FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

Beautiful Nagodo・その5

「Beautiful World」ツアー、名古屋2日目の徒然その5です。


今回はレポではなく、名古屋2日目の全体の印象と感想を少しだけ。


MC以外のところで気になったことを書き散らしてますので

全然まとまりのない内容になっております。


曲名も入ってますのでネタバレを好まない方は読まないほうが無難です。


大丈夫でしたらどうぞ。












オープニング。

メインステージのほぼ真横である私の席からは、

スモークは見えても、せりあがって来る嵐くん5人の姿は確認できるわけもなく。



それでも斜め上の巨大モニターに映し出されたシルエットで

私のカワイイあの子の立ち位置はすぐにわかったひらめき電球



私の大好きな全身のライン。

長い足と長い腕と、少し崩した腰の角度と小さな頭蓋骨。

間違えるわけがないパー



出てきた瞬間から「アイバマサキ」全開だった。



途中、相葉くんはすれ違う翔さんとハイタッチしたり、

歌の最後に松潤と手繋ぎしたり、ニノとミュージカル風に盛り上がったりにひひ


MCのときもそうだけど、ところどころに挟み込まれる

らしいスキンシップに会場から黄色くて桃色のため息があがるブーケ2



そして初めて見た「遠くまで」の振り付けのキュートさに

オトメゴコロがうずいたわラブラブ(久しぶり)



「One Love」のハンドマイクバージョンをラブリーにしたような

腰と手を使った可愛らしいアピールダンス。



嵐くんたちってガシガシ踊るのも似合うけど、アラサーになっても

こんなキューテクル(誤字に非ズ)な振り付けもこなしちゃうのね。



気のせいか相葉くんだけ、伸ばした手がヒラヒラしてたような気もするけど

そこも含めて全部カワイイからしょうがないべーっだ!



この曲は歌パートじゃないメンバーが、やたらとミュージカル風で

嵐くんたちが楽しそうだったので印象的ブーケ1

今後のライブの定番曲になってくれたら嬉しいな合格




ダブルアンコールで出てきたときも、翔さんニノちゃん

またまたミュージカル調ターンしながら出てきて、他の3人がそれを生暖かく見守ってたにひひ


で、最後の最後のご挨拶。



松潤  「これで最後だぞ!」



会場  「えええええええ!!!!!!??????パンチ!



何度かこのやり取りをしたあと、とうとう松潤がキレるDASH!



「じゃ、どうすりゃいいんだよっ!(苦笑い)



あらあらまあまあ…なんてステキなの、松潤アップ



私はエロくさいと評判の松潤のソロダンスよりも

このヒトコトに、ハートを撃ちぬかれたぜ爆弾



煽る松潤よりも、楽しそうに困惑する松潤のほうが

セクシーに感じるなんて私だけか?恋の矢



でもこのときの松潤のアップは、世界のセクシーガイの第5位には入れると思う王冠2

なかなかの破壊力だったぞ。



「エナジーソング」の前振りと言えば、アレなんだろうけど得意げ

松潤「相葉くん、行くよ行くよ?準備はいい?」って表情をしてるのがツボいて座

受けて立つ相葉くん「え、やっぱりやるの?」みたいな苦笑い。



松潤  「さ、行きますか?相葉さんのヒトコトでテンション変わっちゃいますからね」



相葉くん  「ハイハイハイ…やっちゃいますかね?(@喪黒福造)



そのあと照れて例の両手で顔を覆うあの仕草ウサギ



…あああああ!アップアップ

やっぱり相葉雅紀はなにをやってもせくしーだ!キスマーク



私のハートの草原は、相葉雅紀に蹂躙されてペンペン草も残ってないグー



「エナジーソング」の間中、TBSのマーク(注※)でピョンピョンと跳ね

2番に入ってからは、頭上でタオルをブンブン振り回して出力全開DASH!



(注※) ↓ 


妄想の森★相葉6丁目






近くに寄ってきてくれると顔もハッキリ肉眼で見える席ではあったが、

バクステに移動されるとやっぱり遠いしお尻しか見えないあせる


モニターはいつも相葉くんだけを映すわけではないので

2.0の恵まれた視力で(老眼の声も聞こえるけど)相葉雅紀に照準を合わせ

できるだけ目で追って相葉くんのダンスだけを目に焼き付けておこうと思った目


同行したブロガーさんは、あとで私にこう言った。


「もんぷちさん、時々固まってましたよ」

「ペンライト振るのも忘れてたでしょ?」

(握ったまま棒立ちだったらしい)


そう言われてみると「きゃぁぁぁ~!」っていう黄色い声もあまり発してないかもかお

そりゃ、相葉くんが目の前の花道に来たときは必死でうちわも振るし

C&Rはノリノリでやらせてもらったけどさ。


そこにいる相葉雅紀をハートのハードディスクに焼き付けてる瞬間があったかもしれない


絶賛ダビング中

ディスクに情報を取得中CD


だからかな?

今もまぶたの裏に鮮明に浮かび上がるシーンがいくつかある。


容量の少ない性能もイマイチのもんぷちレコーダーだけど、肝心なところは捕獲したかも。


オープニングの神々しい嵐くんたちもそうだけど、

ダンスシーンで赤いパンツの相葉くんが、薄いのになぜか丸くて

キュッと上がったヒップラインをこっちに向けてターンしてるシーンとか。


ヒールで回って、トウでスライド。

次の振りに移る直前に、一瞬反対側にカラダを振る相葉雅紀らしい残心

伏し目がちのピルエット、しなる手でなでる空(くう)


キレイなダンスというか…

「舞」って表現したほうがいいかもしれない。


相葉雅紀から発散されるの鱗粉が帯状にドームに広がっていくようだ虹


キラキラの最上級星

金襴緞子(きんらんどんす)のアイドルだキラキラ





相葉雅紀のソロについては現在脳内でまとめ中。

あまりのカッコよさに一瞬気を失ってたので、感想は無理かもにひひ



続くかどうかは不明のまま、一応名古屋2日目のレポはここで〆パー



お付き合いくださった方、ありがとうございましたクローバー



スポンサーサイト

  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

Beautiful Nagodo・その4

「Beautiful World」ツアー、名古屋2日目のちゃらんぽらんレポその4です。


前後関係も曖昧ですので、許せる方やネタバレOKのかただけどうぞ。











なんでその3人が相葉くんの部屋に集まったのかって話は

ニノ「オレは相葉さんとゲームしようと思って」と言ったことでなんとなく終結。

リーダーはそれに巻き込まれた、と。


そしてここでお着替えチーム分けグーパーのスタートグーパー


インロックの件を必死に弁明したので喉が渇いたのか、水をがぶ飲みする相葉くんあせる



ニノ   「ちょっと!(水を)飲みすぎでしょ!すごい顔になってんじゃん!

      気持ち悪くなってんじゃないの?」


指摘されて慌てて腕で口元を拭ってる様子。

ここは他のメンバーに隠れて、モニターの相葉くんの顔が見えなかった。


翔さん  「今完全に電源がオフになってたよ」


電源がオフ…かお

それはもしかして「節電モード」の更に下の素のぼんやりモードだろうか?


くくく…ショック!

その状態の相葉くんが見たかったわ~。

でも顔が映ってなかったんだよなしょぼん


グーパーの結果は、

最初にの2人がはけていった。


そして話題は松潤のドラマの撮影エピ。


翔さん  「今何話撮ってんの?明日は何話を撮るの?」


松潤   「2話と…3話です」


翔さん  「あのさ、明日どのシーンを撮るのか言える?(内容に差し支えなければって意味)

      そしたらさ、あとでお客さんがドラマ見たときに『あ、ここが名古屋の次の日ね!』って

      特定できるじゃん!」


松潤   「(納得したように考え込んで…)3話は…説明しにくいな。

      2話は探偵事務所のシーンですね」


翔さん  「1月30日放送分だよね?覚えててくださいね、ここだって。

       名古屋の次の日だわって!(お客さんに呼びかけ)


相葉くん  「いちわめでもう(探偵事務所に)はいっちゃうの?たんていになっちゃうの?」


松潤    「そうですね。なっちゃいます」


ドラマの話をしてるうちにリーダーが紅白のときの衣装で登場。

まるでトビウオのようでキレイだなって思ったヤツだわアップ


そしてニノも出てきて着替えチームが交代。


相葉くん  「オマエ、おれのえいがのことせつめいしといて。

        ちゃんとせつめいしろよ。にほんれっとうのひとにおこられるから!」


ニノ    「日本列島の人って誰なんですか?(笑)


3人が裏に入っていくのを見守ってから、ニノ相葉くんの映画についての説明を始める。



ニノ   「日本列島って映画でね。相葉さんがべらべらしゃべってるらしいんですよ。

      興味があればね、見に行ってやってください(超テキトー)


会場はニノらしいウイットにクスクス笑い。


映画の話からリーダーの「怪物くん」もまだ上映中って話題に。

そのあたりで着替えの終わったメンバーが出てき始めた…のかな?(うろ覚え)


「怪物くん」の2Dも3Dも見たというリーダーと、2Dしか見てないという翔さん

「ぜひ3Dも見てください。飛び出るから」と勧めていた。


ニノ   「相葉さんのね、日本列島も3Dってことでみなさん…」


相葉くん  「すりーでぃーじゃねーよ!うらできいてたけど、(説明が)いいかげんだったな~。

        にほんれっとうのひとにおこられるぞ!」


ニノ   「だから日本列島の人って誰なんですかって!(苦笑)」



そしてカッコいいショータイムや映像マジックを経て、あっという間に最後の挨拶。

(お礼の部分などは適当に省いてます)


翔さん  「今日は本当にありがとうございます。

       年末年始、たくさんテレビでをご覧になったと思います…が

       生嵐はいかがでしたか?

       (ここで会場からリアクションがあったんだろうか?私は聞こえなかった)

       …そう、意外と顔が小さいんです」


リーダー  「みんなの顔を見てると幸せになる。目がハートになってて」


相葉くん  「(全方向に向かって、腰を折って)ありがとうございます×4、5回

        きょうはたのしかったです。

        これからもたくさんのびゅーてふるわーるどがみれるように

        そしてびゅーてふるわーるどにきづけるようにっておもってます。

        

        ボクにとっては、なにかがおこるなごや!ですね」


ニノ     「今年もいっぱい(テレビや雑誌に)が出ると思います。

        これからも皆さん、を追いかけてください。

        あ、でも生活に支障が出るようならね、それはいいですから。出ない程度にね」


松潤    すっごくいいこと言ってたんだけど…。

       なんと、ここでボールペンのインクがきれたようで、延々と白紙のカードが続いてる…ガーン

       カッコよかったのに、キーワードすらない状態なので全く記憶が蘇らない!

       でもマジでカッコよかったっス!ホントですあせる




相葉くん『Beautiful Worldに気づけるように』って言葉が胸に沁みた。


不満や愚痴ばかり言ってもしょうがない。

人生はそんなに思うとおりには進まない。


それよりも今、自分の周りの「Beautiful World」に目を留めて

そのことに幸せを感じて大事に出来たら

それが次の「Beautiful World」に繋がるんだろうね。


気づける人間になりたいと思います、相葉くんみたいにキラキラ



長々とめんどくさくなったが、多分次で最後に出来るはず!DASH!


全体の感想とアンコールのことを、頑張って思い出して書いてみようかと

(ボールペンが息絶えたのでメモが残ってないのだ…ガーン


もちろん相葉雅紀のソロのことも残しておかなければ!べーっだ!



続くかな? 続けてみせよう ホトトギス! →




  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

Beautiful Nagodo・その3

「Beautiful World」ツアー、名古屋2日目の簡単テキトーレポその3です。


連続アップですが、その2の最後と繋がってるので、ここまでは上げておきます。


曲名等のネタバレを含みますので、気にされる方は回れ右推奨です。



よろしかったらどうぞ。








相葉くんの足負傷事件が迷宮入りしたあと、

翔さんの振りによって、またもやアイバマサキの前日夜の事件の話題に。



翔さん  「昨日ね、ライブのあと焼肉に行ったんですよ」


嵐くんたち  「行った行った、みんなでね」


会場「へぇぇぇぇニコニコ!」


翔さん  「名古屋にくるとトリじゃね?

      っつーて今まではトリ(肉)ばっかり食ってたんだけど 

      今回は焼肉にしねえ?みたいなね。

      で、11時半頃に(焼肉宴会が)終わったんだよね」


嵐くんたち  「そうそう」


翔さん  「で、そのあと相葉くん、3時くらいまで起きてたって言ってたけど… 

       なにしてたんですか?(若干笑いをこらえつつ)


相葉くん  「(苦笑)…あのね、そのあとオレとりーだーにのでオレのへやでのんでたの」


翔さん  「はあ」


相葉くん  「でね、オレまたやっちゃったのよ」


(多分)松潤 「やっちゃったってまさか」


相葉くん  「そう!アイバマサキ、いんろっくじけん!」


嵐くんたち 「(口々に)オマエまたかよ~!なにやってんだよ!」


ホントにね~にひひ


しかしあとで同行のブロガーさんに指摘されて思い出したんだが

ドームに入る直前、トイレの列に並んでいるときに私が

相葉くん、またインロックしてたりしてね」って笑ってたそうなのだ。

前も名古屋だったんで、思いつきで口にしてたらしい。


やっぱり相葉雅紀は私の期待を裏切らないパー



相葉くん  「まえはふくおかだったんだっけ?」


松潤    「いや、名古屋だったんじゃない?」  


相葉くん  「なごや?ふくおか?どっちだっけ?」


会場の皆さまから「名古屋~!」のコール


松潤    「ホラ、名古屋だよ」


相葉くん  「またなごや?うわ、なごやって、こわっ!(肩をすくめる)


嵐くんたち  「怖いのはオマエだよ!」


ごもっともだ得意げ


相葉くん  「こないだとおなじなの。

        ねぼけてといれにいって、でたらまたろうかだったの」


嵐くんたち  「またかよ~」


相葉くん  「こんなかっこうじゃ、ふろんとにもいけないなって」


松潤    「『こんな格好』って、アナタいったいどんな格好で寝てるんですか?」


相葉くん  「ぱんつははいてるよ!うえはTしゃつきてる。

        まえは(廊下で寝てたら)まつじゅんがおこしてくれたじゃん?

        でも(廊下に)ぱーてーしょんがないから、ろうかでもねれないなって…」


翔さん    「廊下で寝るのも相当おかしいから!」


このあたり、ニノがいちいち嬉々として突っ込んでいたんだけど聞き取れず。


葉くん   「そしたら、じゅにあのこたちのけーたりんぐのへやがあいてて。

         そこにべっどがおいてあったから、こうやってねてたの!

         だいのじになって(と仰向けで寝るジャスチャー)


嵐くんたち  「そこで寝たの? 

         Jrの子たちが(入ってきて相葉くんがいたら)ビックリするじゃん!」


相葉くん   「で、きてくれたの、タイガとノダが『相葉くん!相葉くんどうしたんですか?』って」


ケータリングルームのベッドってのがどういう感じなのかはわからないが

普通のベッドではなく、エキストラ的な小さなものだとして。


育ち盛り(とは限らんが)のJrが、夜食を食べに寄ったホテルの一室で

長い腕をだらりと床につけて大の字で眠るアイバマサキを見つける。


タイガとノダの2人は、お互い顔を見合わせそっとベッドに歩み寄る。


眠る先輩はいつもの優しくて元気な印象よりも少しオトナっぽくて儚い。

いつまでも見つめていたいキモチと、

起こさなければと風邪を引いてしまうかもというキモチの葛藤。


タイガとノダは、明日のライブのことを最優先することに決め…


って、ヲイヲイ!パンチ!

レポだろうが、今は!

なぜに勝手な妄想を書いてしまってるんでしょーか?ワタクシはNG


閑話休題。

話をMCに戻すパー



相葉くん  「でね、すっごいの!かしこいの!(Jrの子たちのことだろう) 

        オレのへやのかぎを『相葉くん、これでしょ?』ってもってきてくれたの!」


ニノ    「っていうかさ、その部屋に入れた時点でフロントに通じる電話とかあったでしょ?」


松潤   「面白くしようとしてない?(ニヤニヤ)


相葉くん  「そんなことないって!こんらんしてあたまがまわらなかったの!」


ニノ    「いやいや、絶対『コレ、明日(MCで)しゃべれるな』って思ってんだよ、このヒト」


相葉くん  「おもってねーって!」


松潤    「いや絶対話そうって思ってたんだって!」


相葉くん  「ちげーよ!のんふぃくしょんですよ!」


ここからニノ松潤相手に水掛け論。

2人とも楽しそうに相葉くんに突っ込む突っ込むにひひ


松潤    「正直に言っちゃえよ」


リーダー  「ちょっとは(しゃべろうかな)って気持ちあったでしょ?」


珍しくリーダーまで乗ってきた!えっ


相葉くん  「ま、しゃべろうとはおもってたけど~(でもわざとじゃないよって言いたいらしい)



以下の会話はどのあたりに挟まってたのか失念しちゃってる ↓


翔さん   「3人で部屋で飲んでたって…なにを話してたの?」


あら気になるの?翔さんひらめき電球

私も気になるわ~にひひ


リーダー  「オレは帰ろうと思ってたけど相葉ちゃんに)捕まっちゃった」


翔さん   「捕まった!(笑)アイバマサキに捕まるとめんどくさいからな~」


そんなこと言っちゃって!

翔さんったら、自分も捕まりたかったんじゃないの?べーっだ!




長くなって申し訳ないが 次回に続く →

(サクサクアップしないと忘れちゃいそうなのに~あせる





  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

Beautiful Nagodo・その2

「Beautiful World」ツアー、名古屋2日目の簡単テキトーレポその2です。


日記タイトルへの突っ込みはご容赦願います。

ドラゴンズを愛するワタクシもんぷちのナゴドへの愛だと思ってくださいませ。



テキトーと言いつつも曲名も出てきますので、ネタバレを良しとしない方は

スクロールは危険です。



上記を踏まえて大丈夫な方だけどうぞ。










さて、レポの前にもんぷちのこのたびの遠征についての事情を少し書いておく。



マイ旦那と同居の義母義妹は、私が嵐オタであり相葉廃人であることを知らない。

私は自宅でそのことを一切口にしないからなのだが。


去年の夏、福岡を落選したワタクシをお友達が名古屋に誘ってくださったので、

即ナゴド周辺のホテルを押さえ、私自身は行く気満々DASH!

しかし家族に言うタイミングがつかめないガーン


1泊となると子供たちのことや家のことをマイ旦那に託していかねばならないし

いつかは言わなければ…と思いつつも時は過ぎ。


結局、年も押し迫った12月の半ば過ぎ。

珍しく家族で外食した際に、1月の3連休の最後にある

もんむす(もんぷち息子)のサッカー部の行事の話題になった。


もんぷち  「あの、9日って私いないんで…(もんむすのこと)オネガイシマス…」


家族の皆さま  「「「「えっ?いないってどうして?」」」」


もんぷち  「前の日から泊りで出かけますので…」


家族の皆さま  「「「「へえ~?!そうなんだ?」」」」


マイ旦那  「じゃあ(9日の)集合時間とか、カレンダーに書いておいて」


もんぷち  「了解です」


一応そのときはそれで終了。

私はどさくさにまぎれて報告できた安心感で胸をなでおろした。


その後は日々の生活の中で「8日と9日はいないのでヨロシク」という

ニュアンスを盛り込んだ会話にて、さりげなく不在を主張。

家族の皆さまの脳内に「留守するんだな」という事実をじわじわと焼き付けてみた。


そして出かける前日。


マイ旦那  「明日何時の『便?』


…便?

あれ…このヒト私が飛行機に乗ると思ってるのかな?えっ

(もんぷち県から名古屋に飛ぶ飛行機はありません。東京羽田のみ)


もんぷち  「…新幹線なんだ、今回」


マイ旦那  「あ、そうなんだ?(素直にビックリ)



相葉担・今回は福岡落選で参戦できず)には、私が留守の間

掃除機をかけておくように頼んだ。


娘   「で、お母さん今回なんの用事でどこに行くの?」


もんぷち  「…名古屋です」


娘   「かお…ナゴヤ?(ピンときてない様子)


もんぷち  「……(じっと娘の目を見る)


娘   「ああ!行くんだ?えっ(やっとわかったらしい)



これにて家族間における一番危険なミッション終了パー

やっと本格的に名古屋に乗り込む準備が整ったのである新幹線



その1の続きの前に、書き忘れていたことを思い出した。


1回目のMCの前の曲は「迷宮ラブソング」だった。


イントロダンスの途中、モニターに映ってる相葉くん

前かがみになる振りの途中、そのまま足に手をやってごそごそ足首を触っている。


…なにやってんだ?かお

ブーツの紐がほどけたか?


が、歌が始めるとなにごともなかったかのように踊りだした。

いったいなんだったんだろうはてなマーク


Aメロ、リーダー松潤相葉くんのパートでは

もう恒例となっている、ミュージカル隊長その弟子によるキメキメパフォーマンスブーケ1


カメラも了解済みなので、歌ってる3人よりも

後ろで無駄にターンしてる2人の滑稽なほどのドヤダンスが大写しになってた。


自身のライブだと、テレビよりも更に悪ノリ感盛り盛りな翔さんニノに会場は爆笑だった。


そしてここでMCに突入。


翔さん「あけおめ~」コールに会場も「あけおめ~」で応える。

続いて「ことよろ~」「ことよろ~」、そしてなぜか「あげぽよ~」「あげぽよ~」


皆さま、ノリがいいわ~合格



ここでニノが気になっていたことを相葉くんに質問してくれた。


ニノ   「…あの、相葉さんさっき『迷宮ラブソング』の前に…なんですかね?あれ。

      なんか屈み込んで、足をこうやって… (と、イントロ時の相葉くんの振りを真似する)


相葉くん  「ちがうの、あのね…」


翔さん   「なになに?なにがあったの?」


ここでカウントしつつ「迷宮ラブソング」のそこの部分を再現することに。


相葉くん  「でね、ここ!(床を指差す)かめらさん、とれるかな?」


ニノ    「いや、撮らなくていいでしょ?そこ(笑)

(これは階段のことなのか、怪我した部分のことなのかがよくわかんなかった)


相葉くん  「オレね、ふりのとおりにあしをこっちにやると(と、一歩外側に踏み出す)

        こっちのあしがほら!ここにおちちゃうの」


モニターを見るとそこはステージから降りるときの階段が下に向かって下りてるようだった。


相葉くん  「ここにかいだんがあるからね!(床がないと言いたいらしい)

        だからあしをこっちにふったら、じぶんのあしをおもいっきりけっちゃったの」


穴に落ちまいとするあまり、右足で左の弁慶の泣きどころ付近を蹴ってしまったらしい。

ごついブーツを履いていたので相当痛かった模様。


ニノ    「相葉さん、血はご法度ですよ(と言ったと思う…ここは激しく曖昧)


相葉くん 「じゃあ、おまえにだけみせるわ」


近寄ってニノに負傷箇所を見せる相葉くんと、屈みこんで足元を確認するニノちゃん。


ニノ    「ああ、コレは見せられませんね。ダメですよ」


翔さん  「迷宮入りだね」


やたらと迷宮入りにしたがる翔さんがステキにひひ




レポって言うよりも自分の事情の方が長いけど、続きは次回で →




  1. 生嵐レポ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

Beautiful Nagodo・その1

タイトルは大変苦しいが、もんぷち的「ビューティフルナーゴド」ってことで。

(フルボッコは覚悟です)


8日に入りました、ナゴヤドーム2日目の簡単レポになります。


レポと言ってもうろ覚えですし、テキトー感満載ですパー

セットリストは書いてませんが、曲名等が出てきますので

ネタバレをお好みでない方はご覧にならない方が無難です。



上記を踏まえまして、了解して頂ける方だけどうそ。













とにかく名古屋だ野球

あこがれの聖地名古屋野球

初のナゴヤドームに、ドラゴンズファンであるもんぷちの胸は二重にときめくドキドキ


ドラゴンズのホームに立ったワタクシは、一つ前のエントリにもあげたように

尊敬する井端選手@背番号6のユニフォームに包まれて感無量ブーケ1


ライブが始まる前から、キモチは既に「Beautiful Nagodo」である。



席は去年の福岡オーラスと同じく、三塁側のスタンド。

しかしかなりメインステージ寄りで、オーロラビジョンは斜めから少し見える程度。

つーかほとんど見えない


しかし、花道が結構近い!

思ったよりも前列だったのは嬉しい驚きだった合格


相葉くんが三塁側に来てくれる回数が多かったら…

開演前に期待しつつ、ペンライトと単語カードを用意メモ


自分の記憶力に自信がないので、今回は首からペンと単語暗記用のカードをぶら下げてみた。

MCのキーワードだけでもメモしておこうという作戦だ。

オバチャン、単語カードなんて30年ぶりに買ったよ…ガーン



このあと福岡公演も控えてることだし、セットリストはこの際置いといて。

(曲の順番を覚えてないことの言い訳)


年明けのツアーからは、例の「エナジーソング」を歌うんだろうなって思ってた。

ってことは、もんぷち的相葉雅紀の腰骨崩壊ソング「ファイトソング」は?

もしかして削られちゃうってことかな?えっ


そ、それは困るな…かお


テンションが上がりすぎた相葉雅紀が、片足で跳ね飛び上がり

天井を目指して舞い上がる龍の如く、腕をめいっぱい伸ばし天を突き上げ

最終的に旋回しながら、天女のように花道に崩れ落ちる虹


このお約束の萌えフォーメーションを遂行して頂かなければ困るわNG


最後の一葉が風に絡めとられ、石畳に舞い落ちるもみじ


その至福の一瞬を私から奪うのか?パンチ!



が、さすがは相葉雅紀パー

私の期待に応える男だ。


始まって数曲目、それは「Happiness」の歌唱中に起った。


嬉しいことに相葉くんが、私たちの前に花道でぴょんぴょん跳ねて歌ってくれたのだ。

そしてそのあと、メインステージの脇で踊るJrの子たちの前を手を振りながら移動中


!!えっ

こ、こけた!!えっ


なんと相葉雅紀、なにもないところでつまずいた~!!


でも倒れると思った瞬間立て直し(さすがの身体能力)

オイシイことに、後ろで踊っていたJrの青年に


抱きかかえてカラダを起してもらってた!


ぎゃぁぁぁぁぁぁ!

麗しいやん、ステキやん!アップ


助けてくれたその子に対して、きちんと向かい合ってお礼を言ってる様子の相葉くんキラキラ

(ちゃんと手刀を切ってるのが見えた)


ナニカが始まる予感かしら?(そんなことはない)


もしも受け止めたのが翔さんだったら、多分私はその場で鼻血を噴出したことだろう。

凄惨なライブにならずに済んで、本当に良かったDASH!


これで「ファイトソング」がなくても満たされた。

きっと崩壊系のタンクはフルに近い数値まで供給されたことだろう満




で、肝心の(?)MCだが…。


ステージで話してる嵐くんたちを見ながら、手元のカードに書き留めたので、文字がミミズであるショック!

コレを紐解いていくのは至難の業だが…。


一応残念な脳細胞をフル回転させて記憶の糸車を巻き戻してみようひらめき電球



恒例のご挨拶のあと(多分)いきなりライブの印象を相葉くんに振る翔さんブーケ2

(会話はニュアンスです。だいたいこんな内容だったってことで)


翔さん  「どうなんですか?相葉雅紀的には、今日の感じは」


相葉くん 「いいとおもいますよ、いいかんじにたたかえてます」


翔さん  「戦ってるんですか?」


相葉くん 「そうですね。ボクとしてはおきゃくさんとのたたかい、みたいな」


翔さん  「VS嵐ってことですか?」


途中からは、もしかしてニノ松潤が突っ込んでいたのかもしれないけど

残念ながらマイ単語カードには、セリフを言ったヒトまでは書いてなかった。

初っぱなから使えねーな…ガーン




先行き不安なまま次に続く  →





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック