FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

妄想サッカーバレー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト


  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

商店街でマナブ

VIVA!衣替え!







  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

VS風間!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ワクワク大阪・相葉雅紀

ワクワク大阪レポもラスト。

もんぷち的真打ちは、やはり相葉雅紀でしょう。






  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ワクワク大阪・櫻井くん

あっという間の風間木曜日(いろいろおかしい)
ワクワク学校の記憶も薄れつつあるし、今日は大事な風間木曜日だし
もうレポはいいんじゃないか…という誘惑に負けそうです!

でも櫻井くんのことを書かないと、気持ち悪いので。
自分の中のなにかが消化しないので。

がんばれ、もんぷち。





ワクワク学校大阪・気付きのエントリにも書いたが
冒頭の先生ごっこで櫻井くんは「相葉先生」を連呼し過ぎたと思う。

それはまさに櫻井氏が思う櫻井氏のための櫻井氏による、二人の教壇。

初っ端から飛ばし気味の櫻井くんに不安が募る。
(だいぶんウソ。『期待が高まる』の反語的表現)


二宮先生の「スヤスヤの授業」で指名されて夢について語る櫻井くん。

サッカーの日本代表戦を見に行ったつもりが
指名されてPKを蹴ることになって、失敗して…
ロッカールームで中田ヒデさんに慰められた、と。

夢を分析すると「ストーリー性のある夢を見る人は論理的」
そして他人に慰められるというのは
「他人に優しくされたいという深層心理がある」んだって。

ほほぉ…。
なるほど。

他人に優しくされたい、ね…
ここに『相葉雅紀』という固有名詞を当てはめて考えたのは私だけだろうか?

だって今の翔さんに優しくしない人はいないでしょう?
カッコよくて賢くて機転が利くスーパーアイドル。
好感度は抜群のはず。

こんなステキモテ男子が「優しくされたい」だなんて…。
きっと普段から相葉雅紀の無自覚ドSっぷりに翻弄されているとしか思えない。

相葉くん、もっと翔さんに優しくしてあげて!

『え~…でもしょーちゃんって、ときどきめんどくさいの!』

そんなこと言っちゃダメ~!
翔さん、泣いちゃうから!


授業中にもかかわらず、脳内でいろんな妄想が枝葉を伸ばしていく(大抵がピンクの方向に)

もちろん二宮先生の話は聞いてるし、なんなら相葉くんのイラストまで描いている。
まるで聖徳太子のように、五感をフル活用して萌えを吸収中である。

夢分析のあとは、翔さんのベッドが登場。

あれ…もしかしてあれはウワサの???

「これね、かいまき」

やはり!
たびたび話題に出ていた翔さんのベッドのお供ね?

「それ、着れるの?」

布団がそのまま上着になったようなかさばり具合に、相葉くんが思わず尋ねる。

「いや、着ないの。
ここ(半襟の部分)を触って寝ると落ち着くの」


なんと3歳からの相棒だそうで。

でも本音を言うと、ベッドのお供は相葉雅紀がいいんd(自粛)


櫻井先生の「チャリンチャリンの授業」

きゃーーー!櫻井先生、イケメーーーン!
(自分のメモに書いてあったので、そのまま転記。多分超本気)

白衣を着た櫻井先生のストイックな雰囲気って、本当にステキ。

説明してるとZEROのキャスター櫻井翔だし
教壇に立つ姿が知性と教養にあふれてるわ。
さすが嵐の知性派だ!

しかし見直したのも束の間、やはり相葉くんにかかると
さすがの櫻井先生の鼻の下のゴムも緩んでしまうようだ。

二択クイズを出されて、あれこれ質問する相葉くん。

「あのさ、しょーちゃんがさ…
あ、しょーちゃんじゃないや!」


つい普段通りに呼びかけてしまったが
授業中という設定に気が付いて慌てて言い直そうとする相葉くんに対し

「いいよ、『しょーちゃん』で」と、渋めの低音ボイスで微笑みかける櫻井先生。

このときの!
モニターに映った櫻井先生のドヤ顔を!

♪あ~なたに~も~ 見せてあげ~たい~

思わずチェルシー!
アナタにチェルシー!


「いいんだよ、雅紀。いつものように呼んでごらん」
「困った子だな…。ウチに帰ったらお仕置きだぞ」
「一生懸命すぎて設定が吹っ飛んじゃって…チャーミングだなあ、雅紀は!」
「皆さん、聞きました?雅紀の『しょーちゃん』呼びは宇宙一でしょ?」


詰め込みすぎ!
いろんな感情、てんこ盛り!

くそう…
なんでだろ…なんか悔しい。
毎度毎度翔さんに自慢されてる気分だわ。


次は相葉先生の「パクパクの授業」

「皆さん、そろそろお腹もすいてきたんじゃないですか?」

「この時間になったらっていうか…
相葉くんが出てきたらお腹がすくようになってるのかも…」


はいはいはい。
食っちゃうよ?ってことでよろしいか?

可愛くておいしそうな相葉くんは「笑顔の五つ星や~」ってことですよね?

しかしここで、アシスタント大野くんに出し抜かれる形になった櫻井くん。

巻き返しのチャンスは次の「チクタクの授業」の時にやってきた。



松本先生の「チクタクの授業」

やはり一度は走るのね、毎年。
今年は松本先生に走らされました。

アクティブなことに積極的な相葉くんは、駆け足でスタート地点に向かう。
そのあとを追う櫻井くん。

そしてスタートラインに2人が並んで、顔を寄せ合ってひそひそおしゃべり。
櫻井くん相葉くんのほうを向いて話しかけ
首を傾げてなにか答える様子の相葉くん
その横顔は笑っていて、肩はもう少しで重なりそうだ。


松本先生が号令をかけるまでのほんの数十秒のことだったと思う。

だけど双眼鏡を覗いていた私には、マトリックスのワンシーンのように
2人の談笑がコマ送りで脳内に焼き付けられた。


1秒が100枚に。
10秒は1000枚に。

そのあとスタートの体勢でしゃがみこんだ2人の後ろ姿から
「用意!」の合図で、お尻を高く上げたところ(絶景!)まで。

私の優秀な萌え頭脳は、鮮やかなアニメーションでそのシーンを再生してくれる。

宮崎監督もびっくり。
風を受けて舞う相葉雅紀のシャツの動きまで忠実に再現できる。

途中からは自分自身が風になったように疾走する相葉雅紀を必死で追いかける櫻井翔。

2人が私の前を走り抜けたとき、目の前に桜吹雪が舞い散りましたぞ!


1分間を走り終えて、その間に倒れこむメンバーたち。

時間の大切さを松本先生に諭された櫻井くん、
「積み重ねだよな!相葉雅紀!」とまさかのフルネーム呼び捨ても披露し
素晴らしい有終の美を飾ってくれたのであった。


というわけで、いろいろあってもさすがは櫻井翔。

優等生は「天秤ばかり」のバランスがいいんだな、と再認識だ。
(「おしゃべり階段」のネタですけども!)





  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ワクワク大阪・二宮くんとちょっとJ

続いてのポンコツレポは、について。

………。

おかしいな~。
それでなくても解読困難な象形文字だらけのワクワクメモに
JとかMの文字がほとんど見当たらないんだが。

もちろんJはいた。
松本先生の「チクチクの授業」…
…あれ?ちょっと違うな…「チクタクの授業」!は、とても良かった。
(でも松本先生にはぜひ「チクチク」させて頂きたかった。「ヒリヒリ」でも可)


「宿題をやってきた人~!」と松本先生が会場をぐるりと見渡す。
もちろんやってないもんぷちも「はーーーい!」と元気いっぱいに挙手した。

同行の方が「え、もんぷちさん…やってないって言ってませんでした?」と驚いていたが
10年後は老後の心配を始めてるであろうオバチャンが指名されるわけないじゃん。
ならばここは松本先生の授業を盛り上げるのがファンの務めってもんでしょ。

万が一当たったら、その場でアカペラで(意味違う)エア手紙を読み上げてやるわ!
泣く準備して待ってろよ、松潤!って勢いだ。


この授業では、松本先生が他の4人を走らせてくれたおかげで
いろんな萌えの種を拾い集めることができたし、感謝はしている。

だけど相葉くんとの絡みがあまりなかったなあ…。

ま、もんぷちの希望としては、次回もしもワクワクがあるのなら
例のあのセリフをワクワクバージョンで叫んでほしいなって思う。

「オマエら!
賢くなる準備はできてんのか?
脳みそ満タンにする準備はできてんのかよっ?
今からオレら5人が45000人、天才にしてやるよ!」


うおおおぉぉぉぉ!

お願いしますっ!
脳みそ洗って待ってます!


…ダメかしら?



さてさて、お次は二宮くん

彼の相葉くんへの構い方は、細かく取りこぼさず徹底しているので
どの授業に於いても、満天の星のようにあちこちで二宮くんの愛がきらめいている。

彼の特徴としては、自分からは相葉くんに同調したりはしないのだが
たまたま意見が合ったりして、その対抗馬にJや翔さんがいると
なぜか意気込んで相葉くんとの絆をアピールし始める、みたいな。


櫻井先生の「チャリンチャリンの授業」

学校で使われているもので、どっちのお値段がハイなのか?という問題。

A.ベートーベンの肖像画

B.土偶の模型

私はB、だと思った。
なぜならBのほうが好きだから。

ここで嵐くんたちの回答は2つに分かれる。

松本くんと大野くんはA。
二宮くんと相葉くんはB。

櫻井先生からヒントを引き出そうと、あれこれ質問が始まります。
肖像画は手描きじゃないよね?と確認する生徒たち。

「あれ手描きだったら…ヤバいでしょ?」

「ヤバいって!」

「ヤバいよね?」

なぜか嬉しそうに「ヤバい」を連発する総武線コンビ。
出川氏をのっけた悪乗り風。

相葉くんと答えが一緒の場合「あ~、もうダメだ!間違ってる!」
相葉弄りをしそうなところなのに、このときの二宮くんは幼馴染モードであった。

「土偶をなめんなよ!」と、中学生のように先生にちゃちゃを入れる。

『土偶チーム』って呼ばれて、満更でもなさそう。

正解はAのベートーベン、と発表されると
同時に立ち上がって、櫻井先生のほうに詰め寄るところまでが総武線コンビです。

息ピッタリ!

立ち止まるところまで同じだったね。


次の問題は

A.視力検査表

B.世界地図(黒板と同じサイズ)

私はAだと思った。
なぜなら地理が苦手だから。

シンキングタイム、いろいろ質問して正解を導きだそうとする可愛い相葉くん。
モニターに映し出される視力検査表?を指さして…

「あの『C』がさ~」

C…?

私の脳内の?が正解の形に変わるか変わらないか、その刹那
二宮くんが、即座に嬉々として「C~???」と突っ込んだ。

「アイツ?アイツの名称『C』なんスか?」

視力検査表のあのマークね。
○の一部が空いてるやつ。

そうじゃないのはわかっているが、相葉くんの表現が可愛すぎて
ツンが止められないんだよね、わかるよわかるよ!

だ・れ・か!
ツンデレニノをと・め・て!

いやいや、止めなくていいよ。
微笑ましくてキュンキュンしちゃうから。

好きな子って、可愛ければ可愛いほどいじめたくなるもんだよね。
それが健全な男子だ、気にすんな!(誰に言ってるんだ?)


そしていよいよ二宮くんが待ち望んだ相葉先生の「パクパクの授業」

今日のアシスタントに指名はされなかったけど
目の前の椅子に座って、ゆっくりいじってやるからな!と
気合満々で臨む野球大好き相葉大好き二宮和也

しかし、大野くんと相葉先生が思ったより仲が良くて
ちょっと焦ってしまったのかしら?

突っ込みのキレも悪くはないんだけど、天然ガードに阻まれて
相葉先生にうまいこと響いてないような気がするよね、わかるわかる。


おいしそうなナポリタンが出来上がって、いざ試食。

「おいしいでしょ?ね?」

「ん、うま~い!」

嵐くんたち、絶賛。
確かに美味しそう。
しかも私の席にはカレーっぽい匂いまで漂ってきた!

「麺食べてる?」

「…もう食べ終わりました!」

実は相葉先生の盛り付けのバランスが悪すぎて
二宮くんのお皿には、麺も野菜も少ししか入ってなかったんだよね。

そこは優しい翔さん…というか、天然タッグに敗れた同志が
麺を分け合い、無言で慰めあう。

美しい…これこそ真の戦士の休息なのではないだろうか。


「で、なんでこんなに美味しいかっていうと…
これを食べればわかるんですよ!」


ここで相葉先生、お皿に乗せた生野菜?を差し出す。

スルーして食べ続ける生徒さんたち。

「あの…これを…」

「あ、すみません、まだ食べてますから!」

はい、始まった!
ニノちゃんの小芝居がスタートしております。

「そうですよね。
じゃ、あとでもう1回やるから。やりなおすから、ね?」


素直に皿をまた引っ込めて、タイミングを図る相葉先生。

そして仕切りなおしてもう一度。

「どうしてこんなに美味しいかっていうと、これをね、食べるとね…」

「まだ(パスタを)食べてますから!」

天丼!
二宮くんお得意の天丼技が決まりました!

「ちょ、食えって!」

ここで相葉先生が反撃に出る。

手にしたアスパラを二宮くんの口に突っ込んで…

食べさせちゃいました~!


言葉では突っ込まないけど、アスパラを突っ込むとは…。
相葉くんは二宮くんに対してだけこういう雑なことするよね。
そこが幼馴染っぽくてまたいいんだけども。

このとき、モニター画面いっぱいに映し出された、
相葉先生を上目づかいで見ながらアスパラを咀嚼する二宮くんの表情に
ワタクシは目頭が熱くなった。


この顔は何度も何度も目にしたことがある。

「嵐の宿題くん」で「ボクがいっぱいほめてあげます」
相葉くんが大きな手でニノちゃんの頭を抱えて撫でまわしてるとき。

最近ではテレビ誌の相合傘企画。
少し上から優しい顔でのぞきこまれて、ちょっと後ろに引いちゃってるとき。

ニヤニヤ笑いをこらえてるのか。
子ども扱いすんなよ、ってすねてんのか。

でも多分こう思ってる。

「人の気も知らないで」って。


ニノちゃんは、絶対に一生相葉くんのことが好きで
どんなに頑張っても振り回されちゃうってわかってて
それでもずっと仲良しさんなんだろうな~。


相葉印の旬のアスパラがそのことを私に教えてくれた。

ありがとう、相葉先生!






  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

ワクワク大阪・大野くんと相葉先生

ワクワクのレポを書きたいのだが、どこから手を付けたらいいのか…。

というのも、不良学生のワタクシは先生時々生徒の5人の動向ばかりが気になって
授業内容はほとんどメモを取っていないからなのだ。

それらしき記述は、すべて萌えに通じるキーワードとしてしか残っていない。

去年と同じ。
いろいろダメ。


しかたがないので、何時間目、というくくりではなく

相葉くんに他のメンバーがどう絡んだか

ここに焦点を合わせ、内容は肉づけ程度で書いていこうかなと思う。


まずは大野智さん

私のブログに通っていらっしゃる方はすでにご存じのとおり
リーダー大野氏はこのブログでは影が薄い…。

いえいえ、好きなのよ!
リーダーのことは大好きです。

ただ、相葉くんとのツーショットに癒しはあっても萌えがない

ここがものすごく重要なわけですよ。
ぜひご理解いただきたい。

しかしこの日はリーダーと相葉くんの新たな可能性を感じた日でもあった。
まさに天然的エポックメイキング


そう、それは相葉先生の「パクパクの授業」の最中にやってきたのです(昔語り風に)

「今日の料理のあしすたんとは、大野くん!」

相葉先生に指名されて、キッチンに入る大野くん。
このときね、ほかの3人…特に櫻井くんと二宮くんは若干油断していたんじゃないですか?

「ニノじゃないなら、少しリラックスして見学できるな」

「翔さんのデレデレはもうお腹いっぱいですからね!」


お互いの胸の裡がこんなんだったと思うことにしましょう。
そのほうが楽しいから。

しかしただただ癒しとボケを発するはずだったこのコンビ
なかなかの爆弾を落としてくれるのです。


今日のメニューは『野菜たっぷりのナポリタン』
食材を順番に紹介する相葉先生と大野くん。

「これは…トマトソースです」

「いえ、ケチャップです!」

速攻で訂正されて焦る大野くん、突っ込むメンバー。
ボケがキツすぎて、アシスタントとしての立ち位置も微妙です。

その後もバタバタと1人で動き回る相葉先生に、大野くんが不安そうに尋ねます。

「…オレ、いる?」

相葉先生、菩薩の笑顔で即答!

「いて?オレが安心するから」

ああああああああ!?

このヒトはとんだ小悪魔教師ですよ!
大野くんに対してだけではなく!
キッチン前におかれたテーブルに、まるで狛犬のように鎮座する
東の相葉担エスコート櫻井に対し、無自覚の攻撃を仕掛けましたよ。

このとき、2人は感じたはずです。

刺客はここにもいた!と。(ウソです)


ピキッとその場が凍った…と思ったのはきっとワタクシだけでしょう。

しかしその後がすごかったのです。

相葉先生を慕う櫻井くんと二宮くんの怒涛の反撃が始まったのです。


「トマトの皮をむくことによって、歯触りが良くなるの」

「歯触り…?歯ごたえ?舌触り?」

重箱の隅をつつくとはこういうことなのでしょうか?

「混ざってんじゃん!」

この2人が協力し合い息を合わせる日が来るとは…。



「ここでオリーブオイルを入れます!」

「どのくらい?言ってあげて!」

テレビ誌やネットのレポでご存知の方も多いと思いますが
ミラクル相葉先生は、調味料の新しい計り方を考案されたのです。

すなわち「秒」という単位です。

櫻井くんははっきりと薄笑いを浮かべ、その振りをぶちこみました。

「…2…秒、です!」

「今、3秒数えながら2秒って言った!」

そんなに力いっぱい突っ込んじゃって。
好きな子をいじめてしまう小学生の心理そのまんまですよ。


「ここでカレー粉を入れます」

「カレー粉?」

さすが、料理に対して興味津々の真面目な松本くんは
授業の趣旨に対していつでも真摯な姿勢で臨みます。

「それはどれくらい…?」

一方の櫻井くんは大好きな相葉先生に絡みたくて
いつもの優等生っぷりはどこへやら。
いちいちぶっこんで、相葉先生を追い込もうとします。

「イチ…二…秒です」

「今ね、容器に入ってるのを2秒で全部入れただけだから!」

「秒数カンケーないじゃん!」

どうしても相葉先生考案の新しい計測法をいじりたくてしょうがない困った2人。
オトコノコって可愛いですね。


2つのことが同時にできない、いつでも真っ直ぐで可愛い相葉先生と
気を抜くとすぐにぼんやりしてしまう大野くん。

回転のいい2人の攪乱によって、料理チームとしてはかなりのポンコツっぷりを露呈します。

それでもモニターに映し出される相葉先生の手つきかなり良くて
料理に慣れたのか、もともと器用なのでやればこなせちゃうのか。

鮮やかなお手並みにうっとり見とれちゃってると
やっぱりあの2人が黙っていはいないのです。


「麺、入れますか!」

「そこは『パスタ』でしょ?!」

二宮くんの細かい指摘はスルーして、茹でたパスタをフライパンに投入。

薄笑いの二宮くんが更に仕掛けます。

「何本?パスタ、何本くらい?」

「大野さん、何本?」

フライパンを振りながら隣の大野くんに助けを求める相葉先生。

「え~…数える~?」

!!!!!!!

なななな、なんと!
このときの大野くんの言い方が劇的に可愛かったのです!

もんぷちの萌え触角がピコーンと立ちました!
今まで眠っていた…いやあるとも思っていなかった青い触角が…!

ワタクシの覚醒をよそに、2人のいちゃいちゃは続きます。

「も~、いいよね~?」

「ね~?」

「ノリで、ね~」

フライパンそっちのけで見つめ合い、肩を寄せ合って
微笑み合う仲睦まじい先生とアシスタント。

…す、隙がない!
どんなツッコミも、ゼリーのような柔らかな膜でソフトにガードしてしまう。

あまりのマイペースさに、毒気を抜かれた見学中の3人は呆然。

叶わない。
ダブル天然には叶わないんだ、と悟った瞬間かもしれません。


※注※妄想フィルター完備での偏った感想です。
ぜひ本気&参考にされないでくださいませ!



そうか、なるほど…。

確かにこの2人には、ワタクシのような人種が引っかかるべき萌えはないかもしれない。

しかし、春の小川のように清らかで穏やかな流れ
あたたかい日差しをあびて芽を吹く野の花ような可憐さ。


恋はないけど、優しく包む愛がある。

それは「カルピスこども名作劇場」に通じる大きな慈愛だ。

大野智相葉雅紀はペーターとハイジであり
ネロとアロアであり、マルコとアメディオなのだ。


この2人がいる限り、嵐は安泰だと思える。

どんな争いの種もハイジとペーターの無垢さの前では無力だ。

私は相葉先生の「パクパクの授業」嵐的ノーベル平和賞の基盤を学んだ。

ありがとう、相葉先生




  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

ワクワク大阪校・気付き

ワクワク学校・大阪校14日の授業を受けてきた。

1年ぶりの京セラドーム。
ドラゴンズ井端のマフラータオルを首に巻いて、まるで野球観戦のようなワタクシ。


教室のセットに見立てた扉から5人のイケメン先生がご登場。

わ~…キラキラしてはる!
虹色のオーラを振りまいてはるわ~!


ドーム中央の教室ステージに歩いていく途中。

櫻井先生は、いったい何回「相葉先生」と言っただろうか?

「たくさん来てますね、相葉先生!」
「楽しみですね、相葉先生!」


櫻井先生…
先生は他にもいます。
相葉先生だけを集中的に呼ぶのはどうでしょうか?

…もっとやってください。

こんな縁起の良いスタートを切ってくださってありがたいことだ。

その後の櫻井先生と生徒櫻井のデレ暴走についての詳細は後日。




7月14日、午前の授業の気付きは…

女子トイレの赤いマーク コレ ↓

img_454865_58072004_0.jpg


この赤いマークが、嵐くんたち5人のシルエットだった!

…でございました。


そのマークに変身するためのメイキングがモニターに映し出された瞬間
会場内が黄色い…いや赤い…いやいや炎の雄たけびに包まれた。


だって、嵐くんたち…

パニエを履いてるんだもん!

スカート部分のフォルムを作り出すために
ボトムの上からとはいえ、パニエを履くなんて…。

そして頭には発泡スチロール製のウチワみたいな被り物。
頭部をね、丸くしないといけないからね。

アラフェス会場でポップコーンの被り物をした彼らの映像を見たときのことを思い出す。

「なにを着ても、なにをかぶっても似合う…」

この人たちは、5人そろったらムテキだわ。


1人1人、その衣装を着けたまま撮影をしていく。

トップバッターのせいか、戸惑いながら普通にポーズをとるニノちゃん。
裾をつまんで、かわいらしさ演出の翔さん。
足をキレイな3番ポジションで決める松潤。
最後だったので個性を出すためにパニエを胸まで上げられるリーダー。

そして会場のボルテージが一番上がったのが、相葉さんの撮影シーン。

背景の白布の前に立ち、ポーズを考えてるのかと思ったら~
「これ、脱ぐ?」と、いそいそとボトムを脱ぎ始めやがった!

ここで一番慌てたのが、多分そばで順番を待っていたでございます。

「相葉さん、若干透けてるから!」

そりゃそうだよ。
だってパニエだよ?
スカートのボリュームを出すためのアイテムであって
下着を隠すためのものではないのだ!

フレームから外れてはいたが、翔さんとニノちゃんも冷や汗だったに違いない。

「雅紀、落ち着け!脱ぐのはオレの前だけにしておk…」

「…相葉さん。お仕置きですよ、これは。
あのスカートみたいなやつは買い取りにして、今夜の小道具に…」


てなことを考えていたかどうかは定かではない。

しかしせっかく相葉雅紀がここまでサービスしてくれたんだからさ。

カメラさん、もっと寄ってくれよ!

あの子の下着が写りこむほどに寄っちゃってくださいよ!

会場の全相葉廃人が心で絶叫したことは間違いない。


開校直後、朝の会の時点でこの奔放さ。
果たしてこのあと、私は真面目に授業を受けることができるのだろうか?


そして相葉雅紀のトイレマーク、出来上がりはこちら ↓

1373794083889 (2)


他のメンバーに比べて、当然だけど脚が細く見える。
履いてないもんね、生脚だもんね。

私はヘソの位置まで特定する自信があるけどね!






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック