FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

ピンクのパーカー妄想続き

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト


  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

GOMでNFJでGUTS!

「GOM」(=「GO心配をかけしてMOうし訳ありません」)

…ふざけてるわけではありません、スミマセン。

え~、一つ前のエントリにつきまして
皆さまに不要な心配をおかけしてしまったこと、猛省しております。

体勢の問題でブログの更新が難しいかなと思い、
でも毎日更新を謳ってるわけではないから問題ないか?と思い
しかし長くなるかもしれないから、一応お知らせを…という軽い気持ちだったんですけど。
余計なことを書いてしまったなあと大反省です。

本人はいたって元気です!

そして本日、ある技を編み出しました。
ソファに横に座って、足を肘掛けに乗っけて(お行儀悪い!)
ノートパソコンを腿に乗せてキーボードを叩くのです。

…快適です!(笑)

これならイケそう~。




だって、どうしても書きたくなっちゃったんだもん、NFJ

そのNFJがめっちゃ面白かった。

今までにない企画なので、どんな内容なのか想像が出来なかったよね。
NHKさんって、民放にない独特な空気感があるけど
番組によっては妙にアグレッシブなテーマを
大真面目に切り込んでいったりすることもある。

品行方正な委員長が、スタンスはそのままで
慣れないことにも果敢にチャレンジしてる風な。

だからどんな番組になるのかなって思ってたら
雑誌で見たセットは、ふつーに報道番組じゃないか。

…だいじょぶなの?相葉くん…。

小山薫堂さんがいるから安心してるし
そして女性のアナウンサーは大抵相葉くんには優しいけども。

スーツはピシッとリクルートスタイル。
グレーのピンストライプなんて、IT業界のイケメン社員みたいじゃんか。

なになに~?
真面目な報道系なの?

以前「嵐の宿題くん」で、相葉くんがキャスターにチャレンジしたことがあった。

「相葉雅紀でぇす」という妙にふんわり軽いご挨拶と
「冬将軍ね、強いですね!」と、正解なんだけど
的自体が違うので、ズッコケちゃうフリーダムキャスター。

あんな雰囲気になるんだろうか?
なってもいいけど、果たしてそれが許される現場なの?

あれこれ考えてはいるが、不安は全くない。

だって相葉くんだもん。
その場の空気をチェンジするパワーがあるんだから、相葉くんには。


そして始まりましたよ、NFJ

なんだなんだ?(笑)
オープニングは普通に報道っぽいぞ?

そしてもういきなりキャスターモードだ!
なんの説明もなく、キャスターとしてセンターに座ってますよ。

最初のトピックスから、もうわかんない。

通常の情報番組のようでもあり、NHKニュースのパロディのようでもある。
真面目なニュース番組のコントを見ているような不思議な感じ。

どっかでオチがつくんじゃないかってね。
結局相葉くんが、番組にふさわしいちょうどいい角度で落としてくれるんだけど。

薫堂さんの相葉くんへの対応が素晴らしい。
相葉くんの良さを芯のところで理解し優しく見守る大人の翔さんみたい。

オジサマと相葉くんの絡みって、マジ萌えるぜ。

これって第2弾とかありますか?
NHKさんって要望を出すと応えてくれるらしいので
感想&お礼メールを送るのは有効かもしれない。

ぜひ丁重なお礼を送り、相葉廃人としてのお勤めを果たそう。



さて、安静と言われつつも「GUTS!」はGETいたしました。

可愛い可愛いと大評判のMV。
早く見たいもんな。


ファンファーレのようなイントロ、幾何学的な不思議な空間。
学校とか甲子園とかを意識したプロモーションだね。

この衣装が生徒に見えるか先生に見えるかは皆さんにゆだねると
相葉くんがどこかで語っていたけど、生徒に見えるメンバーはもういないかも。

「若い」と「若く見える」は違うので、
ブレザー風衣装もコントで着る学ランもすごく似合ってて違和感はないけど
学生さんに見えるかっていうと話は違ってくると思うんだ。


ニノちゃんは一番先生っぽく見える。
社会科担当の非熱血教師でしょうな。

リーダーは旅行会社の人みたいで(直感)
松潤は食品関係の営業マンっぽい(IT系にしてはパンツがゆるめだから)

翔さんはベストがモードすぎて、美容業界人にしか見えねーよ(笑)


そして相葉くんなんだけど、学生には見えないといいつつも
実は相葉くんだけは少しだけチャラ系の高校生に見えなくもなかった。
というか、そういう妄想をするととても楽しかった!


(ここからは妄想が暴走しています)



都会の男子コーコーセーって、制服をカスタマイズするイメージなので
「今日ちょっと寒い~」と言いつつ、パーカーを中に着ちゃうのね。
そしてなぜかグレーとかネイビーじゃなく、
ピンクとか赤みたいな妙に目立つカラーを差し色にする遊び心ね。

で、寒いんならシャツをウエストにインすればいいのに
絶対に入れずにレイヤーな着こなしでスカスカ感を重要視。
適度なだらしなさを以てしても、着こなしの品の良さは損なわれない。
それは相葉雅紀の笑顔というトッピングがあるからなのであった…
…なーーーんちって!

相葉くんは校則で「黒」と決められている靴も
「お天気を占ってたら片方を溝に落としちゃったから」という理由で
一人だけブラウンのローファーを履いちゃうんだよね。
靴下の色は更に派手な情熱の赤。

「相葉くん、靴下は白が学生にふさわしいと思いますよ?」
数学担当の鈴木先生(@長谷川博己)に注意されて
「じゃ、センセの靴下と交換する?」と無邪気に提案して
鈴木先生を軽く困惑させたりしているのかもしれない。

おまけに相葉くんは締め付けられるのが好きじゃないので
シャツの裾はいつもはみ出してて、
美術のオダギリ先生に後ろから「相葉、腹が冷えるぞ!」と、
ズボンのウエストにシャツを突っ込まれそうになって
「くすぐったいじゃーーーん!」とその腕の中で抵抗したりして。

オダギリ先生の拘束も本気じゃない、ただのおふざけなので
結局、相葉くんは「センセ、セクハラだよ!」なんてジョークを飛ばしつつ
あっさり逃げ出して、その先の渡り廊下に転がってきた野球のボールを拾い
イチニノサンで前を向いて投げ返した瞬間に
シャツの裾から真っ白な肌が見えて「オマエこそセクハラだろ!」って
オダギリ先生にもう一回タックルされちゃうんだろうね~、わかるわ~
(誰にもわかんないと思います)


こんなにキチンとしたブレザースタイルでも
腹チラニストとしての使命を全うする相葉雅紀を
ワタクシは相葉俳人として誇りに思います!


というわけで、腿は多少痺れてますが
腿の上ノートパソコン作戦で、ブログの更新はできそうです。

かといってサクサク更新するタイプでもないので
いつものまったりペースだと思ってくださいませ!

どちらさまもご心配ありがとうございます!
すごくありがたいです。







  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

なにをしたんだ?

勝手に映画リスト


「イノセントガーデン」

キレイな映画だわ~。
どこかで見てことあると思ったら、
ティム・バートン監督のアリスを演った子だった。
「アルバート氏の人生」のメイド姿も最高にラブリーだったな。
雰囲気が違うので最初よくわかんなかったし。
ウディ・アレンの「マッチポイント」に出ていたマシュー・グッドも好演。
私の好きなタイプの内容。


「ドリームハウス」

ダニエル・クレイグ、痺れる…。
原作(「ミレニアム」)を愛するあまり、映画は見ない方がいいかもと思っていた
「ドラゴンタトゥーの女」も見てみようかな~。
意外な展開!最後まで見逃せません!(笑)


「自虐の詩」

泣くような映画じゃないと思ってたのに、ちょっと涙。
中谷美紀さんは、どうしてこんなに不細工で魅力的な役ができるの?
スゲーな。


「スモール・アパートメント」

シュ…シュール~。
切なくて可愛い。
みんな頑張れ…って言いたいような言っちゃダメなような。




さて、金曜日にここまで(↑)書いて
「嵐にしやがれ」で、泣き虫さんの耳打ちがあると期待して
それを拝んだあと、感想を書こう!と張り切っていたのだが
なんと本日、ドクターストップがかかってしまった(笑)

数日前から、足全体に赤い湿疹のようなものが出来てて
それが膝下、特に足首周辺が症状がひどく
ロールアップジーンズを履くことが多い私は「日焼けかな」と思い
皮膚科に受診をした。

診察結果は「紫斑」
要するに内出血である。

足首が真っ赤になるほど…内出血するなんて…
ワタクシ、一体なにをした?
さっぱり原因が思い浮かばない。

先生がおっしゃるには、長時間正座やしゃがみこんだ姿勢でいたとか
紫斑の色によっては内臓疾患の場合もあるとか。

私の場合は、単純性の内出血らしいのでとりあえず、経過観察。
出血が引くのを待つしかないんだって。

で、先生から「できるだけ安静」を言い渡された。

正座や運動はダメで、長時間椅子に腰かけるのもダメ。
座るなら足を伸ばしてクッション等で足首を高くして…と。
むくみがあるのも内出血が原因みたいなので。

というわけで、しばらくパソコンでブログを書けなくなりました~ハハハ。
(この記事は、必死で足を伸ばして急いで書いてます(笑)

他のブログ訪問や皆さんからのコメント等はスマホで確認できるんだけど
スマホで記事を書くの、めんどくさいもん。

期間は早くて2週間、長くて1か月だそうで。

…我慢できるかしら?ワタクシ…(超不安)

早く治ってもらわないと、相葉萌えが体内に溜まって発酵しちゃうよ~!







  1. tb: 0
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

すき間ネタあれこれ

勝手に映画リスト


「チャイルド・コール」

ノルウェーの映画。
北欧っぽいわ~、じわじわ来る。
このテーマをハリウッドで作ったら、絶対違った作品になるというあるある。


「ナタリー」

主役はアメリのオドレイ・トトゥ。
痩せてんな~(笑)
全体的に適当にオサレというか、雑誌の中の人生って感じだわ。


「プール」

ご飯がいっつも美味しそう。
そして服が普通で個性的で粋だ。


「つむじ風食堂の夜」

途中で挫折…(懺悔)


「小悪魔はなぜモテる」

エマ・ストーンが「嵐にしやがれ」のゲストだからってわけじゃなくて
元々エマ・ストーンが好きなのに、思いついた時はいつも貸出し中で
やっと借りられたのがこのタイミング。

エマ・ストーンは実に不思議な女優さんだ。
しやがれにご出演されたときも、スタイルはいいしとても美人さんで
おまけにフレンドリーでウィットにも富んでいる。

なのに「冴えない女」を演じると、なぜか可愛いのに可愛くなくなる(笑)
もちろん、褒めてます。
すごいなあ~って思う。
普通で見たら整ってるのに、絶対にモテそうにないとか
コケティッシュな雰囲気が強すぎて、美人度が下がるみたいな。

でもやっぱりキュートでした!





お気に入りの雑貨屋の店員さんに、嵐ファンだとばれて
レジで声をかけられたのが今年の初め。
(参照→http://blackfj22912240402.blog.fc2.com/blog-entry-722.html)

その後、彼女とどうなってるかと言いますと…

lineで相葉トークするくらいには、距離が縮まっている(笑)
「今度、DVD上映会しませんか?」と誘われてもいる(笑)

すごくありがたい状況のようだが、一つ悩んでいることがある。

ブログを通さないで知り合った初の相葉担さんなので
こちらの趣味嗜好もご存じないわけだし、
相手の萌え傾向がイマイチつかめない。

彼女自身は「にのあい好きなんです!」と公言しているが
これは、私が裏で書いている話のような深い意味でのにのあいではなく
幼馴染コンビとしての『にのあい』を指しているんだろうか?

「もんぷちさん(実際は本名で呼ばれてます)、櫻葉ですか?
櫻葉もいいですよね~、翔ちゃんデレデレしてますもんね!」

とか…。

どうなの?
世間的には、どの程度の認識なの?

心身ともに腐り落ちて、腐海の深海魚と化しているワタクシには
冷静な判断というものができないのですよ。


今日のlineの締めくくりは

『5月8日のVS嵐はBETde嵐だそうですよ~。
お互い、好きなペアが戦ってくれるといいですね!』


であった。

…う~ん。

ペアとかコンビとか、判断に迷うわ~。
もちろんカミングアウトなんかする気はさらさらないが
相手の萌え傾向を知るのは、会話の流れにとても重要なので。

彼女は25歳のお嬢さん。
私の娘と言ってもおかしくない年齢の方に軽蔑されるのは忍びない。

悩むとこだな…(宇宙で一番くだらない悩み)




先日の「Mステ」のリピが止まらない。

腹チラの一時停止はもちろんだけど、
伏し目がちのアップとか、腰振りステップとか
チャプターを細かく打って、何度も何度も行ったり来たりしてしまうわ。


トークも可愛かったな~。

後輩くんに「役割分担」について質問されて答える相葉くん。

「ウチの櫻井翔…ちゃんは、旅行係です」だって!
なんて可愛いんでしょう~。

一応よそ行き風に、身内に対し「櫻井翔」と言ったものの
最後にやっぱり「…ちゃん」とつけてしまう愛らしさ。

翔さんなら確実に「ウチの相葉は」と言い切るところだ。

この件でしみじみ感じた。

私が相葉雅紀を大好きな理由は、アラサーの男性を
「ちゃん」付けで呼んじゃう衒いのなさ、無邪気さだ。

「普通はしないよね」という行動を、恐れもなくなくできる
心の強さと芯のしなやかさを感じる。
そして違和感を抱かせない、適当な抜き加減。

誰もが真似できることじゃないよな~って思う。

「しょーちゃん」と呼ぶ相葉くんじゃなかったら
裏の話まで手を出さなかったかもしれないし
このブログもこんなにも続かなかったかもしれない。

番組でもインタビューでも、どんな時でも
「しょーちゃん」「しょーちゃん」と楽しそうに翔さんに話しかける相葉くん。

こんな可愛い子がそばにいて好きにならないわけがない。

くっそ~…
うらやましいぞ、櫻井翔!

大事にしないと承知しないからな!(大妄想)










  1. tb: 0
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

学ラン妄想と腹チラニスト

もんむす(もんぷち息子)中学三年生に進級。
受験生ですなあ、早いなあ~。

春休みに部屋を片付けをさせたところ、
不要品の中から2年生の時の連絡帳が出てきた。

日課や気付きを書いて、担任に渡すアレですね。
開いてみると…あらら…。

このヒト、連絡帳の今日の記録を絵日記で提出してますよ。


1397910403129.jpg


毎日毎日、一コマ日記。


1397910390357.jpg


先生のお返事のイラスト、上手すぎる!


ちなみに、途中から「文章力も育てましょう」と注意が入り(当たり前)
絵と文のコラボに変更された模様(妥当なご指導)


受験生…ダイジョブか?



先週から引き続き「嵐にしやがれ・学ランの森編」

学ランと言えば…生徒会。
裏で書いていた生徒会系の小話は、全て学ランで妄想してるし。

実は一番好きな学ランは、白である。
白でボタンタイプではなく、ファスナーの方がスマートかも。
パイピングはネイビーブルー。
生徒会のメンバーは、襟にゴールドの役員章。
肩に房…はやりすぎか?(笑)

でも嵐くんたちは、普通の黒学ランでも十分スタイリッシュでお似合い。

特に松潤の着崩し方は、私の妄想の中の生徒会系の松潤そのもの。
脳内ではもう少し髪が長くて、ポンパ松潤くらいのイメージかな~。
シャツもインしてないけどだらしない感じがしない。

相葉くんの学ラン姿は、可愛いに尽きる。

可愛いのにセクシーだし、リアルにこんな学生がいたら間違いなく
放課後、校門の前に派手なアスコットタイで決めた素敵なオジサマが
真っ赤なスポーツカーでお迎えに来てるんですよ。


『雅紀くん、美味しいものを食べに行こうか?』

雅紀が助手席に乗り込むと、学生服からは外の匂いがした。
彼の存在そのものであるこの香りを楽しむために
車内には芳香剤は一切使われていない。

そして食事のあとは、雅紀くんが食べらr(自粛)


みたいな妄想が脳内を駆け巡りますなあ。

オジサマの隣に座るのは、ブレザーよりも学ランだよね。
ブレザーも捨てがたいけどね。
でも、そうなるとキレイなオネエサンもお迎え候補にあがっちゃうね。


ふるーーいタイプのローバーもいいかなって思うわけ。

履きこんだデニムと革ジャンのオジサマは、不精ヒゲがセクシーなワイルド系。

『雅紀、メシ行くか?』

イエローのローバーミニは古いが、持ち主によるメンテナンスは完璧。
こだわりのミッション車は、扱いにくささえステイタスだ。

狭い車内では信号待ちのたびに運転手は雅紀の肩を抱き、その唇にs(自粛)


…制服スキーなので、制服姿に異様にテンションが上がってしまった。
反省してます。



鈴木嬢による、おバカでも勝てます授業。

二宮日直のフォローがなかったら危うかったけども(笑)
動きが独特でなかなか楽しかったような気もする。
なにより嵐くんたちが、気を遣わず楽しんでるように見えた。

それでもやっぱり相葉雅紀はすげえなあ。

「ソクチョッキー」ってなんだよ?

『おバカ』を掲げた鈴木先生を素で笑わす天然力。
斜め上過ぎて、おバカ先生までも崩れ落とす破壊力。

一枚も二枚も上だって痛感しましたな。



前後するけど、Mステも良かった~。

ミニステでは、にのあい間で友達いない論争が勃発。

じゃれる2人が可愛いのう。

これについては、いつか小話を書きたい…。


後輩ジャニーズくんとの共演は、絡みが気になるとこだよね。

学生時代からの友人(翔さんファン)が、
最近このジャニーズWESTにハマってるので
いろんな意味でドキドキだったらしく
私よりはるかにテンションが高かった(笑)

その後輩くんがいい質問をしてくれたので、
トークもすごく盛り上がったし、ありがたいことだ。


歌の方はいかにもリーダーのドラマ主題歌っぽい、不思議な世界観。

相葉くんのシャツの丈が長いのに、めっちゃバランスいいなあ~と
独特なダンスに口を開けて見入っていたら…やってくれたね!

さすがは相葉雅紀。
まさかとは思ったが、シャツのボタンをあんな風に外していたとは…。

♪巻き起こす命の衝動♪の振りで、頂きました、最初の腹チラ!

計算なのか?天然なのか?

あの丈のシャツで腹チラをして見せてくれるなんて…。

その後も
♪全て飲み込んでいく 
♪カウントダウン
と、腹チラニストとしての任務を果たしていく相葉雅紀


生まれながらの腹チラニストだ、天晴だ。


♪語れないストーリーを の部分で、
足をじたばたさせるステップ(表現!)があったが
奥にいる相葉くんの脚が、長くて細くて一瞬絡まりそうに見えた。
リアルルパン三世みたいだったもんな。

歩くだけの振りでも、相葉くんって優雅だ。
1本のラインの上を歩くモデルウォークは、
大きな動きで空間を切り取るときと対照的な繊細さ。

ラストの縦のフォーメーションは、蛇腹を思わせるアートな振り付け。
5人の息がぴったり合ってて、実に嵐くんたちらしいなあ。


おまけに相葉くんのジャケットは
私の大好きなパイピングがあちこちに施されてて
色もスタイルもノーブルなのに、
シャツでドレスダウンさせる上級者の着こなし。

ほえええええ…。
リピが止まんねえじゃん!


デビクロヘアはあっという間に終わっちゃったけど
相葉くんのあの奇跡のシルエットと腹チラがあれば
明日も生きていけると改めて感じたMステであった。






  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ビッチビチ事件簿

勝手に映画リスト


「ペタルダンス」

セリフが全てすっげ普通の会話っぽい。
日常の一コマ、的な。

映像がモノクロチック。
セピアじゃなくてネイビーなのだ。



「少年メリケンサック」

いろんな意味で宮藤官九郎だよねえ~(笑)



「パウダー」

主人公、キレイな子だなあ。
エキセントリックだわ。




さて、今さらだが先週の「嵐にしやがれ」におけるビッチビチ事件簿について。

まず、うちのブログにいらしてくださってる数少ないご訪問者の皆さまと
世界中の相葉廃人に謝罪したい。

スミマセン!
ワシ、相葉雅紀の腰の細さ、舐めてました!


食パン1斤の厚みだとか、小学生高学年の女子のサイズとか
そんな生易しいもんじゃなかった。

事件は食パン業界で起きてるんじゃない。
連続ドラマのブルーレイボックスで起きてるんだ(起きてません)

腰のサイズがね、ちょうど『バーテンダー』くらいなんですよ。
薄さといい幅といい、DVDボックスなのね。

まさかあのゆるゆるジーンズの中に
あんなにコンパクトな骨盤が入っていたとはね。

薄すぎるでしょーよ。
あの薄さの中に五臓六腑が全て詰まってるなんて、にわかには信じがたい。

一時停止をして何度も見てしまうが、あまりにも薄すぎる。
きっと腸がリボンのようにキレイに折りたたまれているに違いない。
私の腸のように無尽蔵にのたうち回ってはいないんだな。

また、一時停止をして考える。

腰はもちろん薄いが、脚の平べったさも独特だ。

ビッチビチの革の中にポッキポキの長い脚が収納されているが
どこもかしこもビッチビチとは言い難い。

ブッカブカだよ、おっかさん。

あんなに細身の、ビジュアル系のロケンローラーしか履かないような
革のスリスリスリムパンツを履いて、なおかつブッカブカ。

どうなってるんだろう?
このアラサー男子の肉体は。

少年期ならわからないでもない。
少年という生き物は何世紀も前から、細くて尖ってるもんだ。

しかし青年期を過ぎ、そろそろ中年に差し掛かるこの年齢で、この薄さ。

細いんじゃない。
いや、細いんだけど薄いの。
どっちかっていうと薄いのよ。



ホックで止めるタイプのウエストが、いちいち開いてしまう件については
あまりの細さに、後ろで見ていた翔さんが思わず
「こんなに細いヤツが履いても、こんなになるの?」と呟いた。

そうなのね。
いつもいつも見ていても、思わず「こんなに細い」と口走ってしまうのね。
細いうえに長いしね。

ビッチビチとかムッキムキとは無縁の、うっすうすのポッキポキ。

ニノちゃんの生徒さんたちの方がしっかりした肉体をお持ちでした。


ぶかぶかのTシャツの袖から出た腕も相変わらず。

翔さんの隣でお肉をつつく相葉くんはどこまでも華奢で可憐だった。

なんか、後ろでウエストを直しながらウロウロしてるシーンもあったけどな!



そしてやっぱりね、お顔の細さがいいね。
ほっぺたの贅肉が削げてるあのラインがとても美しい。

思えば私の好きな人は皆さん、こんなフォルムです。

相葉くんに出会うまで、私がこの世で一番美しいと感じる輪郭の持ち主は
ロンドンの青白き公爵、デヴィッド・ボウイだった。

性別を超越した首のラインと、シャープな顎。
骨に沿って貼りついた薄い頬の皮。


う~ん、理想的!

私のクロニクルには「薄さ」というキーワードが深く関わっていると言わざるを得ない。

「薄さ」とは、私が絶対に手に入れられないシルエットであり、永遠の憧れである。

だから相葉雅紀の「薄さ」を語るんだ。
しつこくても似たような表現でも、語らずにはいられない。
例え、私の中身が「薄い」と指摘されようとも(事実)



ちなみに、自覚はあるがこのブログは
ノートパソコンの開発者の日記と同じくらい
「薄い」「薄さ」にこだわり、その単語を連呼していると思う。

文章内の「薄い」率は、世界で3番目くらいじゃないかしら?(謙虚)





  1. 我が家
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

お江戸観光

週末、春休みを利用して息子と一緒に
娘のとこ(お江戸)に遊びに行った。

アラシゴト皆無!
完全におのぼり観光ツアーである。


まずは家族で大好きな「しろくまカフェ@高田馬場」へ。

1396880730346.jpg

↑ しろくまカフェラテ。

カウンター席にはパンダくんとペンギンさんが座ってて
めっちゃテンションが上がるワタクシたち。

私の大好きなキャラ、リンリンにそっくりな店員さんまで仕込んであって
クオリティの高さが窺えるわ。


このあとはアニメイト(画像は自粛)に行って、2次元の萌えを補給。



そしてこちら ↓

1396879147107.jpg

浅草寺(笑)
桜がキレイだったよーーーん。


1396879126834.jpg

スカイツリー。
登ってないけど(笑)
見上げただけで満足。
でかいわ。
(関係ないけど、この写真めっちゃカッコよくね?)

1396879101586.jpg

ピンぼけだが、ジブリの森美術館。
いや、すごかったわ。
住みたい。ここに住みたいです、ワタクシ。


画像はないけど、子供たちはルミネで大好きな吉本の舞台も見て。



そして、東京観光と言えばこちら ↓

1396879068061.jpg

「夜の東京タワーがキレイだから、絶対行ってみろ」

マイ旦那に勧められて、ルートからかなりハズれるこちらを
無理やり計画にねじ込んだのだ。


で、ここの展望台でこれと出会う ↓

1396872802674.jpg

ベッタベタというウワサのからあげなべ。

あったんですよ、トーキョーライブのセットが。
週末の東京タワーに。

そりゃそうだよ!
東京タワーから生中継って言ってるじゃん!

いきなりスマホで撮りまくる母もんぷち。
観光がアラシゴトにスイッチした瞬間であった。

というわけで、夜景そっちのけで相葉くんの空気だけ感じてきました。
(ウソです。もちろん、夜景もちゃんと見ました)


天気だけが心配だったが、ほとんど降られることもなく
子供の希望してたところをまわれたし
マイ旦那にZARAでお土産も買えて(本人の強い希望)
時間を作ってくれたお友だちとお食事も出来て(謝々)
とても充実した楽しいお江戸の旅であった。



さて、明日からはたまってる録画を見ることにするか!




  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

トーキョーライブ24時

トーキョーライブ24時、相葉雅紀の出番は
前日の火曜日から始まっていたのね。

数々の名言を残し、お役目を終えた松兄との生電話。

放送を見ていたらしい相葉くんは
「松兄、すげえ!すごいっすね!」を連発。
実際マジですごかった。
男気あふれるご回答の数々、脳みそに刻ませていただきました。

すっかり自信をなくした相葉くんの…
というか、会見の時点で既に不安でいっぱいって感じが出てたけどね。

『生放送は苦手だし、相談を受けることもないし…』

そうね~…確かに、改めて相葉くんに相談って思いつかないかも。

でもね、相葉くんには正解を出して欲しいわけじゃないのさ。
ちゃんと目を見て、優しく頷いて、なんなら手を握って
話を聞いて欲しいって思っちゃう人なんだよね、相葉くんって。
明確な方向を示してくれなくても
その時点で悩みの半分は解決してもらってるよ。

だからいつものテンションで楽しく番組進行してね!

なんて心で応援していたのだが、
思った通り、いや、予想以上に面白かった!
スタッフさんの笑い声が展望台に響いてたよ。

直前のニュース番組のラストで大江アナとの絡みも良かった。
キレイなオネエサンと相葉くんのツーショットって
どうしてこんなに心が躍るんだろうな~。

緊張しつつもお願いモードの相葉くん、
お目々がキラキラで、大江アナも内心キュンとしてたと思うわ。


そしていよいよ生本番。

ガチャガチャと賑やかなセットの中で
ゆるっとしたサルエルスエットがプラベっぽくて大変よろしい。
きっと自宅でもこんな格好でゴロゴロしてるんだろうな~みたいな。

大吉ナナナとの絡みも相性がいい。
大吉さんは頭の回転も良くて、トークの反射神経がいいけど
下品な感じがしないので好感度が高いし。

緊張してると言いつつ、松兄のモノマネのスキルは高いし
唐揚げのべたべた感に華麗に突っ込み
さらに唐揚げをいくつも口に突っ込み(うまくないです)
ナナナちゃんのことをうっかり『バナナちゃん』と呼んじゃったり。

相葉くんのことだから、しゃべってるうちに
生放送だってことが意識から飛んじゃったんじゃないかな、とか。

関係ないけど、シューゴーライブ会場のアナウンサーさんが
3年奇面組の一堂零にに似てるってことが気になった。


トーヒョーライブの方では「一緒に悩む」という相葉くん。

うむ…いいスタンスだな。
実に相葉くんらしい。

同じ場所に来て、一緒に頭を抱えてくれるってことね?
もうそれだけで悩みの半分は…(さっきと同文)

「優しさで傷ついちゃうってことあるよね」

あ~、ありますよね。
私はそんなに繊細じゃないので、ほとんどないけど
あからさまに『かわいそうに…』という態度を取られると
それは違うんじゃないか…という気分になるってのはわかる。

きっと相葉くんだって、気を遣って優しくされてるってわかっても
傷ついたりはしないんじゃないかな。
気を遣わせて悪いなって相手の気持ちを気にしちゃいそうだ。

私には絶対にない優しさなので、本当に尊敬する。

しかもしゃべり方がとても柔らかくて
レコメンを映像で見てるみたいでトキメキ500倍だな。

つーかさ~…。
改めてこの番組を振り返るに、これってどんだけオタ得なの?

ずーーーーーっと相葉雅紀だけだぞ?
ナナナはいるけど、相葉雅紀がモニターのど真ん中で
役も乗っかってない相葉雅紀の状態で1時間。
時々は相葉雅紀の価値観みたいなものも見え隠れしちゃう。


…うむむむむ。
やっとピンと来た私が鈍いのか。
なんちゅー幸せな番組なんだろう(本当に今さら)


2番目のお悩みはかなりヘビーだな(笑)

相葉くんが一番苦手とするジャンルなのでは。
本来ならバシッと言っちゃった方がいい案件だけど
相葉くんはきっとそういうキャラじゃないからね。
相手は女の子だし。

だからここでおたすけの大久保さんが登場してくれてマジでホッとした。

ぶった切る役がいるんだよな~って思ってたから。
大久保さんなら適役じゃん。

しかも、深夜帯の大久保さんって、下品さをアピールすることが多いけど
ちゃんと相葉くんに寄せてくれて、抑えてくれてたもんね。
相葉くんが一気にリラックスしたのがわかったし、掛け合いの相性も良かった。

大久保姐さん、お願いします!

そしたら期待通りの働きをしてくださって。
『歯の欠けたダメな男を選べ』とか『生霊を飛ばす』とか(笑)
ナイスアドバイス!

もちろん、酔っ払いをぶった切ったシーンもGJ!

私としては、愚痴ワゴンのタチの悪そうなオネエサンに
相葉くんが怯えて困って右往左往するとこも見たかったけど
なんと言ってもライブなので!
グダグダになってしまうのは不本意だしね。
大久保姐さんがバシッと斬ってくれて良かったと思います。

3番目のお悩みに関しては、中三の男子を持つワタクシも理解不能。
相葉くんのパルプンテっぷりは当然だろう。

でもおかげさまで、思わず下半身を確認しちゃったり
下ネタを口走ったナナナを隠しちゃう相葉くんが見れて良かったわ。

小学生かよ!ってさ。

それにしても、なかなか真摯で良いお悩み相談だったんじゃないかな~。
冒頭、一緒に悩むって言ってたしもう少しゆるい感じになると思ってたけど
ちゃんと問題に向き合って解決できてたと思うな。

相談するときって、言葉が心に沁みるタイプと
存在そのものが癒しになるタイプがいるとしたら
相葉くんは後者だから、話して相づち打つだけでOKだって
そう思ってたんだけどなあ~。
いやいや、相葉くんってオトナだなあ!


あとで録画を確認したが、この番組って細かい部分がレアすぎたね。

提供のとき、素で水を飲んでる相葉くんとか
「まいったなあ~」という伏し目がちな表情とか
不意に抜かれた映像が、全部相葉雅紀。
こんな風に電話でしゃべるのか~という発見とか。


これが来週もあるのね。
つーか、毎週やってもいいよね。
毎週がキツかったら、メンバーを増やして隔週でもよろし。

言霊言霊!






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック