FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

notじいや,but騎士(ナイト)

「相葉マナブ」が神番組過ぎて、毎日が日曜日だったらいいのに!と
小学生のような願望を口にしそうになるもんぷち。

今回、じいや(土田氏)が不在だなあ~って思ってたら
最後に出ましたな!

ナイト(騎士)が!

まさかのアンジャッシュナイトのお出ましだよ。

ホラー映画でビビる相葉雅紀を脅かすというナイスな心意気。
芸人さんはもちろんだけど、相葉くんはホラーが苦手だってことを把握して
わざわざその手の映画をセレクトしたスタッフさんもGJ!

絵に描いたようなビビり方、驚き方で布団にひっくり返る相葉雅紀。

くるっと丸まったポージングとアングルはまさに神!

可愛すぎるだろ~!


で、その直後ですよ、ナイトの出番は。

「怖かった?」と小声で尋ねながら、相葉くんの手をとるアンジャッシュ。

…エスコートされとるがな!
このウサギちゃん、よその男にもエスコートされとりますよ!

翔さ~~ん!
ニノちゃぁぁぁ~ん!
のピンチですよ~!


心で叫びながらも、美味しいシチュエーションに笑みが隠せないもんぷち。

手をとったのが澤部だったら「エスコート」って表現はちょっと違ってたと思う。

アンジャッシュの男前のほうだったからこそ『姫とナイト』の構図が浮かんだんだ。
その点に関しても本当に良く出来た番組だ。
それぞれがそれぞれの役割りを心得ている(視点が間違ってます)


澤部と希望の実験がかぶって、決着をつけるための手段が
「相撲をとろう」なんて、実に男子っぽいのにさ。
多分『布団=修学旅行=取っ組み合い』という連想ゲームなんでしょうな。

がっぷり四つに組む相葉くんと澤部。

…う~ん。
これはこの組み合わせで正解だったのかしら?
お笑い的観点として。

研究室内では終始フリーダムな言動で、芸人に突っ込まれてるし
基礎代謝を計るために横になれば、なんか大の字になって勇ましいし。

かと思えば、急にコドモになって相撲をとったりね。

映画を観る場所が密室だってわかった途端、不安そうになり
始まった映画がホラーだって気がついたときの絶望的な怯えた表情。
そしてその小さな顔を覆う大きな手。

多種多様の相葉雅紀が楽しめる、まさに神番組!

正座して見たって30分。
実にちょうどいい!
姿勢を整えて見るのにちょうどいい番組なんだよね~。

おまけにさ~、相葉くんの体重までわかっちゃうなんてさ。
ちょっと怪しげだったけど、ヒゲの先生GJだったわ。

細いもんね、見た目も実物も。
そして「拝見したい」って気持ちを呼び起こすんだよね?

短時間の間に、こんな一般人のオジサンまで籠絡するとは
さすがアイドル界の人たらしマスター相葉雅紀!
いろいろ撒き散らしてんなあ!


来週は筍掘りか~。

お付きの人数が増えてたな。
澤部はもうレギュラーなのかしら?
芸人さんのバランスがいつもちょうどいいなあ。

希望としては、知的なテーマのときにバカリズムさんか
オードリーの若林氏を投入してくださると嬉しいわ。

日本文学をマナブ企画で、ピースの又吉とか。
珍しい組み合わせだから新鮮だと思うの。
もう1人をはっちゃけ系にしてバランスキープしてね、みたいな。

…なんて夢と希望が広がる番組なんだろう。

思わず六本木に向かって手を合わせるもんぷちであった。

スポンサーサイト

  1. tb: 0
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

妄想裁判!

私にとってこのゴールデンウィークは『GW』ではない。
『PW』、そう『PopcornWeek』だ。

フラゲしてから今日までの間、一応一通りは鑑賞して
萌えポイントに、心で付箋をつけて(チャピター登録が出来ないのがつらい)
「楽園」松潤とのハートメイクジュニアとの絡みも何度もリピして
ザッと通しで確認だけは出来たんだけど、まだまだ掘り下げたいよね?
でも時間がないよね?
普段はね、マイ旦那がいるしね。

マイ旦那と一緒にテレビを見てるときって
その内容についてお互いよく喋るので
私だけが楽しい番組だと話が出来なくて自分もイヤなの。

だから一緒にいるときに嵐くんたちのライブDVDを見るのは諦めてる。

でもこのGWはチャンスだよ!

昼間、マイ旦那はサッカーの試合でほとんど留守みたいだし
(マイ旦那は小学生のサッカーコーチをしています)
もんむす(もんぷち息子)は部活でいないし!

やった~!
見放題じゃ!
嵐嵐のPopcorn祭りじゃ~!


つーことで、明日からの『PW』、堪能させていただきます!

あの日に入っていたので、MCも「こんなんだったなあ!」と
当日の記憶が蘇ってきて興奮再び。
安定の相葉弄りに会場も沸いたんだっけ。
(自分の東京ドームMCレポを確認するのが怖い…)

『PW』の間に何度リピできるのか。
一時停止ポイントの新記録が出るのか。

相葉くんのビジュアルは最高だし、いい週末になりそうだね!



嵐くんたちの番組の中で、マイ旦那も一緒に楽しめるのが「VS嵐」

木曜日のこの時間だけは「チャンネル変えていい?」と訊かれない。
むしろ案外楽しみに見てるんじゃないかと感じるくらい。

時々ゲームについて言及したり、翔さんのダメっぷりを笑ったり
ゲームのルールにも詳しいし、面白がってる様子である。


昨日の「図書館戦争」チームとの対戦。

方向性は違えども、岡田くんのマッチョな上半身への喰い付きが激しいもんぷち夫婦。

「このヒト(岡田くん)背はあまり高くないけど、鍛えてるな~いいな~」
「肩幅、広っ!え~…けっこうマッチョ~…?(筋肉が苦手)」

クリフクライムでも見事な上腕二頭筋を披露しておられましたしね。

なんだろな?
岡田くんっておとなしめで小柄なイメージだったけど
結構たくましいのね…と今さら気がついたりして。

一方マイ旦那は鍛えても筋肉質になりにくいタイプなので
体育会系の岡田くんが羨ましかったらしい。


相葉くんは安定の可憐さ。
オープニングトークは、やっと野球の試合で勝ったという話題。
相葉テイスト炸裂で会場を盛り上げる。
(リピしてみましたら、野球をしたいと言ってたただけで、勝ったとは言ってませんね…。
ラジオの話とかインタビュー記事とかとごっちゃになってました~。すみませんでした!)

女性誌の記事によると
「朝5時40分にニノを迎えに行って
6時から8時まで野球の試合をした」
ということだったが
そんな早朝にニノちゃんちに行くって事実に萌え。

しかも『迎えに行く』ってさ~。
どういう関係だよ?
おまけにたたき起こしちゃったとか言ってたし、嫁ですか?っての。

「迎えに行ってたたき起こす」というワンフレーズに
どれだけの萌えと可能性が潜んでいるだろうか?

まず「迎えに行く」と「たたき起こす」が同時ではなかったとしたら
「迎えに行って」「駐車場なりに車を止めて」「部屋に入って」

…「部屋に入って」?


『裁判長!質問があります!』

『もんぷち検察官、どうぞ』

『被告人は「部屋に入った」ということですが…、
その後「たたき起こした」とも言っています。
オートロックのはずのマンションで、住人が寝ているのに…?
いったいどんな手段を使って、部屋に入り込み「たたき起こした」んでしょうか?』


『被告人、答えなさい』

『あのね、ニノがカギをくれたの。スペアキー。
「しんどいときは使っていいよ」って言ってくれて嬉しかった~』


『ではアナタは、合鍵を持っていた?
そしてそれを使って原告の部屋に入った、ということでいいんですね?』


『そうで~す!
部屋だけじゃなくて、ニノのベッドにも入ったの!』



ってことでよろしいのか?

裁判長…これは由々しき事態ですぞ?
この小悪魔をこのまま野放しにしていていいのでしょうか?
被害が広がらないうちに、捕獲したほうがいいのでは?

でもさ、肝心のニノちゃんに起訴をする意向がなさそうだ。

「眠いんですけど…」とか、文句言いながらも付き合っちゃうんだろうねえ。
嬉しくてしょうがない、ニノちゃんのニヤニヤ困り顔が目に浮かぶぜ。

嵐くんたちのリアルエピって、軽く妄想の範囲を越えちゃうから困るわ~。

油断できないね!


  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

マナブでお試し

全国8億5千万人の相葉廃人が心で正座して待ちに待っていた「相葉マナブ」

スタート前の予告を見る限りでも、期待感しかなかったわけだが
始まってみれば思ったとおり…いや想像以上のオタ得番組だった。

もうね…六本木には足を向けて寝られない。

思えば初の主演ドラマもここだったわね~。
グッズとか作ってくれてありがたいことであった。


30分枠ということで、流れに全く無駄がないのも大変見やすくて良い。

謎の所長からの唐突なミッションインポッシブルも妙にスムーズだし
CMまたぎのあおりも一切ないサクサク進行。

なにより土田氏と澤部(あえての呼び捨て)に合流して
3人のスリーショットになったときの画(え)がすごい。

仲良しのブロガーさんとも意見が一致したのだが
完全にとお付きのもの』だったではないか、と。

土田氏はいかにも『じいや』っぽい。

私は即座に『リボンの騎士』の『サファイア』を連想した。
あの子って普段は男装してるけど、実は姫だもんね!

体型的にも姫っぽさが炸裂してるし、言動は自由で天真爛漫。

「純粋なこの子はなんなの?」

なんて言われちゃってね。
ベテラン芸人をフリーダムに翻弄するなんて、マジで小悪魔じゃないか。


そこからはもうなんというか、ピックアップするのが忙しいくらい
カワイイとしか言いようがない。

他の表現が出来ないボキャブラリーに乏しい自分が歯がゆいが
口をついて出てくるのは「カワイイ~」「可愛い!」「かわええや~ん」だけだ。
桃色とお花とハートが飛びかう映像だったな~。

見ている間中、壊れたレコードのように「カワイイ」を繰り返すもんぷち。

きっと日曜日の18時、8億5千万の「カワイイ」がお茶の間に響いたのではないか。
というくらい相葉雅紀のカワイイ」が詰まっていた。


パン屋さんで「澤部がズルする~」と『じいや』に訴えてるときも
無自覚なんだろうが、そっと『じいや』の腕を掴んでいて
こんなカワイイ子にそんなにさりげないスキンシップされたら
間違いなく『落ちる』だろっ?って思わずにはいられない。

ばら撒きすぎ、振りまきすぎ!

番犬ニノちゃんのお仕事が多くなるから、ホントやめて?
でも萌えるからやめないで!(どっちやねん!)


チョココロネを「チョコっとコロがした」とかさ~。
「スイーツ」を「フルーツ」って言っちゃったりさ。
「コロネってどう食べる派?」って訊いておきながら
お腹すいちゃって「オレはこう…」って、さっさと食べちゃうし!

そもそも「どう食べる派」なのかという思考回路の細かさが
相葉くんのバラエティ力に一層のパワーをプラスする。

「しやがれ」でGaiGoアニキが来た回で
ニノちゃんと2人でメカクシストをやることになったときもそうだ。

「2人で(目隠しに)行く?」
「…お、じゃ、オレ右目な!」


翔さんの爆笑と松潤の「どっちでもいいじゃん」的な呆れ顔が印象的だった。

論点はズレてるんだけど、ハズすことで更に笑いの化学変化を起こすミラクル。
バラエティ的体力が、あふれあふれあふれあふれあふれてる。


終わったあと、編集作業に悩む必要もなく
ただただ可愛くてオサレ姫の相葉雅紀を愛でることが出来るなんて…。

こんな贅沢な時間を週1で味合わせてもらっていいんだろうか?
バチがあたるんじゃないの?(ドキドキ)

浅倉もんぷち47歳、『幸せすぎて怖い』を初めて実感させて頂いた。



「相葉マナブ」を受けての「お試しかっ!」

まずね、この「100円コンビニ」ってヤツが、もんぷち地方には存在しないのね。

だからどういう商品がどんなコンセプトで誰をターゲットに販売されてるのか
サッパリわかんなかったわけだけども、なるほど単身者とかね!
ほうほう主婦層にもウケている、と。
確かに安いしお手軽だよね。

それよりね、この100円コンビニの店舗数に注目ね。

『1224店舗』

1224だと…?
12月…24日ってことか?
相葉雅紀のバースディと同じ並びじゃないか!
初っ端からミラクルか?
相葉廃人にしか通用しない隙間ミラクルですけども)


ほぼ毎週「お試しかっ!」を見ているもんぷち家。

ワタシとしては相葉くんの「ジャニーズ注文」が見たかったわけだが
よく考えたらあれって店員さんに注文する、レストラン形式のときに使うんだったな~。
コンビニだと自分でレジに持っていくもんね。

それに「○○注文」みたいな技って、行き詰ったときのカンフル剤だし。
連敗を脱出するための起爆剤と、テレビ的なサービス要素を含んでるからね。
現場の空気がよどんでるときに出す切り札みたいなものだから
こんなミラクル進行の時には、必要性がないんだよな。

あああ、残念!

相葉ミラクルでパーフェクトを出したことは心底嬉しい。

一緒にテレビを見ていたマイ旦那も、相葉くんがご飯で3位を当てた最後の瞬間に
思わず「おおおおおおおお!?すげえ!」と雄叫びを上げたほどだ。
(そのマイ旦那の姿を見て余計に驚くワタクシ)


だがしかし!
一方で落胆している自分もいるのではないか。

正直に言おう。
パーフェクトで「わいやわいや、わいが相葉雅紀や!」と叫ぶ相葉くんもいい!
「さすが国民的スーパーアイドル!持ってるね!」と持ち上げられるのもいい!

だけど、ジャニーズ注文を無茶振りされ
照れる相葉雅紀も見てみたかったのではないか?

「恥ずかしい~…」と両手で顔を覆うあの鉄板の乙女仕草。

全国の相葉廃人一時停止をする瞬間じゃないだろうか?

そして食べ過ぎて苦しむ相葉雅紀も見てみたくはなかったか?

「も…無理…」
「ヤバイ…苦しい…」
「なんかもうわかんなくなってきた!」
「涙出てきた…」
「オレ、帰りたい…しょーちゃん、迎えに来て~!」(過妄想)


満腹感によって潤む瞳、苦悶に歪む唇
咀嚼すらも困難になり、呼吸は乱れ、額には汗がにじむ
口の含んだものを飲み込もうと必死に喘ぐ喉には細い血管が浮かぶ


くぅぅぅ…見たかった!
苦しんで喘ぐ相葉雅紀を拝みたかった!


「帰りたい!助けて、しょーちゃん!」

そう叫んでテーブルに突っ伏す相葉雅紀のつむじを妄想しただけで
ご飯5杯はイケるのではないだろうか?(大盛で!)

…今回はしょうがないよね、パーフェクトだし。
次回に期待することにしよう。


ラスト、皆さまのご意見に惑わされず自分を貫き
パーフェクトを手にしたミラクルボーイ

しかし私が相葉雅紀を好ましく感じる一番の理由は
『国民的アイドル』と持ち上げられ、なんとなく居心地が悪くて
自らメガネギャグをぶっこみ、芸人さんに突っ込まれて安心してる笑顔と
自分が当ててパーフェクト達成したあと、
ファインプレーの藤森氏に触れて褒める人間力の高さだ。

相葉雅紀の本当のミラクルはそこにある、といつも思う。


  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

「ボクは影だ」by黒子

わ~…どうしましょう?
今日の「嵐にしやがれ」ってば、超萌えたぎったな~。

私が一番好きな感じだったよ。
つまり相葉雅紀の扱いがってことだけど。


終わったばかりだけど、勢いで今の気持ちを書き留めておこう。



その前に私が今ドハマりしている「黒子のバスケ」についてちょっと説明。

「黒子のバスケ」通称「黒バス」は某少年誌連載のバスケマンガだ。

主人公の黒子テツヤはその「影の薄さ」をフル活用して
試合中、相手のミスディレクションを誘うという特技を持っている。

とにかく目立たなくて自己主張もないボンヤリした少年だけど
芯はしっかりしていて、やるべきことは冷静にこなす。

めっちゃ好みなんだよ、この黒子のキャラ。

ガツガツしてないのにちゃんと出来てて、実はすごいヤツなんだけど
スポットが当たるまでは誰も気がつかない。

うわ~…カワイイカッコいい!
私が一番好きなタイプじゃん~~。

と、現在BSで放送中のアニメを毎週録画にしてリピするほどドハマり。


その黒子のキャラと、今日の岡田氏の相葉くんの印象がかぶってるような気がしてさ。

岡田氏ってば…「相葉の記憶がない」んだよ?

相葉の記憶がないってさ~。
影が薄かったのかな?
あんなに可愛い子だけど、あの子って主張が薄いから!
ほんわかその場にいるから見逃しちゃうのかな?

気配やオーラを消すのが得意なのかもしれないね。
空気を読むから!
この子って自分のターンじゃないって感じたら、即座に引くからね。
おまけに「究極の人見知り」だしね。

前に出ないその控えめさが、ジャストマイタイプ!

さりげない
奥ゆかしい
控えめ
おっとり
おとなしめ
つつましい


この手の修飾語、めっちゃ好き。
むしゃぶりつきたくなるくらい好き


でもよくよく知ると、最高に可愛いしカッコいいし
バラエティでもライブでもポテンシャル高いでしょ?


黒子と同じだな~(実際は違いますけど)
超嬉しいわ~(本人ご満悦なので、大目に見てくださいませ)


もう一つ、岡田氏に相葉くんの印象がない理由として考えられるのは…

包囲網、ね?

番犬のディフェンスが激しすぎて、相葉くんが目に入らなかったとか。
それこそミスディレクションされちゃってたわけだ、総武線の番犬によって。

萌える萌える!
どっちにしても萌えるしかない。


相葉くんの衣装のニットがずっと甘え袖になってたのも、その「儚さ」のイメージを強調してたし。
守ってあげたくなる感じね。

薄かったり囲い込まれてたりしてるなんて、理想的過ぎる!

いろんな妄想が巡り巡って、今ワタクシ軽い酩酊状態です。
テンション上がりすぎて、うまくまとめられない。

なので、今のこの勢いでとりあえずアップしとこう。


このネタに関しては、いずれどこかで昇華できればいいなあ…。


  1. [ edit ]

復活・相葉の櫻井

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

相葉雅紀「大文字のK」説

やっと「ハピネス」(@桐野夏生)の順番が回ってきた。
2ヶ月待ったので、嬉しくてあっという間に読んだ。

次の人が待ってると思うとすぐ返したくなって、本日図書館へ。

返すついでに借りた本。

「鬼畜の家」 深木章子
「東京公園」 小路幸也
「庭の桜、隣の犬」 角田光代
「ブック・オブ・ソルト」 モニク・トゥルン

悲しいのは、予約してる本の順番がまだまだ回ってきそうにないこと。
一番早いのでも6月。
最長は来年の3月…。
1年後か~…予約してることすら忘れそうだな。

最近はあまり本が読めなくて。
月に5冊は読みたいけど、せいぜい2冊がいいとこ。

本を読むということは自分の中のバランスを保つことなので
楽しく読めればいいなあと思っている。



さて、本は本でも雑誌の方。

「TVfan CROSS」、表紙の櫻井翔がステキすぎる。

少し前の映画用の櫻井翔とのギャップがすごい。
さすがトップアイドル。
本気を出したらこのビジュアルだよ。
「はなまる」の櫻井翔にも度肝を抜かれたが、静止画でもこのクオリティ。
いやいや…妄想の糧になりそうで頼もしい限りである。

が、私は相葉廃人なので、やっぱり相葉くんのページで手が止まってしまう。

浴衣を掲げた立ち姿の美しさときたら…。

顔やスタイルの良さはもちろんだけど、このヒトのポージングの妙は
多分アイドルの中でもトップクラスなんじゃないかと思う。

相葉くんは立ってるだけでも、それが自然にキまる天性の勘の良さがある。

以前にも書いたことがあるけど、まるで鏡を見て自分の姿を調節してるようだ。

目の前のカメラマンさんを見てるはずなのに
大きな姿見で己のポーズを確認して微調整をしてるかの如くミリ単位でキまってる。


特に腰の落とし方。

体重をどちらかの脚にかけたラフなこのポーズ。
普通の日本人がやると、多分「小文字のk」になる。
(「k」の長い辺が軸足、斜めに下に伸びてるのが休めの脚として)
なぜかというと腰の位置が低いからだ、脚が短いからだ。

しかし相葉雅紀は選ばれし人種なので「大文字のK」になるんだ。

腰の位置が高いんだよ
脚の生えてる場所が普通より上空なんだよ
ついでに言うとヘソの位置も相当上だぞ
このパンツの見せ方、カルバンクラインのアンダーウェアのCMできるだろ?
西洋人レベルのヘソの位置なんだからさ


とうわけで、このポーズがモデルさんのように見えるのは
相葉雅紀「大文字のK」のヒトだからだ。
(このグラビアは脚の向きが逆だけど)

おまけに腕も長いし。
ダラリと下げた手の位置が腿の半分くらいまで伸びている。

既に長くて細いのに、踊り始めると柔軟性まで加わって
この腕がまるで天から降ってくるキラキラの空気まで全部巻き取って
相葉雅紀をますます輝かせてるということをご本人はご存じだろうか。

多分全然自覚ナシで、本能のみで動いてるんだろう。
むしろ知らなくていいのかなと思う。

相葉雅紀の魅力は「無知の知」にある。
知恵の実を口にする必要はない。


左のページの小さなカットにも心惹かれる。

浴衣を羽織って後ろを見ながら歩く
うつむき加減のセピア
腕を上げて浴衣を羽織る

どれも顔はハッキリ写ってないけど、相葉くんの表情が見えるようだ。
きっと「カワイイ相葉ちゃん」じゃなくて「キレイな相葉雅紀」なんだろうな。


世界地図をかぶったアップは、黒目がいいわ~。

先日放送された「がんばった大賞」のNGシーンでは
相葉くんのNGはなかったけど、例の変な体操してるとことがたくさん見れた。
そのときの「全然!全然!」と優しく言ってる相葉くんの目!

し、白目、どこに行った?

目の中の白い部分が全然!全然!確認できませんでしたが?
黒目しかありませんでしたが?

そのときの目を思い出した。

グラビアの とにかく高い 黒目率
(もんぷち 相葉雅紀を愛でる川柳)

前髪もいいな~。
「はなまる」の櫻井翔の前髪も良かったけど、この相葉くんもグー。

やっぱり前髪って重要だ。
お化粧をしない男性アイドルの場合、前髪の陰影で睫毛や目の印象が変わるし。

アゴの華奢さも見逃せないわ。

頬杖をつくと、相葉くんの頬からアゴのキレイなラインが際立つ。
この柔らかくて繊細なフォルムが、わりと長身な相葉くんを中性的に見せてくれるんだよね。


「TVfan」さん、いい仕事してくれるわ~。

相葉雅紀とテキスタイルのコラボっていう企画がいい。

相葉くんは布を扱うのがとても上手い。
カラダを軸にしてターンしたときのジャケットの動きとか
細い首にストールをひと巻きしてモードに印象をチェンジさせるとか。

おまけに手足が長いので、布を手にして動いたら日本一、いや宇宙一だ。

相葉くんが手にすると、ライブ中の汗ふきタオルでも小道具として輝く。


世界地図のフードは本当にいいね。
睫毛の影も頬の削げも存分に活かしてくれてる。

相葉雅紀の作る影

だからこのヒトから目が離せないんだなあ、と思った。


  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

相葉不足の弊害

相葉不足!

絶対的に相葉不足である。


娘のことで慌ただしくしてて、ネットやDVD、HDDからも遠ざかってて
リピもできなきゃ、歌も聴けない(音楽再生機器を持ってない女)
美麗なグラビアの在庫をうっとり眺めることも不可能な
そんな殺伐とした日が4日も続くと、心が干からびる!

心の井戸がパリパリと枯渇していく感覚を初めて知った、五十路前。

やらなきゃいけないことが山積みで妄想もろくに出来ないし!

もちろん合間に楽しいひとときもあった。
相葉亭で相葉廃人の皆さまとおしゃべりしたり、新歌舞伎座見物に行ったり。

でもね、だからといって物理的な相葉不足が解消されるわけではない。

通常営業になってから、夜中にあれこれリピして井戸水を満たしてる最中だが
疲れもたまってるのか、なかなか満タンにはならないものだ。
モードも切り替わらないっつーか。

ま、おいおいにね。



ところで。

夕方、マイ旦那から電話が入った。

「もんむすの担任の先生から電話があって…」

えっ?なになに?
なんかやった?
新学期早々、あのバカ息子のヤツ、なんかやらかした?

「こないだ集めた役員選出の投票で~…」

…役員選出?
ああ…
クラス名簿渡されて、その中から役員を推薦するってアレ?

「『もんぷちさんのお名前が多数挙がってますので』だって。
要するに役員をやって欲しいみたいだな」


「イヤです」

「オレに言われても~。
本人がいないからわかんないって言ったら、あとでまた電話するってさ~」


ヒトゴトだと思って、ノーテンキな口調で言うなや!


そして夕飯時に宣言通り、先生からお電話アゲイン。
新担任に対し、ひととおりのご挨拶をしたあと本題に突入。

「ご主人からお聞きでしょうか…?
推薦にもんぷちさんのお名前が多数…」

「…そんなことないですよね?」

「え?」

「そんなわけないですよね?」(食い気味)

ろくにママ友もいない、学校にもほとんど顔を出さない私の名前が
そんなにたくさん挙げられるわけないじゃないか!
テキトーなことを言うなーーーー!

相葉不足で弱ってるところを狙い撃ちするなんて卑怯だぞーーーーー!


というわけで(どういうわけだ?)なんとか一旦逃げることが出来た。


春って油断の出来ない季節だな~って思った!(久々のローラ)


  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

VS嵐春のSP徒然

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. tb: 0
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

分析※追記あり

衝撃を受けると、何度もそのお題を記事にしてしまう悪いクセ。

「俺千葉」…いや「俺相葉のときもそうだった。

いろんな角度からえぐりまくって吐き出した1年半前の記憶。

あのときは「ガチデートドキュメンタリー」の願望が叶った嬉しさと
そのリアルを見せつけられているという気恥ずかしさをごまかすために
闇雲にキーボードを叩いたなあ(遠い目)

今回は本放送もまだなのに、テレビ誌の1枚でこの盛り上がり。

実際の放送がカットされなかった場合、一体このブログはどうなってしまうんだろう。


ま、そろそろしつこいのでチューの話題は置いとくことにして。


少し前にブログラム?とかいうブログ分析サイト?に登録をした。
(いろいろ曖昧で申し訳ないが、自分でもシステムがよくわかってないので)

そこは、書いてある日記の内容を勝手に分析して
カテゴリ内のランキングを勝手に決めたり
そのブログにのどころを勝手にピックアップしてくれたりする便利な機能があるらしい。


私のマイページに飛ぶと、分析結果が見れるようになっている。
(左側のグリーンのボタンを押すと飛べます)

ランキングは、根拠がよくわからないポイント制でカテゴリ別にランクが決められる。
アクセス数が関係あるとかは全然わからない。

要するにわからないことだらけのサイトに日々分析されているということだ。

私のブログの一番の見どころは『相葉雅紀』らしい。
一番大きなポップアップで表示されている。

他には『二宮和也』『男性アイドル』『嵐』『映画』『伊坂幸太郎』
『ファッション』『猫』『ピアス』『野球』『中日ドラゴンズ』
等々。

私の日記は上記の要素で作られているらしいよ。


そして、どのカテゴリで一番順位がいいかというと、やはり『相葉雅紀』だ。
4月3日現在、第17位。

何度も言うが、ポイントの根拠は解明できていない。

次は『嵐』じゃない?って思うよね?
だってほぼ『相葉雅紀』『嵐』のことしか書いてないもんね。

が、しかしどういうわけか『井端弘和』で26位なのだ。

いや、確かに語ったよ?
WBCのとき、日々井端について語りまくった。

でもさ、実際『櫻井翔』さんの方が出番多くない?

にもかかわらず、見どころワードの一覧にも『櫻井翔』の文字はないうえに
カテゴリにエントリすらされていない。

…この分析サイトの審査基準はなんなんだ?

やっぱ『翔さん』って表記してるのが原因?

私の書いている『翔さん』『櫻井翔』ってことが伝わってないのかな?

もしかしてさ。
そのうち『哀川翔』とか『綾小路翔』にランキングされちゃう可能性アリ?

…たまにはフルネームで書いておくか…。


ってことで『櫻井翔キャンペーン』をスタートさせたいと思う。

『翔さん』のことを『櫻井翔』と書いてみるトライアル期間を設けて
ブログ分析がどう動くのかを調べてみるつもりだ。

と、ここまで考えてしまうほど、ブログ分析サイトには謎が多いのだ。
(じゃあ、登録すんなよ!)


とりあえず、今からトライアルスタート。



結局、明日の「VS嵐」の放送まで、妄想と剣呑は続くわけだ。

テレビ誌はいいカメラアングルだったので、櫻井翔が覆い被さり
相葉雅紀がキスを受ける姿勢が可憐すぎて萌えを煽りまくってくれた。

櫻井翔の血管の浮き出た太い首のラインはどこまでもたくましく
その頬に押し当てられた相葉雅紀の鼻筋がリアル感をプラスする。

櫻井翔の下唇と相葉雅紀の上唇が合わさった角度のあるキスは
コントの流れというにはあまりにも情熱的すぎた。

さあ、櫻井翔よ。
明日のVS嵐でも同じアングルで私たち相葉廃人を楽しませるがいい。

アーレ、キュイジーヌ!



…さて、あとは結果を待つだけだ。

こういう実験結構好きなんだよね。


※追記※
そして本日…『井端弘和』のカテゴリで、見事に6位…。
狙いとは外れた着地ではあったが、確かに文中の『井端弘和』の文字がデカイもんな。
分析結果としては見当違いではないんだろう。

あ、でも『櫻井翔』のキーワードもちゃんと表示された!
その代わりに『松本潤』が消えてしまったぜ(笑)


  1. tb: 0
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

祝・櫻葉解禁記念日

おはようございますおはようございます。

新しい櫻葉の夜明けです。
いい目覚め!
空気が美味しい、桜吹雪も美しい!



お気づきの方は少ないと思うが、実は今までワタクシは
『櫻葉』『にのあい』等の、あからさまにカップリングを連想させるワードを
一般の世界で口にすることに躊躇があった。
だからブログ内でもその単語を使用することはほぼなかったと思う。

腐業界にいる期間が長いからこそ、迂闊に使うことに罪悪感がある。
その言葉の持つアングラ要素ゆえの背徳感を捨てきれないのだ。

その背徳感さえも萌えを彩る重要なツールではあるが
社会人として線引きだけはしておかないと、と感じていたわけだ。


が、しかし。

昨日のチュー画像を何度も確認し
もしかして新しい扉が開いているのか?と思わずにはいられない。

ブロガーさんに頂いた画像は、携帯だったので拡大にも限度があった。
それでも全国の腐った嵐ファンを狂乱の渦に巻き込んだ破壊力は健在。

小さな1枚からでも、翔さんと相葉くんの首の傾け方が
『マジ角度』でることは火を見るよりも明らか!

そのことは昨日の興奮エントリでもお伝えさせていただいた。

もういいんじゃね?
もんぷちの中の『櫻を解禁してもいいんじゃねーの?
だってオフィシャルの2人がこんなことになってるんだぞ?

時代は変わったんだな。

そりゃね、十代の頃はこんなじゃれあいも珍しくなかっただろう。
だけどそれはドル誌の誌面とか、深夜の冠番組とか
ある一定の狭い範囲内でのことだったんじゃないの?

アラサーの男子がゴールデンで…。
その事実を思うと、やはり昨日を私の『櫻解禁記念日』に認定したい。


そして満を持して発売日の本日を迎えたワタクシ。
いつもよりも早起きしてコンビニに走った。(早起きは三文の徳の無駄遣い)

でさ、昨日一度は見てるんだからさ、やめときゃいいのにさ…

見ちゃうよね~?
一応本の棚の前でペラペラっとめくってみるよね~?
(だって違うテレビ誌を買って帰ったら致命傷じゃん?)

ぶふぅぉっっ…

ひ、久しぶりの…エア鼻血…しかも鮮やかな鮮血!
いやこれは間違いなく、エア吐血に匹敵するお宝だ。


まず、思ったよりも写真がデカイ!
1ページのほとんどをこの『櫻チュー』で埋めてあります。
おまけにど真ん中なので、手に取ったらすぐ開いちゃうよ?
目次を確かめる必要も、ページを繰る手間もいらなかった。

パッと開いて、チュッと櫻

いろんな意味でサービス満点!
編集者側の腐った思惑が透けて見える。

で、昨日も書いたけども、どうなってんの?身長差。
どうしてこんなに相葉くんが女子なの?


「オレね、玄関の上がり框でチューするのが一番好きかも」

「…は?どういうこと?」

「オレが先に上がるじゃん?
雅紀が靴を脱ぐ前にチューしたら、身長差がちょうどいいの!
オレの理想のチュースタイルなわけよ!」


「…しょーちゃんって、時々めんどくさいね」


こんな感じ?
普段から翔さんはこんな野望を胸に秘めて生きてるから
相葉くんが仕方なく付き合ってる的な?

翔さんいい刷り込み、相葉くんいい仕事!


そしてやっと本題(…今から?)

大きい誌面で見ると「細かいところに気がつきますと!」(←中国九州地区限定のギャグ)

翔さん…若干半眼!!!!

見てるやん!
『オレの可愛い雅紀のチュー顔』をしっかり見届けてるやん!

こんなことをするヤツは間違いなく「ムッツリスケベー」ですよ?

ハイ、お嬢さんがた、ちゃんとメモってね。
コレ、試験に出ますよ。

以前から嵐内では翔さんが一番のムッツリだと感じてはいたが
もう疑いようがなくなりましたな。

翔さんの首に浮いた血管と筋。

めっちゃ力入ってるやん!
ガッツリいく気満々やん!


あのね、こういう男は超人ハルクに憧れを抱いてますよ?
自分の脱ぎっぷりもよければ、相手もサクサク剥きます。
要するにせっかちなスケベーです。

翔さんの本気っぷりに、オバチャンめまいすら覚えた。

コントにかこつけて『オレの雅紀』をアピールしやがった!

くそう…。
調子こきやがって。

悔しいがきっと天罰が下るはずだ。
櫻井翔の処分については、柴犬と兄さんたちにお任せしよう。


胸をかきむしるほどの衝撃と怨恨(?)と
破壊力抜群の萌えを投下してくれたチューショットだが
ほのぼのポイントもちゃんとあった。

相葉くんのつむじ

カメラアングルと相葉女子ポジションのおかげで
相葉くんの可愛いつむじがコンニチハしてるじゃないか!

ああああ~…なんてかわいいんでしょう?
つむじって無防備で純粋で、ただそこにあるという謙虚さが本当に好きだ。

とくに相葉くんのつむじは絶品だ。

そういう意味では、翔さんに多少の感謝はしている。
多少だけどな。




ところで、めでたく『櫻葉解禁記念日』に認定されてしまった昨日は
前記事でも触れたが、マイ旦那の誕生日であった。

マイ旦那行きつけの居酒屋の女将さんや常連さんたちが
「お誕生日会」をしてくれるらしく、夕方からお迎えが来て出かけていった。

44歳のお誕生日会…
想像したら笑いが出るな。

そして10時過ぎに帰宅したマイ旦那は両手いっぱいに荷物を抱えていた。

「どうしたの?それ…」

まず驚いたのは、見たこともない洋服を着ているってこと。

「もらった…誕生日プレゼントで…。
着替えてみろって言われて、着てみた」


本人も若干困惑しているが、私も驚くぞ?

頂いたのは、白Tシャツと紺のコットンカーデのセット。
スモーキーグレーのジップアップパーカー。
厚手カットソー素材のネイビーアウター(春物)
コーチのキーリング。
そしてホールケーキ。

店の女将さんやそのお母さま、バイトの女の子や常連さんからの
心あたたまるありがたいプレゼントの数々。

良かったなあ、マイ旦那
妻からはクマちゃんのバースディカードのみなのになあ~。

…つーかさ、そんだけ服をもらったんだから
そろそろ私のボトムを勝手に借りるのやめてくれる?

毎回毎回、私の各種パンツを履いて飲み会に出かけやがって。
(もちろんこの日もネイビーのカーゴパンツを無断使用されていた)

「だってウエストがゆるくて履きやすいんだもん」

!!!!!

…来年から、4月2日は貴様の誕生を祝う日ではなくなった。

正々堂々、『櫻解禁記念日』として盛大な祝宴をしてやるわ!

貴様なんか放置じゃ!
覚悟しとけよ!


  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

チューチュー詐欺?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


  1. 箱入り兎
  2. [ edit ]

はさまれたいランキング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック