FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

骨を愛でる

とうとう始まっちまった…。

怒涛の年末雑誌祭りが。

それでなくてもTV誌は嵐嵐のオンパレード。
まさに嵐の嵐!

そこに相葉くん個人としては、ドラマの主演が重なっちゃって
TV雑誌だけでなく、エンタメ系ファッション系にも出ずっぱり!

追いつかない…
体力も経済力も全然追いつかないよ~!

別に感想を書く必要なんか全くないし、需要があるかもわかんないのに
私自身が!どうしても!書いておきたいの!
今の相葉雅紀を今の私がどう感じ取ってるのかを、書き留めておきたい。

なのに「嵐フェス」のDVDもフラゲしちゃうし、
部屋の隅っこにはホコリがかたまってるし、年賀状は真っ白だし…。


でもザッとだけ吐く。
吐かせていただく。

「FRaU」の表紙のジャケットは、ヘリンボーンのクラシック感が印象的。
さすがモード系ファッション誌だな(って買ったことないけど)

杉綾と呼ばれるこの生地を見ると、神恭一郎が思い浮かぶ。

でも相葉くんが着てるこのジャケットは、ヘチマ衿なので
スタンダードさが薄れてイマドキ風の柔らかさがプラスされてるかも。

モノクロの相葉くんって黒目が強調されて、より引き込まれる。
真っ黒なのに底が見えそうで見えなくて、
なにを映しているのかもよくわからない不安さも感じさせる。

そうなんだよね。
この、そこはかとない不安ってヤツが相葉雅紀から目が離せない要因の一つ。
相葉くん自身はすごく飄々として自然体に見えるのに、
こっちはなんかソワソワして落ち着かなくなる感じ。

恥ずかしいって言うのとは全然違うんだけど~
いつも上手く表現できなくてお手上げだ!


そして「体育座り」はもんぷちの大好物。

このワンカットだけでも、角度を変え視点を変え距離を変えて
何度眺めたかわからない。

結論としては「脚が長すぎる」ゆえに「膝の位置が高すぎる」
「このパンツ丈がジャストモード」ゆえに「露出した足首が細すぎる」
「頭蓋骨がコンパクトすぎる」ゆえに「頬の陰影が艶っぽ過ぎる」
「カラダが薄くて可憐」ゆえに「圧力を感じさせない傾斜角度」ってことね。


途中、いろいろ破綻してるけど、要約するとこんな感じ。

各種二段論法(そんなのないです)を駆使しても、
相葉雅紀の全てを語り尽くすのは無理な話なんだけども。

スラッとした体型を生かしたロングのニットジャケットもお似合いだけど
やっぱ、表紙のジャケットで全身を見たかったかも。

せっかくのシャツとネクタイだし、神恭一郎との脳内対決もさせたかった!

でも耳と後頭部と、添えられて男っぽい手のショットがあるから。
あれはファン心理をよく理解した1枚なんじゃないかと思う。

「首」「耳」「丸い後頭部」「指」

これは相葉廃人相葉雅紀を語るときのホットワードだ。

うん、いいアングルだと思います、マジで。


「non・no」で着てるジャケットも偶然ヘリンボーン素材使用だ。

こっちは少しデザイン性が高いので、神恭一郎ではないな。

グラビアの企画自体は凝った演出になってるけど
正直どっちでもいいy…(以下自粛)


じゃ、次の「Lips」行くか(行くんかいっ!?)

うわ~…これはまた…鎖骨チラ見えの麗しいデコルテライン。

巻き物マイスターだからね、相葉雅紀は。

グルグル巻きにしてアゴを隠す甘えんぼ風だと可愛らしくなるんだけど
サラッと巻いてクールさを強調させるとこれがまた男っぽくていいよね。
その男っぽさの中にも線の細さと繊細な骨格が窺えてね。
薄い皮膜のその下に流れてるであろう、サラサラの血液まで透けて見えるよね?

どんなに着込んでいても、ヘソの位置と血流とクリームみたいな薄い筋肉だけは
絶対に透視できると思うんだ。

それくらい相葉雅紀の骨格について考える時間が長いんだよ。

腰の可動域は言うまでもなくて、なんでこんな色っぽい立ち姿が可能なんだろう?
腰の角度、ミラクルバランスやん。
腰が写ってるショット、全部奇跡の傾斜角で腰周りにドリームを抱かせるやん。
(この数行に何回「腰」って書く気やねん?)

最後のドアップ、胸を押さえる手が好きだ。
相葉くんは歌ってる時もよく胸や腹を押さえるが、
これ以上自分から桃色のなにかが出てしまわないよう、自粛してるのか?

そしてやっぱり黒目だなあ…。

光の加減なのか、少し茶色く見えるこの黒目
もの言いたげなのに突き放されてるような、これまた妙な不安をあおる。

下ろした前髪の量がまたちょうど良くて。
小さな顔の削げた頬にかぶる髪の影が記事にある「精悍」ってことなのか。

でも私には睫毛と黒目と左頬から首に続く影が「妖艶」に見えるわ~。
だってくちびるピンクだし!

何度見ても、この右頬のラインが完璧すぎて泣ける。
アゴも細いし、大きな手だったら一掴みできそうなほどプチサイズのお顔。

見てたらキリがない、マジで日が暮れる。
ゲシュタルト崩壊起こしそうだ。


ラストは「Cancam」

思い切ってバッサリ下ろしちゃった前髪が
「ギルバート・グレイプ」のディカプリオを連想させる純正の少年風。

髪の毛を輪郭に沿わせると、お顔のラインのパーフェクトさが際立つ。
本当に骨から全てが丁寧に作られたキレイな子だなあと感動してしまう。

目を閉じた横顔がまた美しくて「アナザー・カントリー」の
ルパート・イヴェレットみたいじゃないか。

ファッション誌で暗い色のお洋服やレトロなニットを着せられた相葉くんには
どことなくヨーロッパの匂いが漂う。
勝手なイメージで言うとロンドンだけど。

このネクタイ姿も、ぜひ全身を拝見したかったわ。

きっと少し腰をひねってるのに、なぜか真っ直ぐ姿勢よく立ってるように見せる
あの不思議な無重力感を味わうことが出来たでしょうな。



総括。
各ファッション誌を見て感じること。

相葉雅紀は骨が命!」

こんなにキレイな骨格の男子って見たことないわ。



最初にも書いたが、珍しいことに「嵐フェス」DVDをフラゲしてしまった。
なんでも1日遅れで入荷のもんぷち地方では滅多にないことだ。

これについては出来れば年内にもう一吼えしたいところだが
今日のところはさわりだけ。

相葉雅紀のピンクの腰と尻と脚ーーーーーーー!

もう充分伝わるだろう、相葉廃人の皆さまには…。

これが全てでこれが答えだ。

相葉雅紀の全身はピンクに限る。
むしろピンクで作られている。

これがワタシのファイナルアンサーだ。

スポンサーサイト

  1. 相葉くん
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ハピバ!

「ケーキいる?」 電話で気付く バースデー

(もんぷちココロの川柳)


朝、実母から電話があったわけだ。

「クリスマスのケーキが届いたよ。いるでしょ?とりにおいで」

毎年、母が孫のためにって頼んでくれてるんだよね。
それをもらいに来い、という電話があったんだ。

そっか、クリスマスか~…。
と、受話器を置いてハッとしたわけだ。


クリスマスってことは、ウチの天使くんのお誕生日じゃねーか!と。


…起きてすぐ気づけよ、相葉廃人だろ?…って思った!(ローラで逃げる)


そもそもアニバーサリーとかバースデー系にすごく弱いのよ…。
他人の誕生日も全然覚えられないし。
相葉くんがイブ生まれでホントに良かったよ(今年はそのイブを忘れてたわけだが)




気を取り直して…

相葉くん、お誕生日おめでとう!

これからも翔さんに甘やかされリーダーと肩を寄せ合い
松潤のココロの凝りをほぐしニノのベターハーフとして
そして、嵐のマスコットとして可愛く賑やかな人生を送ってくださいませ。

ワタクシ、年金は全てアナタに捧げる覚悟で風を送りますので。


2012.12.24

もんぷち 拝


  1. tb: 0
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

酔っ払って萌えを吐く

今日はオシゴト関係の忘年会だったのだ。

酔っ払ったときによくやってしまうのだが…
タクシーで帰る途中、コンビニに寄ってスイーツをカゴいっぱいに買うという暴挙。

なぜそうしてしまうのかはよくわからない。
多分、波平で言うところの折り詰めの寿司と同じアイテム。


で、酔った勢いで先日から胸に渦巻いている萌えを吐き出していいだろうか?
(自分のブログなんだから勝手にすればいいじゃない!)


「嵐の明日に架ける旅」、すごくいい番組だな~。

宮古島も良かったし、相葉くんは可愛かったし
やっぱり相葉くんは国民の弟って言うか(菅野女史の名言)
むしろ国民の孫的存在なんじゃないかってしみじみ感じた。

中高年なら誰でもこの子を眼を細めて見守っちゃうよ、みたいな。

そんな当然至極なことはいいんだけど(いいのか?)

番組の間中、スタジオに嵐くんしかいなくて嵐くんがロケして嵐くんが進行して
嵐くんがVTRにツッコミを入れて、嵐くんがワイプで笑ってる。


これだけのことが、どんなに清々しくて心和むことか。

というグループでしか出せない空気感を胸一杯吸い込んだ気分でございます。

ジャスト森林浴!
マイナスイオン浴びまくり!

ま、それも置いといて(置くのかよ!)

血中アルコール濃度がキケンレベルに達しているもんぷちが声を大にして叫びたいことは

櫻井翔
相葉雅紀にデレデレとツッコミを入れすぎなんじゃーーーーー!
(@第一夜目)

………。

いや、ちょっと違うな…。


もんぷち的大事件は、二夜目の松潤の回に起こったんだ。
松潤が出会った「希望の種」について触れた冒頭。

「松本さん!
予告で見ましたけど…女子高生と絡みまくりだったじゃないですか!」


冗談めかしているけども、相葉くんが珍しく声を張って…
松潤を責めてるように聞こえたのは気のせいか?

これはアレかしら…?

正月でもないのに、モチを焼いてやがんのか?

要するにヤキモチってヤツですかーーーーーーーー?


…ってずっとずっと言いたかったのよ。

オシゴト中も飲んでる間も、ずっとあの相葉くんの口調が気になって
乙女な相葉くんがいたらどうしよう…って考え始めたら萌え狂ったよ!


「じょしこーせーと…からみまくってたでしょぉ…」

「絡んでねーよ。フザけんな」


あ…臨界点超えたかも(酔ってますので)
ニルバーナニルバーナ。

今宵はこの切ない苦しさを抱えたまま寝ようっと。


いい夢見ろよっ!


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ポプコン@東京・その2

引き続きいい加減レポです。

DVD収録のカメラが入った日なので、気になる方は回れ右してください。

ほとんどMCの様子です。


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ポプコン@東京・その1

な~んか、ヘッポコレポもどきばかりが続いてますが…。

自分用の記録でもありますので、勝手にアップさせていただきます。

12月15日土曜日に東京ドームに入らせていただきました。
ありがたいことです。

すでに、福岡レポで気になる演出には軽く触れてますので
MC中心の内容になっています。

ただ、この日はDVD収録用のカメラが入っていましたので
MCとはいえ完全ネタバレです。

そうは言ってもテキトーうろ覚えレポなので
あとでDVDと答え合わせをされると私が泣きます。

そのあたりも踏まえて、気になる方は回れ右してください。


大丈夫な方だけどうぞ。


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ポプコン@福岡・ラスト(ご挨拶編)

5人のご挨拶。

ここはメモしてないので本当に記憶だけで書いてます。
(他のところもろくにメモなんてしてないんですけど…)

結果、すっごく短いです。
本当はもっと長くしゃべってくれてたんだけどなあ…。


コレで終わりです。

よろしかったらどうぞ。


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ポプコン@福岡・その5(事件編)

MC後、後半のプチ事件(もんぷち的)について少しだけ。

演出についての壮大なネタバレを含みます。

気にならない方だけどうぞ。


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ポプコン@福岡・その4(番宣MC編)

MCがもう少し、とライブ恒例の番宣あれこれでございます。

急がないと忘れちゃうから!
もんぷちのハードディスク、お粗末だから!


もう少しお付き合いくださいませ。


MCだけなのでネタバレってほどでもないですが
気になる方は読まない方がいいかもしれません。


大丈夫な方はどうぞ!


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ポプコン@福岡・その2(相葉ソロ編)

その1にも書きましたが、レポというほどたいそうなものじゃないです。

あくまでも相葉廃人であるもんぷちの視点で書いております。
いろいろと偏ってますので注意が必要です。

今回は相葉くんのソロのことが中心です。
当然壮大なネタバレを含みます。


上記を踏まえて大丈夫な方だけ続きからどうぞ。


  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

ポプコン@福岡・その1

Popcornツアー、12月9日の福岡最終日に入ってきました。

メモをとる余裕がなくて、詳細なレポは出来そうにありませんが
自分の備忘録も含め、思いつきでアップしてみます。

MCは日ごとに違うと思いますが、演出についてはネタバレもあります。

読みたくない方はここで回れ右してくださいね。


大丈夫な方は続きからどうぞ。


  1. tb: 0
  2. cm: 4
  3. [ edit ]

ファァーーー!(not ゴルフ)

ものすごい今更感の中、ベスアについて書き留めておく。

トップバッターはやっぱり嵐くんたち

相葉くんの衣装!
サンタさんの次に赤が似合う!
30歳までのカウントダウンが始まった男子とは思えないキュートさじゃないか。

「VS嵐」ではニノが衣装で遊ばれていることが多いけど
歌番組に限っては、ダントツで相葉くんがトリッキーな役割を担ってると思う。

理由としては、多少奇抜なデザインやテキスタイルをあてがっても
手足の長さを生かした舞うようなダンスに栄えるであろうと判断されているのではないかと。
と、相葉廃人は勝手にスタイリストさんの遊び心を妄想するわけだ。

相葉丈ボトムもブーツインもロールアップも、モコモコ着込んだアウターもどきも
長くて薄くてアッサリした相葉くんの体型だからこそ。


それにしても1曲目の翔さんの緊張度、ハンパなかったな。

そりゃしょうがないよね。
今から最後まで大物アーティストの方を相手に生放送で総合司会をするんだから。

ドヤ笑顔が少し固まって見えたけど、目の前で楽しげに舞い踊る真っ赤なニットのあの子
翔さんのカッチカチの気持ちをほぐしてくれてたらいいなって思ったりした。


局を上げての音楽番組だけあって、照明のキラキラ感も豪華だったな~。

まともに当たったらヤケドしそうな突き刺さる光の帯が眩しくて…
テレビの前で眼を細めてしまうのは、四十路のかすみ目のせいだろうか…。

それでも一番輝いてるのはやっぱり相葉くんの大きな黒目

人工的な白い光ではなくて、奥の奥でサーチライトが揺らめくような
魅惑的に濡れて瞬くあの黒目に勝る照明なんてあろうはずもない。


次の出番が大トリという、さすがの待遇。

「ファァァァァーーーーーーーーーー」

大トリで嵐くんたちが映された瞬間の、ワタクシの心の雄叫び。
(同時に同じセリフを娘が短く放った)

なんですか?
あの麗しのファー王子のツーショット。

やっぱね、ファーはね、こうあるべき。

同じ色の型違いジャケットは、よく見ると素材がカジュアル。
お金持ちの家の椅子みたいな柄のパンツも、カッコいいけど色味が明るくて
フォーマルに寄せすぎない雰囲気がある。

相葉くんにいたっては、上着はジャケットではなくブルゾンスタイルだ。

そこに首回りだけ…

ファァァァァーーーーーーーーーー!

これだよね。
ゴージャスすぎないって大事。
なんならこのファーを巻いたままコンビニに入っても違和感はないはず。

だって相葉くんって、お洋服を自分の雰囲気に沿わせるのが巧いんだもん。

相葉くんがつけてるってだけで、このファーはゴージャスって枠からはみ出して
カジュアルかつモード、おまけに防寒も出来ちゃうの、みたいな実用性も醸し出す。

いろんなフェンスを乗り越える、最強の笑顔が上に乗っかってるからね。


「Your Eyes」後のCM前、ものすごい美人さんがいたよね?

あのシーンは例のファーが、本来の役割を果たしていたと思う。
キレイなものをより美しく魅せる、絢爛アイテム。

いや~…早くも目だけに正月が来たのかと思ったぜ!


「ワイルドアットハート」では、相葉くんがウエストをひねるたびに
白いシャツの隙間からチラチラ見えるなにかが気になっちゃって。

アレってインナー着てるのかな…?
肌の色みたいなのが見え隠れするんですけど…。

線が細いから、洋服の中でカラダが泳いじゃって隙間だらけなんだよね。
見えそうで見えないから余計気になるよ。
思わず何度もスローで確認しちゃったじゃないか!(間違った鑑賞法)

終始、頬には縦線が入ってるし、こりゃかなり痩せてますな。
いいねいいね~。


イントロやラストで、膝下をサイドに跳ね上げる振り付けがあるが
その膝下が長くてしなって、文字通り『跳ね上がる』ので
その振りのたびに「あしぃぃ!」と叫ぶ、もんぷち母娘。

そりゃもう、なにかで弾いたみたいな見事な蹴り上げ。
しかもその足の振りの時には、必ずと言っていいほど
ツイストする色っぽい腰と薄い胸がついてくる。

腰の反動で蹴り上げてるという感じだ。

細かい所作がいちいちパフォーマンスとして積み重なって
相葉雅紀のダンスを個性的に仕上げていくんだと思う。


で、歌い終わったあと、松潤相葉くんになにを言ってたんだろ?
カラダの向きをクルッと反転させて、相葉くんにしっかり向き合って
顔を見てなにか喋りかけていたんだよね…。


「相葉くん、振り間違えただろ?
罰として、今日はオレと朝まで付き合うこと!」


「え、間違えてた?マジで~?」

「潤くん…。言いがかりですよ、それ…」


もしくは…


「オレ、相葉くんのファーの方が良かったな~。
モニター見てたら、こっちの方がカッコいいんだよな」


「ホント?換えてあげれば良かったね?」

「そうだよ!
換えてくれなかった罰として、オレと飲みに行くこと!」


「…相葉さん、相手にしなくていいですから」


な~んてね!



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック