままだ。

何度見ても、診察券のクロちゃんはイケメンだ。
人間だったら、松潤くらいの色男だろうと思うよ。


しかし彼女がそのペットクリニックを辞めた理由が面白すぎて!

さすがにここでは書けないけど…う~ん、残念~(笑)


  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

超私信なお知らせ

アラシゴトではないけど、まったく関係ないわけでもないお話。

去年の秋に買い換えたばかりのワタクシのグリーンのスマホ…

壊るる…(チーーーン)

古文っぽく言ってみたけど、なんの慰めにもならず。

思えば数日前からタッチ画面の反応が悪くて
Twitterの右上にある書き込みのボタンが動かなくなり
ついに今日、画面が勝手に動き始めた。
ひーーーー!怖いんですけど!


auショップに持って行ったときには
指を近づけただけでキーボードが反応して
ロックの解除もできない状態。

auのオニイサンも「これは…見たことないですね(苦笑)」と困り顔。

とにかくロックを解除しないと、データの移行もできず。
かなりの異常事態らしく、ショップからauセンターに連絡。
私がセンターの方と話してる間に、オニイサンがスマホと格闘。
時々画面が止まるので、隙を見てキーボードを操作する作戦。

それにしてもすごいぞ、このスマホ。
画面がどんどん勝手に動く。
手をかざしただけで、文字が入力されていくんだ。
(だから正しいパスワードが入力できない)

「すごいね…なんかさ、自分に不思議な力がついたみたいじゃん!」
「そーですね…」

と言いつつ、オニイサンが手のひらを画面の上に持っていくと

「おおお!ハンドパワーじゃん!」
「ですね。ヤバいっすね!」

なんちって、ふざけてる場合じゃねーんだって。
個人情報とか写真とか守らなきゃいけないデータを
一旦バックアップするために、このポンコツスマホをなんとかしないと!

そう…。
もんぷちはこのショップに着いた瞬間、既に赤っ恥をかいている。

壊れたスマホを店員さんに見せるということは
auクラウドからランダムに転送されるお宝待ち受けを
真っ赤っ赤の他人に見られるってことなのだ。

それが相葉雅紀ならまだいい。

今日に限って呪いにかけられた不動の待ち受けは

黒子くんに背後から抱き付く黄瀬と、
若干迷惑そうな黒子くんという
腐臭漂う萌えイラストであった。


いや、それがさ。
この黄瀬がそりゃもう可愛くて、まるで金髪のときの相葉くん…
いやいやそれもあるけどさ、黒子くんが迷惑そうな感じが
この2人の関係性というかキャラまでも明確に表していて
実に秀逸な黄黒絵と言えるわけなのよ。
これが青峰とか火神ならまた違った表情になったであろうと…

ちがーーーう!
そうじゃなくて!

マジでね、女性ならまだマシで(それでもイタいが)
担当が若い男性だったもんで、本当にいたたまれなかったわけ。

とんだ罰ゲーム。
スマホに潜む罠なのね。

結局、修理も不可能だろうってことで
同じ機種の新しいスマホが送られてくることにはなったんだけど
いまだに残るのは、現存するデータをどうするかという問題。

娘の成人式の前撮りとか、今までに行ったランチのお店とか
相葉くんとか相葉雅紀とかMr.ミスタードーナツとか卓巳先生とか
よしたろくんとか溜くんとか、いろんな画像を…どーすんの!?
(SDカードに保存してなかった自分も悪い)


ま、それは自分でなんとかするしかないとして…


ここからは私信です。
代替えのスマホは預かってますが、これでLINEをする気はないので
現在、私はネット関係の皆さまと連絡がとれません!

新しいスマホが届きましたら、また一から育てて(泣)
皆さまのところにご挨拶に伺うつもりですので。
LINEも出直しになると思います。

お手数ですが、またお友だちに加えてくださいませ。

つーわけで、ご用の方はお気軽にコメント欄にてどうぞ。

よろしくお願いいたします!


もんぷち 拝




  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

ミスドとか立ち飲みとか

この夏、ミスドに白い野獣が現れる…らしい。

真っ白なライダースジャケットの相葉くんは
野獣っていうにはあまりにも薄くて華奢じゃないでしょーか?

いやいや、野獣ってのは見かけじゃないよ、中身なんだよってこと?

でもさ、肉とか欲にまみれた本能丸出しの野獣と化すなんて
控えめ天使の相葉くんには荷が重いんじゃないだろうか。

でもでも、野獣っぽく!というリクエストを受けて
野獣になりきろうと頑張る小動物(サイズML)の相葉くんが可愛いので
そのあたりの設定は、なまあたたかくスルーすることにする。

それにしてもなんというオタ得な映像かしら?

仁王立ちでバズーカ砲を構える相葉くんの腰の位置はどこまでも高く
足元はスモークで隠れてるけど、とにかく長く細いことだけはわかる


この股の開き方、あの角度、つま先まで斜めに降りるライン。

うん…この股下が私の富士山だ。

相葉雅紀の脚が形作る、この三角形こそ、
相葉廃人もんぷちが世界に誇る、妄想の森の世界遺産や~!


しかもこの髪形!

これはあれかい?
パーマネントじゃないのかい?
コテで巻いてるだけなのかい?
それにしても少しカットしてるよな。
役作り…とか?(今回はSYUN麺…ってことかい?)

出来れば伸ばしてほs(いやいや…言わないよ!)


私は決して、サラスト相葉が嫌いなわけじゃない。

髪型によって、相葉くんの中身が違って見えてしまうので
出来れば、黒相葉を匂わせてくれるパーマもしくはロン毛がいいかなって思ってるだけ。

サラストの相葉くんは、品が良さと天真爛漫さを兼ね備えた美人さん。
北欧風の2人掛けのカウチにコロンと寝そべって
翔さんにもらったブランケットにくるまってお昼寝がよく似合う。

デビクロの乱切り黒髪の相葉くんは、座布団に乗っけて床の間に飾りたい。
髪の色と同じ、黒いリボンを首に巻くとより可愛いと思う。
おとなしくて優雅な黒猫みたいに、床に転がってくれても構わない。

アニバコンあたりのガっちゃんヘアの相葉くんは絵本の中の天使っぽい。
ツタのからまる木の下でオカリナとか吹いちゃって…あ、ここはブルースハープ?
ワンショルダーの白い衣装なんかどうかな~。
そのまま四つ葉のクローバーを探し出しそうな無垢な雰囲気もあり。

このあたりまでは、イメージとしては白相葉
不健全な匂いは鼻を利かさないとわかんない。

ここからは黒かもしくは限りなく黒に近いグレーな相葉

髪がツンツンしてた20代前半の相葉くん
お仕事が終わると夜の街に遊びに行っちゃいそうな危うさが漂う。
カッコいい先輩や素敵なオジサマに誘われたら
腕を絡めてそのまま付いて行っちゃえばいいと思う。

「Happiness」の頃のロン毛相葉くんを見てると
もんぷちの中のオッサンがわさわさと活動を始める。
なんとかしてこのキレイな生き物を組み敷してやろうと
全神経を総動員させ五感を研ぎ澄ましてロックオンする。
太陽みたいに無邪気な笑顔の裏側は、
実はしっとり艶っぽいんじゃねーの?って勘ぐっちゃう。
鎖骨も首筋も最高にエロくさい。
こんな人、服を着てても外を歩かしちゃイカンでしょーが。
首で振り向くだけで周辺一帯を悩殺してるんじゃないかってくらい。

やっぱ、このときのロン毛パーマが一番エロ黒い。

※↑全てもんぷちの主観によるものです

相葉雅紀って人はダークサイドがあってこそ
表の明るさや無邪気さが引き立つんじゃないかと思うわけ。


だから黒い相葉雅紀を連想させてくれる
ロン毛だったりパーマだったり、アシンメトリーな動きのある髪型が好きなんだ。


しやがれの立ち飲み企画、楽しかった!

珍しく相葉くんがゲストさんに懐いてて、びっくり。
私の印象では、年下の俳優さんには一歩引くことが多いから。
特に他のメンバーと共演経験があったり、親しそうだったりすると
すっと存在を消して、笑い声とかフォローに徹する控えめさが好きだ。

だけど今回は、わりと積極的に質問したり話を振ったり。
深い話にも自分から入っていって答える姿は凛としていた。
第二の人生の件、潔ささえ感じた。

相葉くんを一言であらわすのは難しいけど
敢えて言うなら『しなやか』なのかなって思う。

ダンスの動きももちろんそうだけど、
なにしろ中身が柔らかくて芯があって、しなやかだ。

なにごとにも構えすぎない、力を入れすぎない。
全力と言いつつ、周囲もちゃんと見渡せてて
全力と脱力のバランスが素晴らしいと思うんだ。

周囲を巻き込む天然発言も、演者の空気を凍らせるのではなく
一緒にテンションを上げる化学反応が面白い。
それも天然と言われつつも、根っこの部分で空気が読めているからだと思うし。

今を一生懸命やって
今をどうするかで未来が決まると思うから


うむ…至言だな。

そしてすかさず相葉発言を褒める翔さんも健在。
「ブラックボード」SPのときもそうだったわね。
エスコートしたり褒め称えたり、忙しいな翔さんは!

リーダーとの七味の件、2人の雰囲気がめっちゃ可愛い。
新品の七味唐辛子のふたを開けてないとこはさすがすぎて笑っちゃうし
「お味噌汁」と言っちゃう相葉くんの言い方もキュートで育ちが良さそう。
「人前だから恥ずかしい」というリーダーも
嵐は身内、マツケンくんはゲストってわきまえてて
それが自然に出ちゃってて、実に彼ららしいやり取りだった。


コレクション10では、どうしても同じチームになっちゃうニノちゃんと相葉くん。
パキスタン製のベストを2人でわちゃもちゃ査定してる姿は
女子高生の放課後ショッピングみたいにキラキラしてた。

でも一番笑っちゃったのは、翔さんが選んでるとき
モニタールームのマツケンくんが翔さんの質問の一生懸命答えてるそばで
「いいんだよ、そこまで!」とマツケンくんを諌めて
「2万円だよ!」と雑な扱いをしちゃう相葉くんとニノちゃん。
生真面目な翔さんをめんどくさがって遊んでる悪ガキ2人組だよね。
こういう空気感が面白いんだよね、嵐って。

しっかしあのアメコミ柄のジャケット、似合ってるなあ~。
帽子の被りかたもパーフェクト!
髪を上げてオデコ周りをスッキリさせるなんて、夏っぽくて好感度高い。
小顔じゃないと絶対無理だけどな!

そういえば洋服関係が大好きなマイ旦那も一緒に見てたんだが
翔さんがランウェイに登場した途端
「このヒトってさ、袖のない服が好きだよね」だって!
多分、時々見てしまうライブ映像の影響もあるんでしょうな。
翔さんの衣装、袖なしが多いもんね。

最終的にビッチビチパンツはリーダーが着ることになったが
企画に沿ってその場のノリで選んだあの革パンが
こんな風に罰ゲームに使われることになるなんて
相葉雅紀って人は、ミラクル運を持ってる人だなあと改めて感じる。

リーダーとのハイタッチも、楽しそうでいいわ~。


最近、相葉くんの印象を聞かれた女芸人さんや女優さんから
「印象がない」とか「なんか話したっけ?」という感想を聞くことが多くて
地味に地味相葉に萌えているワタクシの萌えレーダーが振り切れそうである。
私は、主に女性共演者から語られる「影が薄い相葉雅紀」が大好物なのだ。

現場での相葉くんって、きっと奥ゆかしいんでしょうね。
座長であっても、リーダーシップを前面に出すというタイプではなく
物静かにでも優しい微笑みだけは絶やさず、現場の空気をあたたかくする。

相葉マナブで、休憩中に一人四つ葉のクローバーを探していた相葉くん。
「印象が薄い」発言を聞くたびに、あの時の相葉くんを思い出す。

ドラマや映画の現場でスタッフや共演者さんたちがいても
メンタルだけは一人になれる才能があるんじゃないかと思う。

静の境地って感じだね、いいねいいね!

だからってチームをまとめてないわけじゃないと思う。
やり方がソフトっていうか、ふんわりしてるんじゃないかな。

リーダーシップっていうより、フェアリーシップ?

妖精さんが木の枝で方向を指すような、
柔らかくてのんびりしたまとめ方だったらって妄想すると楽しい。

待ち時間、相葉雅紀がオーラを消して空を眺めている。
周囲の喧騒に頓着せず、放心することは彼にとっては大事な時間なのだ。

♪ちゃーーーらーーららーーー ちゃららららーーーららーーー
(Etupirka by 葉加瀬太郎)

…なーーーんちゃって!情熱大陸風ね!

嵐の中でいじられて守られて楽しそうな相葉くんもいいけど
一人の現場で、お呼ばれの小学生みたいにこじんまりしてる相葉くんも好きだ。

ライブであれだけのパフォーマンスをして
バラエティで毎回のようにミラクルを巻き起こすのに
そのパワーを無意識に調整できる相葉雅紀ってすごいと思う。

それが一番の才能かもね!




  1. お礼
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

拍手コメントありがとうございます・7


合宿のレポを終えて、勝手に抜け殻になってます。

アラフェスブルーレイ、お泊まり合宿とその後のレポで慌ただしかったので
他のことをして気を入れ替えてます。


つーことで勝手にリストアップ。

映画「黒いスーツを着た男」

7泊8日になるのを待って借りた新作。
待つほどのこともなかったかも(笑)

サスペンスなのかラブなのか人間ドラマなのか
ジャンルがはっきりしない印象。
しなくてもいいけど、焦点がぼやけちゃったかも。

それでもすごく楽しめたのは、主演のラファエル・ペルソナの容姿でしょう。
いや、すごい!
こんなに好みの顔って久しぶり~。
私ってつくづく顎の細い頬の薄い輪郭が好きなんだな、と。
優男でも構わないのだ。
どんなにダメ男でも自堕落でも性格が破たんしてても
目が離せない引力を持つ男っているもんだ。
今回、それがラファエルだったのだ。
あ~かっこよかった!




「嫌な女」
「我慢ならない女」   桂望美

どっちも表題のような女は出てこない(笑)
むしろ魅力的な女性のそれぞれの人生って感じ。
タイトルに「女」とついてて、こんなに淡々とする?って思っちゃうくらい。


「果てしなき渇き」   深町秋生

数年前の「このミス(このミステリーがすごい)」大賞だったので
気にはなってたけどなかなか手に取る機会がなくて。
このたび映画化されると聞いて、慌てて読んだ。

登場人物が全員クソかゲス(笑)という救いのなさ。
暴力と破壊の散弾銃、メンタル一撃のバズーカ砲。
崩壊へのスピード感がスゲー(笑)
でもめっちゃ楽しく読めましたけど!

が、しかし映画ってことは、視覚でこれを見せられるのか…キツイな~。
主人公と娘の加奈子はピッタリのキャスティングだと思った。



そして拍手のお返事です。

紫斑の件では皆さんにご心配をいただきました。
本当にありがとうございます!
もうすっかり治りました~。


いつものごとく、返事が遅くて申し訳ありません。
でもすっごく嬉しいです。

ウチのブログはコメントとかコンタクトが少ないので(笑)
声をかけて頂くと超喜んでます。
実際に会った人に「もっと怖いヒトかと思ってました」と言われることもありますが
多分怖くないです、普通のオバチャンです。


以下、5月2日から6月16日までにコメントくださった方への返事です。

心当たりの方はどうぞ。











  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

個人的報告会

家の周囲でホタルが飛び始めた。
夏ですなあ。

風流っちゃ風流だけど、飛ぶのはホタルだけじゃないもんね。
蚊もすごいからね…。


そして夏と言えば、下駄。
ワタクシ、夏はほとんど下駄で過ごす。
もちろん仕事してるときは休みの日だけだったが、
無職になったので、今年は毎日下駄生活になりそうだな。

最近見かけるオサレ系のサンダルみたいなのじゃなくて、
マジ下駄なんだけど、デニムとかにも結構合う…と、信じてる(笑)



私の妹はクレーンゲームが得意なので ↓

1402575679575.jpg

紙兎ロペファミリー(笑)
大きさ比較のために缶ビールを置いてみた。

…この日は一番搾りじゃなかった(給料前)


1402575671235.jpg

大きさ比較のためにうちわを(以下同文)

ロペくんの方は、大阪在住のロペ派の友人宅にお婿に行った。
小さい子たちの方からも何匹かお供にしてみた。


そして本日の戦利品 ↓

1402575650078.jpg

ありがとう、妹よ!

ちなみに彼女は一つのプライズをとるために
500円以上は絶対に使わない。
大抵300円以内でGETするようだ。

…無駄っちゃ無駄な才能(笑)


自分のワクワクレポが終わったので、
よそのブロガーさんのところに行ってみたが
皆さま、詳細にメモしていらっしゃってたのね…(大汗)

ウチ、内容が分かりにくくて申し訳ないっす…。



以前、お隣の奥さん(翔さんファン)と親しくなりそう、という記事を書いた。
その後、何度もお宅に伺って、ランチやカフェに行くまでに進化している。

嵐のこと以外でも、お互い同居だし田舎の嫁って立場なので
(私の場合は、実母も嘆くほどの超ダメ嫁ですけども)
他のことでも気が合って、仲良くさせて頂いている。

今回のワクワク合宿、お隣の奥さんはお嬢さんと一緒にエントリーされたが
残念ながら合格通知が届かず…。
「もんぷちさん!報告待ってるわ!」と送り出してくださった。

で、大阪(正しくは京都)から帰った次の日、
頼まれていたグッズとお土産を持ってお宅にお邪魔して
もんぷちのワクワクメモを見ながらのパーソナルレポートスタート!
(もちろん、あの妙なイラストや萌えメモは見せてない)

奥さんは翔さんファンなので、翔さんの話を中心に
自分のブログには書いてないが、『釣堀の翔太郎くん』のことや
翔さんが欲しかったものは『ウォーターサーバー』だとか。
羊を追う翔さんが、すこーしビビってて可愛かったこととか(笑)

レポにも書いたが、松本先生の相談コーナーで
「彼氏の呼び方が変えられない」という悩みについての
嵐くんたちの反応を説明してると
「まるでもんぷちさんみたいね!」と笑われた。

「だって、ご主人のこと『もんぷちくん』って(名字で)呼んでるじゃない!」

…そういえばそうだな。
付き合ってるときからそう呼んでて、変えるキッカケもなかったもんで。

そんなことで悩むなんて可愛いな~となんて思っちゃって
自分にも当てはまる悩みだってことは、針の先ほども感じてなかった。

「えーーー?
まさにもんぷちさんのことじゃない?
自分のことって見えないもんね~?」


確かにな!
でもそもそも私、悩んでないっス!(笑)


おやつには、手作りのゆずマーマレードを乗っけたチョコアイス。
ゆずは自宅でなったものを使って毎年手作りされるそうで。
私も1瓶戴いたが、瓶に貼ってあるゆずマークも
奥さんの手作りの消しゴムハンコ(超かわいい)

そう!
ワタクシと全く別の人種の「嫁」なのだ。

でもそんなステキ奥さまと、嵐という共通点で繋がって
こんなに仲良くさせてもらって、本当に楽しい。

次回は、奥さんが購入されてないアラフェスブルーレイを持参して
初の嵐ライブ上映会開催予定。

担当が違うと、視点がどう違ってくるのか確認するのも楽しみ。

1402581666948.jpg

お隣の玄関。
風情がありすぎるぜ!

ちなみに蔵もあります、奥さんち。

「あの蔵…相葉くんを捕獲した際は…」
「お掃除しておくから、任せて!」

こんな会話にも付き合ってくださる奥さんが大好きだ。



  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

ワクワク合宿・現地集合編


長々と書き続けてきましたが、これでラストです。

ネタバレてんこ盛りです。


大丈夫な方はどうぞ!






  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ワクワク合宿・TKO編

ワクワク合宿、6月8日日曜日夜の回のレポです。

昼の部と違ってるところ、萌えポイント等を挙げてますが
もちろんネタバレを含みます。

気にならない方だけどうぞ。





  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ワクワク合宿・GUTS!な相談編



ワクワク合宿レポの続きです。

ネタバレが気にならない方だけどうぞ。







  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ワクワク合宿・腰クッキング編

タイトルがだいぶ変ですが…。
まとめというより、一部の印象だけですな。

引き続き、6月8日日曜日のお昼の回をワタクシなりにレポします。

ネタバレ上等気分で書いてますので、気になる方は回れ右願います。


ではどうぞ。






  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

ワクワク合宿・後ろ姿観察編

前のエントリーにも書きましたが、大阪でのワクワク合宿に参加してきました。

以下は、ワタクシの視点によるヘッポコレポになりますが
壮大なネタバレを含みますので、知りたくないという方は回れ右願います。

大丈夫な方は続きからどうぞ。









  1. tb: 0
  2. cm: 10
  3. [ edit ]

ジャージ!

今年の先生は、白衣を脱いで…ジャージだそうで。

ジャージ姿のクリアファイルって…。
めっちゃシュールなんだけど。
ジャニーズ事務所初なんじゃないの?
(他のグループに疎いのでなんとも言えませんが)

日曜日、そんなジャージの先生の授業を受けられることになった。
ありがたいことだ。

以前購入したワク学ノートは、すでに使い切ってるので
今回は家にあったノートを、嵐仕様にポンコツマイナーチェンジして持参する予定。

いろいろあって、このたび関西方面では初のお泊まり遠征。
準備は全然してないけど~(いつものこと)
大阪で美味しいビールが飲めることを楽しみにしております、うひひ。


合宿というコンセプトで思い浮かぶのは
カレー、雑魚寝、肝試し…とか?(違います)

…ところでメインはなんだっけ?
なにを強化するための合宿なんだろ?

もしかして嵐愛?

えっとそれは、嵐内の愛を強化するってことでよろしいか?

そうかそうか。
そりゃしょうがない。

翔さん、頑張って!
松潤、奪って!
ニノ、防御して!


深まる愛を見守らせていただくわ~。





  1. tb: 0
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

アラフェス・まだ中盤

珍しく午後からなーんにも予定がなかったので
準備しておいた材料を使って『お団子』を作ってみた。

ええ…ホウ酸団子(ゴキブリ撃退用の劇薬団子)を…

薬局で手に入れたホウ酸と小麦粉、玉ねぎのすりおろし等
材料をこねこねこねこね…
まるでお菓子作りが得意な素敵奥さまがクッキー生地をこねてるようだわ、うふふ。

しかしその実態は!
あの真っ黒で憎いヤツを撃退するための死のお団子なのだ!
ああ、怖い。

と言っても、田舎に住んでるとね、ゴキブリくらいじゃ騒ぎません。
アラフェス鑑賞中の私の前をカサカサと通り過ぎるゴキブリを
手にしていたリモコンでぶっ叩くなんてのは当たり前で
廊下を這ってるのを見かけたら、無言で踏みつぶす。
だってスリッパってそのために履いてるんでしょ?
問題は、ムカデなのだ。
刺されるとムヒの青いヤツを塗りたくってもなかなか腫れが引かないムカデの毒。
そのムカデの大好物がゴキブリなのよ~。
だから、ムカデを制すにはまずゴキブリ。

今年はどういうわけかゴキブリの赤ちゃんを洗面所付近でよく見かけてて
多分どっかで孵化したんだろうが、このままでは我が家はムカデのレストランになってしまう。

というわけで、一見アーモンドボールのようなホウ酸団子を
素敵奥さま気取りでこねこねと丸めてるわけだ。

しかし、ホウ酸団子レシピの最後を見て愕然とした。

※出来上がったら天日干しにして水分を飛ばしましょう

…もんぷち地方、今日も雨。
とっくに梅雨入りしてますよ?

くくく…一生の不覚!
干さねばならぬとは…。
料理オンチってこういうとこまで影響するの?(そもそも料理じゃねえ!)

しかたなく冷蔵庫の上で待機中のホウ酸団子。
お日さまが出たら、乾かしてやるからな。

待ってろ、ゴキブリーーーーー!




さて、アラフェス続き。
タイミングが遅すぎて誰も見てないとは思うけども。


リーダープロデュースのミステリアス。

ライブ当日は遠目ではっきりしなかったけど
やっぱりこの衣装にはアニバコンのときと同じだよね?
というわけで、一旦停止してさっそく検証。

というのも、相葉くんのジャケットの印象が
アニバコンのときの少し違ってるような気がしたからだ。
思いっきりうろ覚えのぼんやりした記憶だけど
脳内の映像がぴったり重ならないような感じ。

「5×10」のDVDをセットすると…うわわ…やっぱブルーレイとの差が歴然…。
あ、せっかくだから相葉ソロの「PIKA☆NCHI」見とくか?
うわわわ、やっぱりカッコいい。
ダメージデニムの翻り、たまらんし!

…いやいやいや、そうじゃなくて!
脱線しそうになる衝動を抑え、確認してみると…。
やっぱり少し違うような…いや、そうか!
ベストのボタンが閉まってないんだな。
シャツとジャケットの間にベストを着てるんだけど
アニバコンのときは閉まってないからシャツの白が際立ってたのね。
あ~、すっきり。

というわけで、90%アニバコンの衣装だと思われます。
残りの10%はリーダーのボトム。
今回のアラフェスの方が少しタイトになってる気がするんだよね。
アニバコンのあのパンツ、ボンタンとか特攻服とかみたいな太さだもん。
それと翔さんのストール。
2009年は首に巻いていた赤いストール、今回はなし。
つーか、5年も前の衣装がよく入るな~。
ワタシ、3年前の服も危ういぜ!(だからフリマで売ることになる)

…実にどうでもいいな。

赤いハーパンから覗く膝下に生えた柔らかそうなすね毛までフル再生。
サイドの髪の毛を耳にかけちゃってるので
オープニングとはまた違った印象になっている。
汗と前髪の動きは残像までクリア。
ブルーレイってホントにs(しつこい)

この衣装がすごく好きなのにははっきりした理由がある。
ジャケットの腰のあたりで揺れるタッセル?がすごーーーーくいい!

元々私は相葉くんの周囲でリボンや紐類がひらひら揺れるのが好きだ。

一昨年のアラフェスでピンクの衣装をまとった相葉くんについて
しつこくしつこく粘着質に語っていたのも
あの衣装は要所要所から細くて可憐なピンクのリボンがぶら下がっており
特に袖口を絞ったデザインのリボンは、もんぷちの胸のオアシスとなって
今でも脳内で鮮やかに再生できるほど何度もリピをしている。

ぶら下がったリボンへの憧れは、多分若い頃好きだった
PINKHOUSEが影響してると思われる。
似合わないのはわかってる、でも着てみたい。
フワフワで、これでもかとフリルが走るワンピースの
腰のあたりから、細いリボンを流して歩いてみたい。
オバチャンに「アンタ、ほどけてるよ!」と注意されても
わざとなんです、と言い返すような無粋なことはせずスルーして
動くたびに、衣擦れなんて可愛げのある単語では表現できないような
ゴワゴワザワザワと音を発してみたかったのさ。

今、相葉くんがライブの衣装で私の夢を叶えてくれてるのね(違います)


んでさ、♪心を抱いて~ のとこはさ、せめて腰から映そうよ?
そこであのタッセルが揺れるのを見たいじゃないの!
相葉雅紀の腰周辺でユラユラしてるのを確認させて萌えさせてよ!

『ファイトソング』では、ニノちゃんの可愛いおててが炸裂。

「こくりつ!」とあおるときも♪君でいい のときも
思いっきり『パー』をして客席に腕を伸ばす。
「手ぶくろちょーだい」の連発である。


翔さんのコーナーは、ひっぷなほっぷ。

『くるそー』の相葉くんの美人度がハンパじゃなくて困る。
きっと直前の翔さんのソロを見て、翔さんに惚れ直しc(自粛)
でもさ、じゃなかったらあの短い間に、どうやったらあんなにクオリティが上がるの?
元々も相当レベルが高くて、登場の「Face Down」の斜め向きのバストショットに
8億5千万人の相葉廃人が速攻で魂を搾り取られ、満身創痍でここまで見てるのに!

間奏の一瞬の横顔は伏し目がちで、前髪が常に鼻先にかかってて
くーるなそうるなはずなのに、なぜかちょっと儚げに見えたりもして。

圧巻は、5人が顔を寄せて歌うシーン。

ウチ(嵐)のツートップに挟まれる相葉くん
なんという美人ポテンシャル。
何度も言うが、いつもだって相当キレイでかわいい。
なのに、ある瞬間にK点を超える勢いでキラキラがアップする。


くーるに歌い上げても、相葉くんにはのど仏もゴツイ顎もない。
おまけにこの衣装はアレだ、凱旋ドームのファンキーな民族衣装。
(検証の結果、これは99%当時の衣装と思われる)
バグパイプを持たせたら、ちょっとやんちゃなアンソニーだろ?
ビビットピンクのインナーとスカート的なサムシングを難なく着こなす相葉くんが
男装の麗人に見えてしまうのは仕方ないってもんだ。

しかしダンスはキレキレで。
ひっぷなほっぷと歌いながら、足の裏が見えるほど蹴り上げる。
ワンステップごとに腰が入ってて、その角度が相変わらず大文字のKだ。


『あでい』ではラップと歌のパートをチェンジ。
最初はなにが起こってるのかわからなくて、ホントにびっくりしたなあ。

こうやって映像になってるものを見ると、相葉くんの態度が興味深い。

もしかして相葉くんが「こくりつっ!」とあおるのを初めて聞いたかも。
相葉くんって最初の挨拶と後半戦のスタート以外ではあまり叫ばないよね。
「上のほーーーお!」とか言うこともないような気がするし。
お手振りとジャンプのスイッチはあるけど、煽りのそれはない印象。

慣れない煽りに照れながらも頑張る相葉くん。
ニノをつついて『オマエも言えよ!』と言ってんじゃないの?
このあたり、何度見ても面白い。
相葉くんの手持無沙汰な気持ちがそのまま表情に出てて。

で、歌に入る直前、翔さんがやってくれてるよね。

『雅紀、歌入るぞ!』と言わんばかりの合図。
手をヒラッとさせて相葉くんの注意を引いて。

これもある意味、エスコートなんじゃないでしょうかね?

花道を歩きながら歌担当の3人が終始ふざけてるのも楽しい。
相葉くんのジャケットが花魁みたいにはだけちゃってるのがまたいいね。
あっついんだろうけど!

このあとのMCで、この衣装について相葉くんが翔さんに
「肌寒いとはいえ、ファーはまだ早い」と軽く抗議すると
「ごめんなさい。ワタクシがこの衣装チョイスしましたけど
ファーは酷でした、ごめんなさい」
と謝るわけだよ。

心にもない謝罪とはこのことかしら?

『いや、だって!
雅紀はオレのウサギちゃんだろ?
ウサギちゃんにはファーでしょーよ?
雅紀の衣装をオレが選ぶ機会なんてないんだからさ!
このチャンスを逃すほど愚かじゃないよ、オレは。
こんなフサフサでキラキラの衣装が似合うのはオレの雅紀以外にいないんだし』


って、顔に書いてあったぜ。

『らっきーまん』では、ラップを翔さん以外が分担。

必死にラップるメンバーを、しゃがみこんで応援する姿が実に嵐っぽい。
小さなステージで、わちゃわちゃと楽しそうで
私たちはまるで、仲の良い男子たちが部室で
内輪話で盛り上がってるのをこっそり眺めてるみたい。

こういう空気感が嵐だなあって思った。


そしてこの衣装で『迷宮ラブソング』

いつもは王子様みたいな衣装のことが多いけど
これってストリート系だもんね。
どこの王子様なのよ?と問い詰めたくなるが
きっととある王国の末っ子あたりは、バイクが趣味な自由人で
女の子には紳士的なんだけど、差し出された手を取った瞬間に
強引に引き寄せられて、いろいろと奪われちゃうんだろうね~。
そのままバイクに乗せらせて、さらわれちゃうかもね~。



…眠いので、本日は閉店。





  1. tb: 0
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

アラフェス前半戦!

仕事を辞めて家にいるからといっても
マイ旦那の家族と同居中のもんぷちには一人の時間はほとんどない。

午前か午後のどちらかに必ず義母か義妹が在宅している。
アラフェスを心置きなく鑑賞したいけど、
いつリビング背後のキッチンに義母が現れるかわからない。
そんなプレッシャーの中、嵐くんたちのパフォーマンスに溺れることはできない。

でも見たい。
何度も脳から取り出せるように映像のライブラリを作り
萌えポイントに付箋を貼り、ドッグイヤーを付けたい。
そしてそれをブログという日記に残しておきたい。

…ま、最後のはあくまでも付随する行為なので
なくても誰も困らないが、私がムズムズするっつーか。

あれだね、プラトンのお言葉にもありますが…

賢者は話すことがあるから話す
愚者は話さずにはいられないから話す


このブログは愚者が管理人なので、語らずにはいられないんでしょーな!



そんな、時間をやりくりしながらのまったり萌え吐き出し。


「Face Down」でのツボは、初見のエントリにも書いたが
細かいことを言うと他にもある。

翔さんラップ♪乾き癒すために のすぐあと
♪ダキアウ ガギガ… で、4人が背後に腕を伸ばして、反動で前かがみになるんだ。
(画像だとわかりやすいんでしょうが、嵐くんたちは
肖像権とか著作権等の権利で守られてますので
オトナのルールに従いまして、なんとか文章で伝えたいと思ってます。
皆さまには脳内での再生をお願いいたします)
このときの相葉くんの反りがね!
なんつーのかしら?
降り立つ白鳥のように素早くて優雅なんだよ。
動き自体はエッジが効いてるのに、手の柔らかさが品を添えるという。

このラップシーンは大漁ですなあ。

この曲からたたみかかけるように、ダンスナンバー3連発。
見てるだけで息が上がるぜ。
キラキラのジャケットはアイドルには不可欠だが通気性は全くなさそうだし
上着を脱いでワンポーズを見越して、下にも着込んでるんだろうし。

踊る相葉くんの前髪がいい。

思えば野球好きの私が、野球部の男子にときめかないのは
もんぷちが学生時代の当時は野球部が丸刈りだったからだと思う。
私はとにかくモノゴコロついた時からロン毛が好きで
ヤマトの古代くんだって、おしゃべり階段の線だってロン毛だった!
しかも前髪が長いのが特にストライクで。
REBORN!のベルフェゴールとラジエル兄弟はどっちも好きだが
ラジエルの方が全体的に髪が長いからより好み。
今思えば「らぶそー」の頃の相葉くんって、ベルフェゴールっぽいかも。

閑話休題。

相葉くんのキレの良い動きに合わせて
長めの前髪が顔のかかる様は、ある意味喪服っぽい。
隠すことによる艶の発散。
顔の左半分がほぼ覆われるシーンなどは
その下で長いまつげが瞬いているんだろうと想像せずにはいられないし
前髪の奥で見えてる方の右目と同じように
左目も黒く濡れてそこにあるんだと思うと
以前にも書いたことがあるが「見えなくてもそこにある」ことの意義というか
心で感じることの大切さ、目で見えるものだけで図ることのナンセンスさを感じるな。
これは嵐の脱ぎ要員ではない相葉雅紀の腰にも言えることだ。
見せなくてもいい、むしろしまっとけ!と。
…いや、左目は腰ほど隠さなくてもいいですけども。


上着を脱ぐと現れたのは、サウンドオブミュージックの
カーテンで作った衣装のような素敵花柄ベスト。

いやこれは、サウンドオブミュージックではない。
『アナザーカントリー』だ。
英国の名門イートン校が舞台のこの映画で知ったのだが
イートン校の制服は燕尾服で中に着るベストで生徒の階級が分かるのだ。
POPと呼ばれる指導係や成績優秀者は柄の入ったベストが許されている。
うむ…嵐くんたちはきっとそれぞれの寮(同校は憧れの全寮制なのだ)の
寮長を任されている、校内でも人気の高い生徒に違いない。

と、大好きな全寮制男子校系の妄想に走りそうになるワタクシ。

相葉くんは藤色のシャツを腕まくり。
相葉くんほど腕まくりが似合う男子はいない、と思う。
腕をまくるということは、腕が長くないとカッコよくはならない。
しかも太すぎてはまくれない。
肘から手首までのリーチが長く、肉付きがささやかな男子にしてほしい。
それが腕まくりだ!
マッチョなヤツは上腕二頭筋から出せばよい。


相葉くんプロデュースの「サンセットソング」

ミニ嵐くんたちによるコーナー紹介。
「雨が降らないことだけを祈ってる」という相葉くんに
「今降ってる可能性も…」とからかうメンバー。
相葉くんは笑いながら(多分実際も満面の笑みであっただろう)
「キモチいいかもしれないからね!」とポジティブに受け流す。
これができる人だから安心していじることができるんだ。

それにしても「はろぐっばい」の相葉雅紀はキラッキラしてんな~。
真っ白でデコラティブな衣装は王子様そのものなんだけど
「♪はろぐっばい」での首を傾げる振り付けが可愛すぎて
どうみてもプリンセスっぽく見えてしまうぜ。
こんなアラサー、他にどこにいるっていうんだ?

相葉くんのハーモニカ…ブルースハープっていうの?(笑)
取り出すずっと前からポケットに手を突っ込んでて
緊張してるんだなあって感じてしまったけど
相葉くんの息遣いがそのままメロディになるってだけで
7万人のファンは大満足なのでリラックスしてね、って思っちゃうね。

ここでワンフレーズずつ歌いながら、セリから4人が登場。

♪会いに行くよ のニノちゃんの手!

ニノちゃんの手は小さくていかにも「おてて」って感じなので
精一杯伸ばすとこんな感じになるんだと思うと可愛くて萌える。

ライブの最中、ニノちゃんはよく腕を突き出すが
このときニノちゃんの手は大抵『パー』だ。
差し出してるとかじゃなくて、いわゆるじゃんけんで出す『パー』
指先の微妙な角度でムードを放ったりしない潔い『パー』

この手を見ると私はいつも「手ぶくろを買いに」という絵本を思い出す。

親ぎつねが子ぎつねの前足の片方だけ人間の子供の手に変えて
その手を帽子屋の店の扉に入れて手袋を買ってくるようにと言う。
絶対に反対のきつねの手を見せちゃダメだよって言われるんだけど
…出しちゃうよね~、変身してないきつねの前足を帽子屋に見せちゃうよね~。
結局、優しい帽子屋さんはきつねに手袋を売ってやるんだけど
このとき、扉から差し込まれた小さな手も人間の子供に変えられた手も
どっちもニノちゃんのおててのように可愛かったに違いない、と。
そりゃ帽子屋も見て見ぬふりをするわ。

相葉くんに向かって突き出すように伸ばされた手は
「手ぶくろちょーだい!」って言ってるみたいで、マジ萌える。
アナタにとっての心の手袋だもんね、相葉くんは。


サンドアートはホントにすごい。

当日は見切れギリギリだったので
メインモニターがいまいちよく見えてなくて
こうやって正面から見ると、こんなにすごいことしてたんだ~!って感動。
なかなかできることじゃないと思うな。

しかし相葉くんって人は、案外器用っていうか…。
営業妨害(笑)になるから大きな声では言えないけど
ザッパーゆえにとっちらかっちゃうことも多いけど
落ち着いて腰を据えてなにかに挑めば、案外できちゃうよね。
目的があるときは特に根気もあるし愚痴は言わないし努力も惜しまない。
サンドアートの出来栄えは条件が揃っての当然の結果なのかも。

私としては、シルエットで見る相葉くんの腕に見惚れた。

とにかくながーーーーい!
腕まくりのときにも触れたが、肘から手首まで
手首から指先までがものすごく長い、いや、細長い。

その惚れ惚れする腕が、砂を操りアート作品を作り上げる。
映像に残してくれて本当にありがとう!
嵐のマークも、マナブのロゴっぽくてかわいいよ!


みんな大好き『らぶしちゅ』

一番の♪そして君に会える のとこで
松潤が指差してるのは…そうだよね?相葉くんだよね?
ポプコンの『らぶそー』ラブラブハート事件といい、この『らぶしちゅ』といい
嵐の『らぶ』はこの2人のためにありますか?そうですか!

♪始まっていく その夢に の相葉ソロでクルクルとターン。
胸を少し張り、肩を引き気味に両腕を広げた華麗な舞。
体幹が鍛えられてそうな健やかなターンだわ~。

相葉くんって次のステップを踏み出す前に
勢いをつけるように一瞬カラダを軽く反対側に振ることがあるんだけど
その0.1秒くらいのわずかな動きが相葉くんのダンスに花を添えるというか
いい意味での相葉雅紀の個性になっててめっちゃカッコいい。
以前、ダンスの「残心」だと書いたことがあるけど
止まるときも、少しだけエコーがかかってるような止め方で余韻を感じるんだ。

『らぶしちゅ』あたりになると、汗かきの相葉くんは汗だくだくで
前髪もはらりと落ちるというよりは、汗でまとまっちゃってるが
今度は翔さんの前髪のニュアンスがすごく良くなってきた。
翔さん、前髪に動きがあると色気がある…かもしれない。
松潤みたいなダダ漏れ系でも相葉くんみたいな毛穴から漏れ漏れ系でもなくて
風呂上がりの清潔感あふれるシーブリーズ系の色気というか…。
…つ、伝わんねーーーーー!
(スミマセン…。翔さんを語り慣れてないもんで)


と、ここでタイムアウト。

家族が帰ってくる時間なので、続きはまた書ければ…いいな~(笑)






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック