FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 嵐
CATEGORY ≫ 嵐
       次ページ ≫

蝶々結びと黒酢への感謝


私が裏ブログにかまけている間に、ハリウッド?

萌え情報が多すぎて、萌えの大渋滞や~、
あふれあふれあふれてるわ~。

順序立てて吐き出していきたいところだけど
なにしろサービス精神旺盛な嵐くんたちのこと。
覚えきれんわ、脳の老化舐めんなよ、という気分である。

思いついたところから触れると、やっぱ泣き虫蝶々結びでしょうかね。

蝶々結びが縦になっちゃうという相葉くん。
わかる、わかるわ。
誰でも一度は通る道、しかし女子はリボンとの縁が深い。
ウエストで、頭で、胸で、蝶々結びは女子の服飾に欠かせないのだ。

私は以前から相葉くんは紐的なものに愛されていると主張しているが
相葉くんにまつわるリボンには、必ず
『結んでくれる人』が存在していると思うのだ。

相葉くんが自分でリボンもしくは紐を結ぶ局面って
それこそ靴ヒモくらいなんじゃないか。

衣装の場合、スタイリストさんが
私服でリボンを結ぶようなドレスアップするときには
エスコートする松潤か翔さんが結んでくれるでしょう(という妄想)

だから相葉くんが縦結びしかできないのもしょうがないの。
ある意味訓練が足りてないんだから。

上手くできるようになる必要もないんじゃないかなと思うし。
さっき書いた通り、誰かがやってくれるでしょう?

ステージ前は衣装さん、登壇直前なら嵐のメンバー。
カウコンやMUSICDAYなんかのシャッフルメドレーでも
相葉くんのリボンが曲がってるのを直してくれる先輩や後輩くんはいくらでもいる。

なんなら
ボクの天使ちゃんのお世話させてくれ、
アニキ、オレがアニキを守ります、
相葉ちゃん、面倒なことはオレに任せて、
と、いうメンツが整理券を配るほどいるのではないか(という妄想)

後輩くんたちの一部から「アニキ」と慕われているらしい相葉くんだけど
実際のところそれは松兄に感じるオラオラアニキ感とは明らかに異なるはず。

どちらかと言うと、保健室の先生でしょ?
男子生徒の憧れの、キレイなおねえさん的な。
優しく受け止め、なぐさめ、癒してくれる女神のような。

男性だから「兄貴分」扱いになってしまうんだけど
実態は「女神さま」というところがファイナルアンサーなのではないかと思ってる。

話が逸れましたが(いつものこと)

この日のハイライトはもちろん、
相葉くんに蝶々結びを教える松潤である。

そのとき、苦笑いで見つめてるニノちゃんの内心は

『あ~あ、相葉さんは、出来ないくらいがちょうどいいんだよね。
出来るようにしちゃうと完全に営業妨害だと思うんだけど
Jは生真面目だから…』


ってとこじゃないかと思ってる。

翔さんはこんな感じかな。

『いいんだよ、出来なくても~。
オレが結んでやるんだから…
って実はオレもリボンはあまり上手に結べないんだけどさ!』

でもね、松潤は真面目なの。
面倒見がいいのよ。
自分だって、相葉くんの胸のリボンを結ぶのが楽しみなくせに(という妄想)
出来ないって聞いちゃうと教えたくなるのね。
それがMJの性(SAGA)なのよ。

ゴールデンタイムのTVショーで、
座り込んで靴ひもを結ぶアラサーの美形2人。

…シュールだわ、萌えるわ。

このポーズのまま蝋人形にしてやろうか!


新しいところでは櫻葉Qtubeでしょうか。

一番テンションが上がったのは、翔さんの顔に黒酢がこぼれた件か。
優しく声をかけながら、そっと…
超が付くほどのシルキータッチで、翔さんの顔にタオルをあてる相葉くん。

なんなの?
リア恋枠って噂はマジね!

いちいち優しい、いちいちジェントルマン。
そりゃ翔さんも惚れるわ!

そして2人が失敗したあとの相葉くんのカッコいいこと!

「わかった、オレがやる。絶対成功させる」

スイッチ入りました!
こういう時の相葉雅紀は強いよ。
この声のトーン、聞き覚えがあるヤツ。
相葉雅紀がマジになるヤツ。
この声、この言い方、絶対にできる、
と、相葉廃人もんぷちは確信した。

ドタバタ劇も天然着地もお手の物だけど
本気を出したときの集中力のすごさ、ファンなら誰でも知っている。

やってることはそんなにカッコいいもんでもない。
笑っちゃう系のチャレンジだ。

だけど、横顔の美しい相葉くんの真剣なまなざし、
立ち上がるときのしなやかな身のこなしは
美しい、尊い、としか表現できないじゃないか。

長い首、とがった顎、ときめきの鼻筋。

Qtubeを芸術という高みにせり上げた。
相葉雅紀渾身のチャレンジ。

タオルを差し出す優しさもプラスで
お茶の間の女子が悶絶する素晴らしいひとときであった。

日々の萌えをありがとう。
ありがとう、蝶々結び。
ありがとう、黒酢。


スポンサーサイト



ネクタイ徒然

ひとつ前のエントリについて
拍手でコメント…というか疑問をいただきました。

翔さんのネクタイをはずそうとする天使についての言及がないのは
なにか意図があるのでしょうか?というものです。

え~、率直に言うと、その件、忘れてました(笑)
すみません。

正確に言うと、忘れていたわけではなくて
翔さんにタックルする各種相葉くんと
どうあっても受け止める気満々の勇者サクライに夢中になりすぎて
そのことに触れるのを失念していたのです。

うん、説明しても結果「忘れていた」という事実が明確になっただけでしたね!

もちろん、あの可愛い相葉くんの萌えないわけはないのだが
私にはこういうところがあるのだ。
つまり、一つのことに夢中になりすぎて
それについて書きまくり、そのまま着地する、というところだ。

シングルのMV、ライブ映像のほんのワンシーン。
1秒もないような刹那の萌えシーンに勝手の萌えまくり
そのことだけを吐き出し、書きなぐり
スッキリして記事を〆る、というこの悪癖。
お気づきの方もあるかもしれんが、これまでも何度もあったのだ。


で、今回。
せっかくコメントをいただいたし、
幸い今日はなんの予定もないお休みだし
その映像をリピしながら、改めてネクタイ事件について考えてみた。

ラグビーの会場でネクタイを締めてる翔さんに
「堅いなあ!」と言いつつ、近づいてネクタイをほどく仕草をする相葉くん。

うむ、なによりも可愛いのは、なぜか身をかがめて小さくなっちゃうことだ。
多分相葉くんは無意識なんだけど、手の形も体も
圧力を与えいないように小さくそっと距離を詰める感じ。

これは相手が翔さんだからということではなく
相葉くんの他人に対するフィジカルな距離の詰め方には
天使の優しさと紳士のスマートさが共存している。

首をかしげるのも相葉くんらしいよね。
確実に翔さんよりも背が高いのに
その仕草一つでこのコントの意味合いが変わってくる。
存分に突っ込んでくださいという合図になる。


で、翔さんのネクタイをはずす相葉くん…
という、萌えネタについて深堀りしてみると、
私の妄想は、一気に2人の同居疑惑まで飛躍する。

翔さんはキャスターのリアル翔さんでもよし
サラリーマンのパラレル翔さんでもよし。
少し疲れた顔をした翔さんが、着替えもそこそこにキッチンに入ってきて
冷蔵庫から冷えたビールを出そうとすると
先に帰ってきてチャーハンを作っていた相葉くんが
「しょーちゃん、ネクタイぐらいはずしなよ~」
翔さんの伸ばした腕の下から両手を入れて
首元に指を差し込んで緩めてあげるのね。
相葉くんは早くチャーハンに戻りたいから
ネクタイに集中してて、伏し目がちに首元しか見えてないんだけど
そんなことされちゃった翔さんは、ビールどころじゃなくて
相葉くんのオデコに視線がくぎ付けなのよ。
ビールを持った手を放して、そのまま相葉くんにハグしたいのよ。
でもそれやっちゃうと相葉くんに叱られそうだから(本気じゃないにしても)
続きはWEBで…じゃなくて、続きは夜中の寝室で!と
理性を総動員して我慢するのね、健気だよね、翔さんって!


逆に。
相葉くんのネクタイをはずすのは誰なんだろう?って考えたら
それはもう松潤しかいないんだよね!

打ち合わせが伸びて遅くなった建築士の相葉くん(え?アキラ?)が
疲れて帰宅すると、同居人の松潤が和食に挑戦中なのね。
キッチンからは甘辛いいい匂いがしてくるわけ。
でも料理の邪魔しちゃ悪いと思って、
そのままリビングのソファに直行した相葉くんなんだけど
ソファに沈み込んだらもう眠くなっちゃうよね、疲れてるからね。
「よし、あとは落とし蓋をして煮詰めるだけだな」となった松潤は
料理の手を止めて、うたた寝している相葉くんの頬にそっと触れるよね、
触れるでしょ?
触れないわけにはいかないよね。
うっすらまぶたを開いた相葉くんの、そのまぶたにチューするでしょ?
しちゃうよね?
「寝るな、風邪ひくぞ」とか言いつつ、頬を軽くはたき
「着替え、手伝ってやるよ」と、首に指を入れてネクタイを緩める。
もちろん、そのときの松潤はネクタイなんか見ちゃいなくて
ぼんやりしてる相葉くんの瞳をじっと見つめてるんだよね。
若い2人。
炎ってあっという間に燃え上がるものよね。
続きは今すぐ!でもいいわけよ。

あ、松潤、コンロの炎には注意してね!(うまくねーよ!)


というわけで、ネクタイ相葉徒然二選でした。

…そういう話じゃなかったですか?


細部を旅するVS嵐、他。

ひとつ前のエントリ。
嵐に関係ないことをグダグダと連ねていたにも関わらず
まあまあ拍手をいただきまして、本当にありがとうございます。

皆さまの懐の大きさに感謝です。

以前から「ドロスのボーカル」については一度書いてみたかったんです。
フェスのたびに思ってたんです。
音楽のことは趣味の違いがあるかもしれないけど
相葉くんを好きな人なら、あのスタイルは捨てがたいのではないか、と。
実際、メンズノンノのコラムには小さいグラビアもあったりするのだが
これがまあ、かなりのオサレさん!スタイリッシュ!
ぜひ公式HPをクリックしていただきたいものです(笑)



ビッグシルエットのシャツを着てる相葉くんって
どうしてこんなにキュートなの?
中身が少ないのがまるわかりのスカスカ感がたまらんなあ。

というのは、先々週の「嵐にしやがれ」の話ですけども。

なにを今さら!、はいつものことで。
ここのところリアルに更新なんか全然できてねーし!
(開き直ってんじゃねーよ!)

「女強人」の意味は?というクイズで「母」という
なかなか納得のいく答えを出した相葉くんに
「相葉さんが頭良くなっちゃったよ…」
と、寂しそうにうつむくニノちゃん。

それを受けて、なぜか申し訳なさそうな表情の相葉くん。

なんだろうね、この尊いにのあいの関係性は。

ずっと少しおバカで(決して「バカ」ではない)
抜けてて天然で無邪気な相葉くんでいてほしいニノちゃんと
そんなニノちゃんの気持ちを本能的に理解していて
だけどちゃんとニノちゃんのガラスのハートを守る気持ちでいるおにいちゃんの相葉くん。

と、尊いとはこういうことでしょう。

20年以上前から関係が変わってないんだよね。
ニノちゃんは相葉くんの手のひらでジタバタしてる反抗期な男子で
相葉くんはニコニコと手の中のニノちゃんを見つめてて。

相葉くんが頭が良くなる…
つまり知恵の実を食べて困ることってなんだろう…。
いや、確かに困る。
相葉くんはいろんなことは見えてなくて、でも感じてて
わかってないようで理解してて、
誰も傷つけない天使の振る舞いで場を和ます。

「頭が良くなる」ことによって
その天然石の煌めきが失われることを恐れているのね。

ニノちゃん、アナタは本物の相葉担よ!


デスマッチクイズ、ここのところ調子が悪い相葉くん。
なかなか食べられないよね。
今回も惜しかった!
ゲストに花を持たせた感もある。

でもね、彼はそういう子だから。
奪うよりも与える子。

「今日は来て良かった」と喜んでるゲストさんのシーンで
「やぁ…良かった」というつぶやきが聞こえてたもんね。

マジで天使だな。
やはりニノちゃんのおっしゃる通り、
相葉くんは変な知恵をつけるよりも
そのまんまのよくわかってない、人の好いままでいてほしいね。



野球放送のため延期になったVS嵐。

誰かを好き好き大好き!、な自分が大好き!
な人を見ると第三者って真顔になるんだな、という1時間。
編集という機能にマジ感謝。

相葉くんに関してはいつでも可愛い。
シューティングのときの後頭部は特に可愛い。

相葉くんが、自分の山から矢を取っていくから
手が当たってしょうがなかった、と愚痴る翔さんであるが
もちろん、年季の入った櫻葉クラスタはその真意に気づかないわけがない。

だってそのネタのスタートからニヤニヤが止まらないんだもん。

そのときは「なんて可愛いんだ、オレの雅紀は!」という
溺愛モードで可愛いミスをしちゃう相葉くんの可愛さを語るつもりだったんだろうが
「手が当たるから」「オレのこと好きなのかと思っちゃった!」という
天然小悪魔、無邪気な魔性をまき散らす天使の前にあえなく玉砕。

最高のデレモードで
「好きだけど!」
「好きだけども!!!」
と、2度も告白をする羽目に。

その表情は
『ええ、おっしゃるとーりです!
小生は、アナタのことが好きで好きで大好きでございます!』

と、開き直ったドヤ顔であった。

この手のドヤ顔をさせたら翔さんの右に出る者はいない。
それはもう見事なまでの開き直りっぷり。
言わされてるっぽいけどそういうわけでもない。
むしろ自分で言いたいくらいなの。

いいパスをくれた相葉くん、ナイスだよ!
さすがオレの天然小悪魔雅紀はいい仕事するよね~。

なんてなことを考えてるに違いないんだ(という妄想)
実際、ニヤニヤを通り越して目がしばしばしちゃってるもん。
素が出たときの翔さんって目がシパシパするんだもん。

リプレイで見てても、自分の山から矢をとっていく相葉くんを
愛おしそうに見つめちゃって。
翔さんはいつでも相葉くんを一番に思ってくれてるよね。


嵐のイメージランキング。

お風呂が長そうな嵐の2位は、私も相葉くんだと思ったよ。
だって湯船につかって戦いごっこしてるんでしょ?
「デュクシ!デュクシ!」つって、遊んでるんでしょ?
そりゃ長いよ。
美容的なこととか健康のためにじゃないところが相葉クオリティ。


それにしても今回も衣装が可愛いね。
どうして相葉くんって、重ね着したときのバランスがいつもいつも神なのかな?
襟の出方とか袖の重なり具合とか。
ピンマイクで下のシャツが出てることすらミラクルじゃん。

選ばれた衣装をただ着ただけでは決してこうはならないと思う。

私が何度も何度もここで書いているように
「神は細部に宿る」ので、相葉くんはきっと宿りまくってるんだと思う、神が。
どこがどう違うとか、間違い探しのようには、わからない。
けど、どこかが少しだけ違うから、だからカッコいい。

その「少しだけ」と「どこか」を探す旅はまだまだ続くのである。

かわいこちゃんのVS嵐


お膝を出してる相葉くんってどうしてあんなに可愛いの?
膝小僧が、ジャスト膝小僧だよね。
小僧なの、可愛いの。
つるんとしてて小さくて骨ばっててこじんまりしてんの。

骨がね、細いと思うんだ。
骨格の造りが華奢なのね。
なのに自転車ガンガン漕いでるんだもんなあ。
反則だよなあ。

OPトークはジャニーズの仲良しコンビについて。

お休みの日にどちらかの家でゲームをするという後輩くんのことを
「シンジラレナーイ!」と口を揃える嵐くんであるが
アナタたち、忘れちゃったのかしら?

一番端っこのニノコガネ氏が、
お正月に、
自分の車を出して、
相葉くんの自宅までお迎えに上がり、
しかもその理由が「危ないから」という、
誰が聞いても「はぁ?」と聞き返したくなるような、
マキシマム過保護的思考であったことを。

忘れちゃったのかな???
というか、当の本人がなかったことにしてるんだね?

いうあ、違うね。
なかったことにしているわけではなくて
「当然」すぎちゃってるんだろうね。

他の人たちなら「シンジラレナーイ」行動であろうとも
オレ相葉さんという主語をつけたら、
なにもかもが当たり前すぎて、
一般的な「仲良しエピ」と比べることも思いつかない。
引き合いに出すようなことでもない。

だってオレ相葉さんだもん。
オレ相葉さんは仲良しなんていうレベルでは語れない。
「縁(えにし」という単語すら軽い。
だってオレ相葉さんだから。

こんなにしつこくオレ相葉さんと思ってるわけでもなくて
本能的に他のコンビと線を引いているんだろうね。

さすがニノちゃんだわ。

そして松潤もやっぱり松潤。

「今日帰り飯行く?」

きゃ…きゃあああぁぁぁぁ!
男前が!
かわいこちゃんを!
サラッと食事に誘いましたよ!


モテ男の上級テク!
断られたことがない男の強気のお誘いは痺れるね。

なんつーても、誘いながら詰め寄っていく感じがいい!
近寄ってるもん、目ヂカラだもん。
有無を言わせない勢いがそこにはある。
あのお誘いは決して例えでもジョークでもなかった。

相葉くんもドキッとしてるもん。
ドキッとしちゃう相葉くんは、誘われ慣れてるんだよね。
誘われるのに慣れてるんだけど、
毎回リアクションが新鮮なのが相葉くんのいいところ。
初々しい反応って、男心をくすぐるもんね。

「ドキッとしちゃった」という相葉くんに
「行く?(笑)」と乗ってくる松潤。

うむ、やはりそれが狙いか!
この後の楽屋をぜひ定点観察してほしいよ。

というかさ、VS嵐の前室の様子を映した映像を発売してくれたら
多分ものすごい売り上げを記録すると思うけどね。

別に喋ってなくてもいいんだよ。
5人がテレビを見ながらボーっとしてるだけでも私は満足。
座り位置とか、スマホの使い方とか
誰がチャンネル権を持ってるのか、とか。
萌えの宝庫っぽいんだよなあ。

それはまあ置いといて。
スタートからいいものを見せていただいた。

松潤、OPトークで口説いたってよ!という
ネットニュースの見出しが目に浮かぶほどの男前テクであった。

仕事のあとに「飯行く?」の流れから、相葉くんが
「昔はニノとさ…」と話し始めようとした途端、
間男的にフレームインしてくるのが翔さんだよね。
これもさすがの翔さんである。

「昔はニノと…」の続きは多分、
『昔はニノとお茶の水のラーメン屋に行ってたよね!』
というなつかしのにのあいエピだったのではないか。

しかしショウ・サクライはそれを許さない。
その話題に入る前に、たいした情報もないままカットイン。
これまた本能的ににのあいの流れをぶった切るのである。
素晴らしい。

この相葉くんを巡る微妙なバランスこそが私の萌えの源。
って、OPトークだけでこんなに書くことある?
馬鹿なのかな、私ってww


キッキングスナイパーは立ち姿がいい。

VS嵐でどのゲームが好きかと問われたら
私はいつでも、相葉くんのスタイルが存分に拝めるゲームが好きと答えるだろう。
(だからそれが何なんだって話ね)

キッキングスナイパーは、立ってる姿を拝めるし
蹴ってるときの長い脚とダイナミックなアクションがいいよね。

クリフクライムは、軽いクライミングと長い手脚を堪能できるので嬉しいが
なによりも、命綱用の帯みたいなのを巻いた腰が好きだ。
細い!薄い!わっしょーーーい!
ゲストさんとのペアだと、相葉くんの細さが際立つし
本当に眼福だと思うわけよ。

ラストゲームになることが多いボンバーストライカーも
相葉くんのフォームがカッコいい。
いつも全力、ピンもはじけ飛ぶぜ。

あと、ゲストチームのプレイを見ているときの相葉くんも必見。
女性ゲストが隣のときの距離の取り方、ステキ。
絶対に15センチは空けてるよね。
出来る限り翔さんの方に寄っちゃうから
翔さん、時々ベンチからはみ出しそうになってる。
だけど翔さんはむしろ「オレに寄ってこい!」って思ってるもんね。
いつも心はウエルカム。
ぎりぎりに座ってる翔さん、ニヒルな表情もカッコいいぜ!

今回は女性ではなくて男性アスリートだったのに
実は人見知りな相葉くんは腰は引けちゃってるのかな?
どうしても翔さんに寄りかかっちゃうよね。
翔さん、受け止めてあげてね!

というわけで、勝敗よりも相葉くんのスタイルありきで楽しむのがVS嵐。
全然VSしてない私の脳内。
なんならVSしてるのは、ニノちゃんと松潤と翔さんだったりする。
(OPトークのバトル参照)



愛される男

充実の3時間SPであった。
こんなに楽しくて濃い3時間ってあるかしらってくらい。

相葉廃人の私としては、気持ちBABA嵐の比重が大きくて
最弱王脱出とかよりも、最弱王の相葉くんを巡る
過保護キャスター櫻井とツンレデニノコガネの攻防が気になるところ。

相葉くんを愛でることに高度な頭脳を使う翔さんと
相葉くんをいじることにかけては他の追随を許さないニノコガネ。

ババ抜きの結果よりも、ゲームの過程、
それに準ずる2人の舌戦が楽しみだったのである。

思い返せばお正月SPで相葉くんが最弱王に返り咲いたとき
ゲームスタート時に翔さんが
「今日なんか…相葉くんがやっちゃいそうな気がする」
予言めいたセリフを吐いていたのである。
そしてその予感はピッタリと当たったのだ。

今回はニノちゃんが黙っていなかった。

「おみくじで大吉を引いた時点で運を使っているんですよ」

ななな、なるほど!ww
さすがに付き合いの長さと洞察力においては右に出るものなし。
相葉雅紀マスター、相葉雅紀解説員、
そして相葉雅紀が「オマエ!」と呼ぶ唯一の男。


これまでの対戦において、
ただの一度もあの最弱ジャケットを着ていない、
嵐内で唯一の絶対勝者である二宮和也。

成績がいい、とは異なる意味合いで「頭がいい」のは
予選で加藤諒さんとの一騎打ちでも明らかになった。
心理を読む、しかも即座に。
そして判断も早い。

散らばってるサムシングを脳内でリンクする、
いわゆる「察する」能力が高いニノちゃんであるが
明瞭であるということは同時に
知らなくてもいい真実まで見透かしてしまうもので
それが時に不幸であったりもするんじゃないかと思うわけ。
手放しで楽しめなかったり。

そんなニノちゃんの真逆を生きるのが相葉くん。
他者を傷つけないための優しさアンテナは常にマックス、
他人ファーストなジェントルマンなのに、
自分のこととなると途端にポンコツになる。

しかしこのポンコツさが実に可愛いからしょうがない。
不思議な日本語を発するとか、
予期せぬミラクルを生みまくるとか。
狙ってるわけでもないだろうに、
人間的にもテレビ的にも愛すべき天然王子というわけよね。

決勝戦に臨んだのはかなりの個性派。
相葉くんのセリフじゃないけど、
松潤がいてくれて本当に良かった。
相葉くん一人ではとても太刀打ちできないわ。
収集つかなくなりそうだもんね。

でもまあ、始まってみればさすがのミラクルアイドル。
圧力をかけたわけではないが
そのお人柄と天使力でいつのまにか相葉ワールドに。
まるで人間空気清浄機。
ちゃんと面白いし、誰も傷つけることもない。

色やデザインはともかく、素材が残念過ぎて
ダサさが際立つ最弱王ジャケットも
道化めいたお帽子も相葉くんが身に着けるとレベルアップ。
不思議とダサいという言葉が当てはまらなくなる。
ホント、すごいわ。
ジャケットの袖丈が短いことすら、
相葉雅紀の腕の長さを強調してるようだもん。

前髪が長いってのがね、いいよね!
ゲームが進むにつれ、不安な表情を隠せなくなってるとき
前髪が厚く顔にかかってると幼い感じがしてキュートさ倍増。

神社でご祈祷もしてもらったし、お守りもある。
おみくじは大吉だったし間違いない。

翔さんに「負けても泣かないでね」と言われて
「負けねえもん、今日は」と自信をのぞかせるも
そもそも相葉くんは自信満々のときこそ危ういのだよ。

「自信満々」がオチへと繋がる振りになっちゃうんだもん。
本人はそのつもりはないんだろうけどさ。
そういう星の下に生まれてるんじゃないかしら。

なによりも愛されやすいというその性質。
ジョーカーすら虜にするんだから。

決してとり憑かれてるのではなく、懐かれているんだよね。


それにしてもですね。
カードを引いて体の向きを変えるたときの
相葉くんの美しい横顔にうっとりしてしまうよね。
お鼻のラインが素晴らしい。

抜けていく人が出るたびに焦りを募らせる相葉くん。
その焦りは全て黒目のうるうるに如実に現れている。
「え?」「ヤバい?」の感情が進むごとに
黒目がどんどん潤んで、いよいよ鮎原こずえ並みのキラキラに。

これだから!
これだからニノちゃんも相葉くんをからかっちゃうんだろうなあ。
可愛いもん、リアクションが。

相葉くんがいじられキャラなのは
いじられてるときの相葉くんがすごく可愛いからだと思うんですよ。
好きな子ほどいじめたいという心理のど真ん中なんですよ。

これだけ愛されちゃう人なんだから
当然ジョーカーが放っておくわけはないよね。

笑いと愛に満ちたBABA嵐であった。
次回の最弱王のご活躍に期待!