FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. tb: 0
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

24時間・しょうもない徒然

しつこく24時間テレビ。

チャリTシャツってのはいいね。
同じデザインだと体格差がハッキリしていいよね。

5人のチャリTのサイズについて考察してみたけどね。

=L
リーダー=S
ニノ=M


コレでファイナルアンサーだと思うのさ。

松潤はとにかくカラダを作ってるから。
丈といい幅といい、間違いなくLサイズでしょ。

ドラマの役作りもあってすっかり絞られた感のあるリーダーは
もともと長身でもないのでSで充分なんだろうね。
袖丈と身丈を見るに、女性陣と同じサイズだと思われる。

残りの3人は多分M。
相葉くんはLの方が丈は合うんだけど、中身が泳いじゃうよね。
ニノとリーダーの体型差はそんなにないから、ニノもSかなって思ったけど
丈が少し長めなのでやっぱりM。

つーわけで、ファイナルアンサー。

※追記※
…って自信満々に書いたけど、よくよく観察してみると、ニノちゃんはやっぱりSかなあ…。
オープニングはMだって感じたけど、深夜の黄色はSっぽかったかも~。
袖丈が短いんだよね、なんとなく。
編集しながら引き続きチェックしてみよう。

(SだのMだの…サイズの話ってわかってなかったら、18禁ですな)

かように、サイズというのはとても大事なのだよ!
Tシャツのサイズ考察は重要だよ。


175センチなのに「M」サイズに違和感がない
キャシャーン相葉を確認するいい機会だから。

いろんな芸能人の皆さんが、募金にいらっしゃるけど
20代後半から30代の男性は大抵胸板がしっかりしていて
襟ぐりから映える首は太く、血管さえ浮いている。

世間的にはステキ!…なんでしょうけども、私はほっそり男子が好きなので!

オリーブ男子っつーか、華奢男子っつーか。

隆々としてなくていいんデス。
ひとつかみ出来そうな頼りなさが好みなんだ。

来る人来る人、全員が同じ衣装ってのはいいなあ~。

もちろん、皆さんTシャツを胸で着ておられてカッコいい。
それぞれの個性に合わせた体型と着こなしがあるだろうからそれはいい。

ただウチの相葉くんがキャシャーンだったらいいの!

そして隣にオトコマエのLサイズJがいてくれたら!
翔さんのマッチョな二の腕も捨てがたいけどね。

が、しかし。
今回はニノちゃん祭りだったなあ~。

ニノちゃん相葉くんの隣をキープすることに尽力していなかったか?

深夜のしやがれ対決も、腕力バイキングを終えた相葉くんが立ち位置に戻ろうとすると
さりげなく場所を空けて迎え入れようと試みるも、
なぜかスルーされて翔さんと松潤の方に行かれてしまう。

ニノちゃんの顔にちびまるこちゃんの縦線が見えたのは私だけだろうか?

しかし次の瞬間には、相葉くんの隣に移動してやがった!

ワープかよ!
宇宙戦艦ニノかよ?


相葉くんの企画を一番に褒め、相葉くんの服のゴミを取り
なにかと相葉くんに構う姿は、微笑ましいったらありゃしなかった。


そして特筆すべきは翔さんで。

珍しく(ものごっつ失礼。しかし他意はない)全編カッコよかった!

ピアノ演奏も、力が及ばなかったと悔し涙を流したときも
「ボーンマン」企画で男泣きする姿も、ぜ~んぶカッコよかった。

なんといってもMCとしての厚みを感じたもんね。

大島さんのゴール前、ゴールテープをもって並ぶ嵐くんたちの中で
唯一翔さんにスタッフが話しかけ、今後の進行を伝えていたんだろう。

耳打ちされ頷くその姿が…超絶大人っぽくて。

隣で心配そうにテープを持つ相葉くんの可憐さと
沈着冷静、切れ者MC櫻井のクールな男っぽさ。


はああああ~…。
なんて表裏一体な2人なの…。



今回相葉くんのダーツの旅がなかったわけだが
…もしかして以前も書いたことがあるかもしれないが
常々胸に秘めている妄想なので、もう1回書いておこう。

ダーツの旅に関する「もしもシリーズ」

「もしもダーツの旅がもんぷち地方にやってきて
もしも『嵐の中で誰が好きですか?』って質問されたら」


あのね、相葉くん以外に訊かれたら「相葉くんです」って答えるよ。
ニノでも翔さんでも、羽鳥さんでも枡さんでも。

でもね、相葉くんに訊かれたら…

多分「翔さん」もしくは「ニノ」って言うと思う。

恥ずかしいからじゃない。
相葉くんがそれを望んでるような気がするから(妄想)

↓ 妄想スタート

「ちなみにさ、オレは気にしないからハッキリ言ってもらっていいんだけど!
もう全然気を使わなくていいからね?
あの…嵐の中で誰が好きなのかな?」


「…翔くんです」


ここで相葉くん、華麗にズッコケる!

という流れでしょ?
相葉廃人なら、相葉くんがコケやすいようにするべきだよね。

だって相葉くんのコケ芸には定評があるんだもん。
ギャグとコントの神、志村氏の番組(どうぶつ園)で取り上げられるほどなんだから。

だからここはコケさせるのが正解じゃないかって。

普段、翔さん相葉くんニノちゃん相葉くんという組み合わせで妄想することはあっても
自分と相葉くんという設定はないんだよ、私には。

だけどダーツの旅のこの質問だけは心の準備をしてあるんだ。

さあ!
いつでも来い、相葉雅紀
最大にコケさせてやるぜ!




スポンサーサイト

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

24時間あれこれざっくり

24時間テレビ、絶賛編集なう。

ブルーレイのレコーダーで録画した去年の24時間テレビ。
ワイプの相葉くんを残そうと必死になるあまり
途中で心が折れ、何度も中断して最終的に編集にものすごく時間がかかってしまった。

3時間、4時間なら勢いを保ったまま作業もできるが、さすがに24時間は長い。

ちらっと映る壇上の嵐くんたちまで残しておこうとすると
果てしないチャプター分割が必要になるわけで
結局、めんどくさくなって放置してしまうんだよね。

それでも去年はまだハードディスクに余裕があった。

だけど今年は…。
容量2テラ、録画時間は200時間以上と思われるマイレコーダーくんの
24時間テレビを取り終わった時点の残は20時間弱。

一刻も早い編集ダビング作業が望まれる!

つーわけで、睡眠時間を削って作業中でござる。

もうね、今年はワイプはあきらめた!
そこにこだわらない自分を褒めたいです!


嵐くんたちの企画と、嵐くんたちの歌と
嵐くんたちのご挨拶と、個人的に好きな企画。


これだけ残してサクサク進もう。

そう決めたんだ!
前に進むしかないんだよ!

…でもさ…なぜにあの子は小さな小さなワイプでもあんなに可愛いのか。

決して疲れた顔はせず、真摯にVTRの中の人に向き合う。

表情も豊かで、大袈裟なわけじゃないのに気持ちが伝わってくるよ。

…くくく…消したくない!
でもでもでも…。

↑真夜中のリビングで、こんな悩みでのた打ち回ってます。


それにしてもビジュアルがいいわ~。

毎回思うよ、毎回。
超えて超えて超えていくから困っちゃう。


オープニングの黒ボトム、スリムでGJ!

相葉くんの空に舞うようなポップなステップが際立つ。

相葉くんは膝の関節が柔らかくて、次の動作に映る瞬間
なめらかでマイルドな体重移動を見せるからさ。

ブカブカボトムだと、その筋肉と膝小僧の連動が見れないもんな。

エッジの効いたクールなターンのあと
空を舞う羽を受け取るような優しい仕草で腕を伸ばす
メリとハリの見事な融合体


やっぱ踊る相葉くんはいいなあ。


メリハリで言うと「ボーンマン」企画のナレーションが素晴らしかったと思う。

テーマが重くて沈痛だったけど、相葉くんの声でずいぶん緩和されたんじゃないかな。

押し付けることなく淡々と語られる少し低めの声と
行間を感じさせる間のとり方が絶妙で

N○Kの番組でナレーションをした1年間とその後の映画で
ナレーターとしてのポジションも確立できたような気がして、感無量だった。


西村さんという方のお人柄なのか、内容のわりには湿っぽくなりすぎてなくて
もちろん、見る側は胸に迫って涙涙なんだけど
その悲しく辛い歴史を、事実を伝えるというスタンスで作られていたように感じた。

そこに相葉くんの降り積もるような語りかけ。

『語り 相葉雅紀』というクレジットが今後も増えてほしいな~と思った。



そして忘れちゃなんねーのが「展望台を作った理由」を聞いて
車椅子の下にしゃがみ込み、キラキラの目で西村さんを見上げる相葉くん。

ちょ…そんな!
カメラのアングル、GJなんですけど!

西村さんのお宅に向かう移動車の横顔や
お話を伺うときの伏し目がちのまつ毛を見たとき
迂闊にも邪心が目を覚ましそうになったが

西村さんを見上げた黒々と輝く瞳で、とうとう陥落。

びっくりして涙が止まるわ!


しかし、気が付けばワイプの翔さんも号泣中で。
ここまで涙を流す翔さんは滅多に見ることがないだろう。

堪えても堪えても…というその姿に、またもらい泣きをしてしまったワタクシである。

結果的に、今回の24時間テレビで一番胸に響いた企画だったかもしれない。



そのほか、思いっきり邪な感想もありますが…。

ちょいちょい挟まるニノちゃんのニノちゃんによるニノちゃんのための相葉弄りとか。
誰が話してても、相葉くんのTシャツに付いたゴミが気になるニノちゃんとか。
出番によってシャッフルされても、相葉くんの隣をキープしようとする潔いニノちゃんとか。

MCの翔さんの隙を縫って、ニノちゃんがお忙しい!

そのあたりも書ければいいんだけど…。
とにかく編集が進まないので余裕がない。

それなのに「ボーンマン」と高校生とのダンスコラボは何度も見ちゃうしね。

今週「VS嵐」がお休みなのが残念なようなありがたいような…。

まずは目の前のことを片付けていきましょう。




  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

部長(自称)の願い

24時間テレビを終えて、まずは一言…。

相葉雅紀よ!
かかかかか…髪を!
髪を伸ばしてくれ~~~!!!!!


もちろんどんな髪型でも可愛いしカッコいい。

一番最近ですっげえ短い!って感じたのは去年のアラフェスのあたり?
キノコみたいなフォルムのサラサラヘアとオープンな襟足。

めっちゃ可愛かった!
ピンクの衣装をはためかせて飛び回る姿は
天衣無縫なキューティクル王子ではございますけども!


眼福ですよ?
そりゃ、当然可愛いんだけども!


だけどさ、嵐くんたちももうアラサーだし
ロン毛にするなら、今しかないんじゃないかと思うのよ。

嵐くんたちの今の仕事のジャンルやイメージで考えるに
30歳を超えてのロン毛確率が低いのもわかってる。

贅沢は言わない。
もう一度だけでいい。
だからこそ、やるなら…今でしょ?(一応ノっかってみる)


私が日記で髪の毛のことに触れると、なぜか数日後
生相葉くんの髪がスッキリしていることが多くて(涙)

なにかのジンクスのハマってるのかもしれん、と
逆言霊のつもりで口をつぐんできたつもりなのよ。

その効果ではないと思うけども、24時間テレビの番宣で見る相葉くんが
久しぶりになんか長くて!

輪郭を覆うサイドの髪が美人さんを引き立てて
襟足もいい具合に細い首筋を覆って
肉の薄い頬に影が落ちて、より色っぽい…


な~んで、心中で舞い上がっていたのにさ~。

ロン毛パーマ部のささやかな希望はもう叶わないのか。


パブリックイメージの「元気、天然、さわやか」を地で行けば
サラサラストレートのさっぱりヘアが一番しっくりくるんでしょうな。

なんつーの?
あのひまわりみたいな笑顔?
ポメラニアンみたいなずるい目?

その健全さとロン毛(出来れば+パーマ)のギャップみたいなのが好きなのよ。

チャラっぽいのに実は誠実で、人柄もあたたかく
フワフワしているようで、実は地に足が付いた芯の強さがあり
天然で想定外の行動に驚かされるも、毎回人間力の高さと
持ち前のミラクルで結果的に誰も傷つけずにオチを作る


ロン毛(叶うなら+天使のパーマ)のオニーチャンが
こんなポテンシャルを秘めてるんだぞ?

身震いがするじゃないの。


24時間テレビの企画でも、サポートする少年と目を合わせ心を合わせて
すぐに懐に入り込む、人としての温度の心地よさがあって。
一緒にチャレンジしてくれる高校生に「国民的アイドル」の眩しさだけお届けして
決して構えさせることなく、自然にあだ名で呼ぶフレンドリーさ。


あ~…今覚えば「イルカ少年」の企画の時は
私にとっては最高のビジュアル(髪型に関して、ね)だったんだなあ。

いかにも、湘南とやらの海を練り歩きそうな若者のルックスでありながら
少年宅にサラッと泊まり込んで朝ごはんを頂くフランクさ。
自分のサポートの未熟さに思い悩んでフレームアウトしちゃいそうな後姿。

嵐は全員そうだけど、物事に取り組む姿勢が謙虚で真摯だ。

最近は特に「国民的」という枕詞がついて回ることも多く
好青年グループとして、N○Kさんの出演も増えてるしね~。

ありがたくて拝んじゃうけどさ。


ま、ロン毛部の部長のつぶやきだと思ってスルーしてくださいませ…。



24時間テレビは、どの企画もとても面白くてチャレンジも胸に響いた。
合間合間に挟まるニノちゃんのコーナーが、箸休め的な癒しになってて。

重くて難しいテーマに取り組んでいる番組だけど
ニノちゃんのコーナーだけは「相葉マナブ」的なアプローチで意外な楽しさがあったな。


ただ、深夜の「しゃべくり」部分の編集が難しくて困ってる。

テリトリーの違うオネーサンとの未知との遭遇でキョトンとする嵐くんたちは残したいが
キョトンとさせてる本人の映像はそこまで必要じゃないし~。

苦笑いの相葉くんも貴重なのでウハウハ気分がないこともないけど
とにかくチャプター分割作業が細かくなっちゃって大変だ。

そんな妙に湿った深夜の空気を、そのフリーダムさで
背負い投げしてくれるホリケンさんへの信頼が厚くなってることは間違いない。

ホリケンさんを振り返る相葉くんの背中に安心感さえ感じた。
顔を見なくてもホッとしてるってことだけはわかった。

そういうお宝だけ残そうとして必死の編集中なので、手間がかかるわ~。

皆さん、どうしてるんだろね?




  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

掟破りとフラゲ

相葉雅紀くんが生番宣でお忙しそうだ。

忙しいのにビジュアル最高。

見られると人は美しくなるってホントだね。
生で見られちゃって、回数を重ねるごとに
疲れるどころかキラキラ感が増してるように感じるよね。

ま、地方民のワタクシは「PON!」はチェックできてないんだけどさ。
深夜の直前番組もことごとく放送しないしね、ははは!

「ヒルナンデス!」も可愛かった~。
芸人さんたちの隙間に挟まってると、相葉雅紀の可憐さ倍増。

ちんまり細くてお顔が小さくてキュート。
なのに喋るとド天然炸裂。

放っておけない!
好きになっちゃう!
構いたくなっちゃう!
なんならいじめちゃう!


と、大興奮の生番宣dayだったわけだが、やっぱ枡さんはいいね。
嵐くんたちと息がピッタリじゃん。

枡さんって、真面目で優しくてガツガツしてなくて…
あれ…?ちょっと嵐くんたちと似てるかも。
だから空気が合うのかなあ~。

ま、枡さんの場合『真面目』の上に『クソ』がつくんだけど。
そこが枡さんの魅力なんだけど。


嵐の、相葉くんの夢は「嵐を続けていくこと」

私の夢は「年金を嵐くんにつぎ込むこと」

その夢のためにもずっと嵐を続けてください。
お願いします。


それにしても相葉くんのビジュアルの良さはどうしたことなんだろう?

もちろん今までだって十分可愛くてカッコよくてせくしーなんだけど~。
予想のはるか上を行くっていうか、毎回いい意味で驚かされる。

一番の要因は~…
ここで書くとまたメンテナンスに入っちゃうと困るから
小さい声で言うけど~、やっぱ髪…じゃないかなっ?
ちょっとね…伸びて…いやいやいや…見守るよ!見守ります!


急いては事をし損じるもんね!
(若干使い方を間違っている)



ここ数年、生活も環境もほぼ変化がなく
平坦に日々、アラシゴトやジブンゴトを続けていたが
とうとうもう一方の沼に片足を踏み入れてしまった。

じっちゃん、スマン…。

あれだけ『ジャニーズと着物と宝塚には気をつけろ!』って忠告されてたのに。
(だいぶんウソです)

ハマりやすい自分の性格を知ってるから。
一度落ちるととことん突きつめちゃうハンター女子だっていう自覚があるから。
一度好きになったら、嫌いになったり忘れたりできない巳年の粘着性を持ってるから。

だからじっちゃんの名に懸けて『ジャニーズと着物と宝塚』から距離を置いてたのに。

一番厄介であろうジャニーズにハマったのが数年前…。

そして今度は…とうとう…

た…たっ…宝塚に!
片足を……。


だってさ、花組の明日海りおさん、最高!
めっちゃキレイ、めっちゃカッチョいい!

妖精さんのようでもあり、王子さまの風格も兼ね備え。

ファンの間では「みりおちゃん」と呼ばれてるらしーです。
ええ、呼びたいです「みりおちゃん」って。

でもホヤホヤのド新規であるワタクシがそんなに親しげに呼ぶなんて…
…おこがましいっ!

まずは末席でいいので観劇をしてみたい…。

明日海さんの生声を、鼓膜で感じたい。
美しいお姿を網膜に焼き付けたい。


…あ~あ、やっちゃったね!

とはいうものの、やっぱり一番はアラシゴトなので。
そしてその一番が一番、お金と時間と労力を要してるので。
なかなかドカンとハマることはないでしょう。

…などと言いつつ、公演スケジュールを念入りに調べている自分が怖い。


あの世界はこの森よりもさらに奥深いらしいので
入り口あたりでウロウロさせて頂くことにしておきますか。


他のことはほとんど変わらない毎日だ。

相変わらず続けているのは、ゴーヤジュース。
ゴーヤのない時期は葉物を代替えとしてバナナとリンゴをプラス。

カラダの調子は良くて、風邪もひかないし。

そして秋からはまた走り屋が本格始動かな~。
夏の間は控えめに、2週間に一度程度しか走ってなかったけど
11月にマイ旦那のフルマラソン参加も決まってるし
そろそろ真面目にお付き合いすることになるでしょうな。

これも将来のアラシゴトに備えて鍛えていると思えば耐えられるのだ。

隣で走ってるマイ旦那には一生言えないけどね!



って、一番肝心なことを書くのを忘れていた~!

「ラストホープ」フライングゲットです(はーと)

ここ最近フラゲなんてできたことない地方民。
どうした?アマゾン!
やればできるんじゃないか~。

しかし今日は娘の友人が泊まりに来ることになってるので…。

多分見れないな。
特典映像だけでもチェックしたいんだけどな…。

フラゲの意味なし!




  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

警告とサービス

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

相葉&嵐、いろいろまとめ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ありがとうございます。

一つ前のエントリに、あたたかいコメントをありがとうございます。


引っ張る内容でもないので、拍手コメントのお礼は
こちらでまとめてさせてくださいませ。



自分の運ではないので、ブログに書くことも迷ったのですが
皆さんにあたたかいお言葉を頂き、またまた胸がいっぱいです。

本当に本当にありがとうございます!

正直私に人徳などはなく、皆さまを含め周囲の方に恵まれているだけだと思います。
ありがたいことです。



そして、これまたワタクシゴトですが、
先月でブログを始めて丸4年、すでに5年目に突入しておりました。

最初はアメブロで始めたのですが、諸事情ありまして引っ越しを重ね(大汗)
つい最近この「真夜中の兎」として再々スタートとなりました。

相手の見えないネットの世界で
誰が訪問してくださってるのかわからない状態で
楽しいやり取りができれば嬉しいですが、そういうときばかりではないでしょう。

私がブログをやめてもなんの不都合もないし~と思うこともあります。

それでもやっぱり嵐と相葉雅紀が好きなので
好きすぎてカラダにたまる熱をどこかで発散したいんです。

それがこの場所なんだと思ってます。

そしてこんなところに通ってくださる皆さまからの
コメントや拍手、メッセージのおかげで続けてこられたんだと思います。

本当にありがとうございます。


今後もこの「真夜中の兎」をよろしくお願いいたします。



もんぷち。






  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]



7日の夕方、届いたメールの件名は「落選」でした。

そしてそのあと、仲良しのパン屋さんから電話がかかってきました。
(以前のブログから読んでくださってる方はピンときたかもしれませんが
嵐のエコバッグで買い物に行った私に声をかけてくれた、嵐ファンのパン屋のお姉さんです)

「アラフェス、当選しました!
もんぷちさん、国立に行ってください」

自分はお店を閉めて行くわけにはいかないから。
最初から、もし当たったらもんぷちさんに譲ろうと思ってたから。

だから権利をそのまま譲ります、と言ってくださいました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
嬉しくて電話を持つ手が震えました。


今までもいろんな方に救っていただきました。

こんな辺境ブログに来てくださって、声をかけてくださって。
ありがたいご縁ばかりです。

そして今回は私のブログの存在も知らない、こんな身近な方から。

ありがたくて、胸がいっぱいです。



皆さんの気持ちを背負って、なんておこがましいですが
全身全霊で、国立の風を感じてきたいと思います。

そして嵐くんたちにたくさんの風を送ります。


もんぷち。






  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

自転車をマナブ相葉雅紀をメデル

本日の「相葉マナブ」まであと2時間半!

それまでに…なんとしても先週の「あえぎ声をマナブ」…じゃなくて!
「自転車をマナブ」「相葉マナブ」のあれこれを書き留めておかねば…。


とにかくこの夏が暑いのが良くない。

暑いと家族がリビングに集まる(エアコン稼働中のため)
いくらワタクシの神経がワイヤーロープ製でも、姑が針仕事をしている隣で
嵐の番組ばかりをリピリピリピの嵐をする勇気はない。

しかもマイ旦那がいるとチャンネル権は彼にある。
(私が買った私による嵐のためのテレビなのに…)

姑や子供たちがウロウロするリビングで、ブログを打ちまくる勇気も当然ない。
いつもは真夜中が私の自由時間だが、娘が帰省中なのでそれも限られる。

あ~…夏よ、早く終わってくれ!と、願うばかりだ。



リピが足りないので、ザッと「自転車をマナブ」の萌えポイントの復習をしてみる。


めっちゃ暑そうな競輪場でのロケ。
初っぱなから文句の多い芸人さんに向かって

「オッサンの本気の文句は、ヤです!」

と、言い切る相葉雅紀。

…いいねえ~。

『イヤです!』ではなく『ヤです!』と言っちゃうところが
相葉くんの可愛くて優しいところ。

『イヤ!』より『ヤ!』の方が、語感が柔らかいもんね!
『ヤ!』って言われちゃうと、拒否ってる感じが薄まるよね。


「相葉く~ん、映画のキャンペーンで疲れてるオレを癒して~!
膝枕、膝枕!『あ~ん』でご飯も食べさせて~!」


「ヤ~!」

「…まったまた~!嬉しいくせに照れちゃって~!」


みたいな幸せな勘違いも生むかもしれない。
それはそれで楽しいことだ。


ま、とにかく冒頭から相葉雅紀の愛溢れる突っ込みにほんわかさせられ
それはきっと、オッサン芸人さんたちもそうだったのではないかと思われ。

その証拠に実際始まってしまえば、オッサン連中も全力で漕ぎ、あえぎ…


そう!

今回の「相葉マナブ」『あえぎ声』だったな~。

マイクを装着したはだけ気味のデコルテも良かったし
シャープなヘルメットで覆われた小さな頭蓋骨も
「検証開始」のナレーションと同時のカメラ目線のキメ顔も
どれもこれも一時停止とリピの嵐候補に間違いはないが

なんと言っても「…はあ…あぁ…くっ…ぁはぁ…」という
耳からエロいエキスを流し込まれてるような、濃厚なあえぎ声、ね。

イヤホン装着で聞くとよりリアルなのだが、いかんせん他のオッサンの声も入ってくるので~…。

直耳で、耳を澄まして、精神を集中させて、神経を研ぎ澄まして
相葉雅紀の苦しいのに楽しそうな脳に甘く響く声だけを拾い上げる。


…ニルヴァーナだ。
煩悩を消し去り、悟りを拓く涅槃寂静。

煩悩のために、煩悩を消すってことだ。

…すげー矛盾だな!


相葉雅紀に対しては、煩悩と解脱は表裏一体であり
それは全てのアラシゴトに通じるのではないか、と思っている。

求めること、受け入れること、許すこと、そして…時に諦めること。

嵐道は奥が深い。


…というか、『あえぎ声』でここまで思考が飛躍してどうする?


そして声だけでなく、映像も申し分ない。

自転車を漕ぐ相葉雅紀の勇姿。

膝下の長さと、サドルまでの距離。
脚の長さを存分に堪能できるこのシーンは、一生HDDに残しておきたいお宝映像ではないか。

そして私の萌えポイントは、正面カメラからの二の腕、だ!

私は自分の二の腕がアイドルの太ももくらいサイズなので
『肩から脚が生えている』とは、マイ旦那の弁である。

そのコンプレックスの裏返しで、とにかく男性には腕の細さを求めてしまう。

だけど20代も後半になると男性は、肥満予防や体力維持のために
それなりに鍛えちゃうので、どうしてもティーンのときのような
伸びやかな細さをキープするのは難しい。

そこで相葉雅紀だ。

ハンドルを握ってチカラが入ってるはずなのに
その二の腕は筋肉を主張せず、まるで30代半ばの女優さんのように細い。

きっと触るとしっとりしていてわずかに固くて…
そしてヒンヤリしてるんでしょうなあ~。

いいねいいね!
ポロシャツの袖口が余ってる感じもいいね!

スッカスカで脇が丸見え!
無防備無自覚無抵抗!


どんと来い!
受け止めてやるぜ!


自転車を漕ぐってことで、半パンスタイルだったのも良かった。

相葉くんの長い膝下とフワフワのすね毛が大好きなので
30分、たっぷり目の保養もさせて頂いた。


坂道自転車はやっぱり、チラ見せパンツ!

最後の最後に大出血の鼻血大サービス。

真っ赤なパンツ!
真っ赤なパンツ!


一時停止!
スマホなら指で広げて拡大できるんだが…。
(一応モニターでやってみたけど出来なかった…)


グダグダ風なラスト「もう一度やろっか?」って仕切り直す笑顔もステキ。

芸人さんたちも「しょうがねーな~、相葉くんは!」って顔で見守ってくれる。
決して呆れてるんじゃなくて「可愛いな」とか「やんちゃだな」って感じ。

共演者とのいい関係も「相葉マナブ」の魅力の一つになってるね。


さて、今日の放送まで…あと1時間半!

私はマイ旦那「夕方走ろうね(はーと)」と誘われてるので(涙)リアタイは出来ないが
テレビ誌で見たボーイスカウト姿に期待しかない。

前後編とか…神だな!


というわけでギリギリアップ。

間に合った?











NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック