FC2ブログ

真夜中の兎

こちらは嵐と相葉くんを愛する相葉廃人のブログです。

  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

12.24もんぷち的補足


アイバースデー感想…というか
ほとんど妄想にお付き合いありがとうございました。

ここからは、上京中のどうでもいい私の備忘録です。
興味のない人は回れ右で。

一応記録として残しておきたいので。


24日当日は、同行の方が企画してくださった
嵐のロケ地巡りの旅へ。

待ち合わせはSASAYAカフェ。

「え?どこ?」
「SASAYAカフェだって」
「ささやきカフェ?」
「女将かよっ!」

関西人のお友だちとこのやりとりを2回はしたな。

予約をしてくださっていたのですぐに入れて良かった。
皆さん、朝ご飯を注文していたが(予約は9時半)
前日、娘と飲みに行ってすっかり二日酔いの私はコーヒーのみ。
(娘が酒が強すぎて…付き合ったらとんでもないことに)

「君のうた」のシーンと見比べながら写真を撮る楽しそうな皆さまとは裏腹に
超絶体調が悪いワタクシ…(ただの二日酔いやけど)
写真も撮らず、散歩中のワンコを撫でたりしてました…。

私の酔いを醒ますために、次の目的地まで歩くことに。
「結わえる」?という定食屋さんは翔さんがMVでご飯を食べたところだそう。
お店の前はすごい行列だった。

そのあとはムロマチカフェHACHIというカフェへ。

天然コンビが会報でケーキを食べてたお店らしい。
ここで他の方も合流して本格的にランチ。
この時点でやっと食欲が戻ってきた。

ライブ当日になにやってんだ?
今後は前の日に飲みすぎるのはやめとこうな、自分。


ドームに着いてから、はじめましての方や
お久しぶりの方とご対面。

ライブ後の打ち上げでまた会えるので、ここではご挨拶のみ。

私たちの席は1塁側1階の真ん中あたりだった。
モニターもしっかり見えるし、いいぞいいぞ。

そしていよいよ開演5分前。
事件は起こったのである。

ペンライトが、点きません!

正確にいうと、一瞬点く。
しかし、すぐに消える。
点く、消える、の繰り返し。

昭和のテレビの要領で、手のひらで叩いてみると
なんとか息を吹き返して、無事にグリーンライトを灯すことができた。

しかーし!

後半になる頃、気が付けばまた消えている。
拍手の振りしてバンバン叩く。
点く。
すぐ消える、光がユラユラ点滅する。

ちょ、頼む!
もうちょっと頑張ってくれ!

隣でペンラをバンバン叩く私を見て
笑いが止まらないお友だち。

そして、感動のご挨拶の時間。

ペンラのメンバーカラーは挨拶順になってるのでありがたいね。

翔さんの赤…終わりまで点灯してくれた。
リーダーの番になって、に換える…
あ、消えた…

スイッチを何度も入り切りするので、
親指の皮がめくれそうですけど!

お願い!
相葉くんの挨拶のときは消えないでくれ!

私の願いが天に届いたのでしょうか。
グリーンのライトは煌々と光り続けてくれて一安心。

ニノちゃんも、いけた。

しかし、松潤の紫は…
一瞬たりとも点かない!
完全な沈黙。


ボタン操作をして白から順番に点けてみる。
黄色…そして、沈黙!

しかたがないので、松潤の大好きな相葉くんカラーにしておく。
隣の友だちに「意固地な人みたいになってるやん」とからかわれる。
がっくり…。

皆さん、andmoreまでにペンラの電池を確認しておいた方がええですよ!!!



打ち上げのときに、その話をして
「緑だけはなぜか明々と点いてんの。なんでだろ?」
と聞くと、お友だちの一人が答えてくれた。

「原色だからでしょ?
一番電気を食わないんだよ」


ち、ちっがーーーーーーーう!
違う違う違うそうじゃなーーーい、そうじゃなーーい!


「愛でしょ!愛!」

こっちでしょ?
正解はこっちでしょ?
もんぷち、そういって欲しかったのよ!
欲しがってるのはそんな現実的に正しい答えじゃないの!

って、暴れたら、みんなが口を揃えて「愛だよね!」って言ってくれました。

めんどくさくてスミマセン!


打ち上げには相葉くんの写真入り誕生日ケーキを用意させてもらった。
コオ先生が抱いてるオギの顔の部分をネコ耳翔さんの顔に換えた写真にして。
(私が加工したのでクオリティは低い)

とても盛り上がって一安心。

遊んでくださった皆さま、ありがとうございました!



スポンサーサイト

  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ここが私の甲子園!(またの名を、7.15九州セレブ会事変)



3連休、お暑うございましたな。
ワタクシ、気温だけじゃなくていろんな意味でアツい連休であった。

コトの始まりはずいぶん前…いつかしら?
(LINEのやり取りを確認したら3ヶ月以上前だった)

3月終わりに唯一交流のあるブロガーLさん(仮名・九州在住)に
「福岡で相葉会をやるんだけど来れない?」というお誘いをいただいた。
以前も何度か声をかけてもらってるんだけど
予定が合わなかったりしてなかなか参加できず(そもそも新幹線の距離だし)

しかし今回はちょっとしたミラクルがあって。
その相葉会の日、私は福岡に行く用事があったのだ。
それはspitzのファンクラブ限定ライブ。
小さなライブハウスで行われるそれは、整理番号から言って1000人以下
(多分800人程度)の小規模なプレミアムライブで、私はこのたび初当選。
ボーカル草野の出身地である福岡は特に激戦なのだ。

ライブは夜なので、お昼の相葉会には参加できるかも、というわけで
昼はアラシゴト、夜は白い犬ゴト、と贅沢な1日になる…はずだったのだが…。

いや、結果的にはすごく楽しかったのだ。

街中のカラオケボックスで嵐のライブ映像を見ながらの楽しい相葉会。
はじめましての方も、
ライブのときにブロガーLさん(仮名)の紹介してもらってご挨拶した方も
皆さま、当然熱烈な相葉廃人で、お優しくて。

しかーーーーーし!
待ち合わせ場所で軽くご挨拶を済ませ
カラオケボックスの部屋に入る前からもんぷちには気がかりがあった。

皆さまが抱えている紙袋等の大きめの荷物だ。

はい、ここでいつものワタクシをご存知の(特に関西周辺の)お友だちはきっと気づいたよね。

そうです。
山口からの刺客もんぷち侍、丸腰です!
皆さまが用意されてるであろう、嵐会のお約束
「相葉会の元気なご挨拶」、
つまり手土産を用意してないのです。


アツい!
もんぷちのアホさ加減と焦り方がアツい!
この福岡のど真ん中、ここが私の甲子園だ!

あ~、聞こえます…。
いつものお友達からの「やっちまったな!」「またかよ!」の大罵倒が。

この件に関しては私の歴史は長い、そして痛ましい。

ブログを始めた当初、アメブロを拠点にしていたときは
まあまあ声をかけていただいて、ライブの際は嵐会に参加させてもらった。
(ネット引きこもりなのでそんなに何度も行ってないですけど)

私はなーんの疑問もなく、田舎者丸出しでのほほんと参加するのだが
私以外のほぼ全員、なにかしらの「手土産」を用意されていた。
嵐にまつわるもの、手作りの嵐グッズ、地元のおいしいお菓子…等々。

な、な、なんじゃこらーーーーーー!

瀕死のジーパン刑事のごとく、
皆さまの手土産の銃弾に打たれ絶命するもんぷち(精神的な意味で)

いえ、本当にありがたいんです!
ありがとうございます!
こんなワタクシのために…。

ただ、その感謝の気持ちで舞い上がるよりも
なにも準備をしていないという自己嫌悪の雪崩で谷底に滑り落ちるもんぷち。

…明るい。
皆さまの優しさで滑り落ちたこの奈落は感謝で真っ白に輝いている。
しかしワタクシのハートは這い上がることができない。
この真っ白で冷え冷えとした雪の谷から復活できないのだ。

今回、全く同じことが数年ぶりに起こりました。
忌まわしいあの記憶…。


なのになぜまた同じ誤ちを冒してしまうのか。
オマエは手土産会の石田純一か?

この日のメンバーは9人。
そして私が頂いたお土産は8つ。
要するに私もんぷち以外の方は
当然の如く、ステキなプレゼントを用意されていたのです。

お菓子に、手作り品に、なんかオサレなスプレーとか、お漬物とか…。

もんぷちの脳内にはあの歌姫の曲が流れています。
あの名曲(の替え歌)です。

♪なぜ~ 贈りあうのかを~ 相葉担はみんな知〜ぃってる~
♪いつ~ 贈りあうのかを~ もんぷちだけがなにも知ぃ〜らない〜
中略
♪つーーつみ紙はミドリ~ お菓子の色は5色~
♪みんなの愛は アホなもんぷちを~
♪あたためうるかも しれない~

…皆さま、本当にありがとうございました!
そして、申し訳ありませんでした!


(って、多分戦犯であるブロガーLさん以外、誰もここに来てないと思うけど)

なんでブロガーLさん(仮名)が戦犯なのかというと!
そういう習慣があるってことを私に教えてくれなかったから!
(↑いえ、これは単なる八つ当たりで、Lさんはなにも悪くないです)

実際、恐縮しながらお土産を受け取るたびに
隣に座ってるLさん(仮名)を恨みがましく見つめるもんぷちに
「強制じゃないのよ、気持ちだから、おほほほほ」と軽く笑ってスルーしたLさん(仮名)

くそ~、小悪魔かっ!
(もちろんLさん(仮名)はそんな人じゃありません)

しかし、相葉会自体はとてもとても楽しかった!
私以外は全員九州の方で、私のように不健全に腐ってる人はおらず
皆さま、眩しいほどの愛で相葉くんを支えておられる。

ワタクシもかくありたい。
真っ白な心で相葉くんを愛でたい。

そんな悔恨の気持ちが芽生えたとか芽生えなかったとか(どっちやねん)

もしも皆さんが気を悪くしてなかったらまた呼んでくださいね。
(主にLさん(仮名)に言うてます。彼女しか見てないと思うから)
よろしくお願いいたします。

次は頑張ります!(ホントかよ)


というわけで、もんぷちの久しぶりのアウエー相葉会は
楽しくてほんのちょっとだけしょっぱい思い出になった。



で、せっかくなので白い犬バンドのライブの話も書いておく(自分の備忘録)

前述のとおり、このライブはファンクラブ会員限定のプレミアムライブ。
会員1人につき1枚しかエントリーできないため、全員がぼっち参戦となる。
お友だちと同じ会場に当選してとしても、整理番号というものがあり
その順番に並んでライブハウスに入場するスタンディングスタイルなので
開場時間までは、整理番号が呼ばれる順に道路を挟んだ反対側の公園に
お行儀よく並んで待つという初めてのスタイル。
要するに前後左右全員知らん人、そして全員ツレがいない。

にも関わらず!
みんな一言も喋らずに、誰とも交流せずにひたすら並んで待つ。

ちょっと想像してみてほしい。
これが嵐のプレミアムイベントだったら?
嵐ファンという共通項は嵐ファンの中ではなかなかの葵の御紋で
ぼっち参戦が当然なら、ますます待ってる時間に周囲の方と
声くらいはかけたりご挨拶したり
なんなら「誰のファンですか?」という質問から
新たなつながりが生まれる可能性だってありそうじゃないか?

しかし、ここは白いワンコ女子の集まる場。
彼女たちの特徴として大きいのは
清楚な内弁慶、でしょうか?(オマエもか?まさかな)
いえ、もちろん全員ではございませんけども。

草野の世界観に共感するということは、
確固たる自分の世界があり、理想や裡の熱がとても高く、
しかし表の向きは清廉潔白なイメージなのだ(私は違います、多分)

実際、皆さまたいへんお行儀がよく、行列には私語はほとんどなく
もちろん、会場に入っても整理番号順に整然と並び
ときに割り込んで前に向かう強者もいないこともないけど
そんな人に対しても少し体を斜めにして道を開け、文句を言うわけでもなく
ライブが始まると、手拍子や振りは多少あるけども
大抵の人は祈るように草野の歌に聞き入ってて
ギターチェンジなどの空きの時間にも「マサムネさ~ん」という声が
控えめにいくつかかかる程度で、静かに息を詰めて曲が始まるのを待つ。

…健気です、皆さん。

じゃあ会場は盛り上がってないのか?と言われたらそうではない。
盛り上がってます、ガチですごい熱気です。
もんぷちの靴下に穴が開く程度にはノリノリでした。
みんな心でキャーキャー言うてます、草野が可愛くて。

ライブ前に、演奏してほしい曲を選んでエントリーするんだけど
私ってば、自分がどの曲をリクエストしたのか全然忘れてるしね。

この会場のリクエスト7位をやります、とか。
1位は当然やるんだけど、51位をやるって言ったときは驚いた。
が、メンバーが今年で51歳になるからというのが理由らしい。

51歳???
目の前にいる草野が?
まさか…こんな細身の繊細ボーイが50歳(現在)だなんて。
妖精かよ、コイツ。

私も年を取るはずよね。

昼間も楽しかったけど、夜ももちろん楽しかった。

私の大好きな、甘いものシリーズも歌ってくれたし。
(「ババロア」とか「ハチミツ」というタイトルの曲)

ただ、帰り道も一人なので、興奮を分け合う人が欲しかったりして。
その点、嵐ライブは毎回ライブ後の飲み会までが遠征だもんな。

いろんな意味で両極端な2組を抱えているなと実感。
どっちも楽しいのでやめられないんだけどな。

2018年夏。
私のしょっぱかったり盛り上がったりした甲子園は幕を閉じた。

相葉会の方は、なんなら
7.15九州セレブ相葉会事変として、私の胸に深く刻み込まれた。
この黒歴史、忘れることなかれ!


あ、本番の相葉くんの甲子園はこれからですなあ。
楽しみ!




  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ハチの針

地震 雷 火事 親父
などという言い回しはすっかる埃をかぶった感のある昨今ではあるが

我が家にも似たような言い回しが残っている。

着物 ジャニーズ 宝塚

である。

じっちゃんの遺言で(かなりウソ)もんぷち家では
この3つに心酔するなかれ、と説かれているのだ。

奥が深く味わい深く財布の紐が引っこ抜かれる
修行の如き終わりなき道。

それはまさに遥かに伸びる修羅の道。

長らくその教えを守ってきた品行方正なもんぷちであったが
四十路の少し手前で完全に相葉くんに転び(その前からグラついてはいた)
五十路にして宝塚につま先を突っ込み始めている。

なんともんぷち家禁止事項の2つに足を突っ込んでるではないか。
(宝塚の方はまだ浅瀬だが、嵐と相葉くんはもうすっかり手遅れ)

アラ還に突入する頃にはどうなってるのか。
自分で自分が怖いです…。

でも最後の砦、着物だけはハマらないと思う。
ハマらない、というかハマれないよね。

だってちょっと頑張ったらいける、というレベルではない、
潤沢な資金が必要とされる栄耀栄華な別世界が広がってるんでしょう?

帯を合わせ季節を感じ、正解の出ない着付けに迷い
「粋」を極めた諸先輩方の慇懃無礼な視線に晒され
心も体も鍛えられるというドMな環境に身を置くわけでしょ。

いや、無理だな…。
着物だけはパンドラの箱に閉じ込めておくことにしよう。


最近は職場でいろいろあって少々お疲れ気味。
主に心の方が。

こんなとき、ついつい聴いてしまうのはSPITZの「スピカ」だ。

以前もこのブログで書いたと思うけど
♪幸せは途切れながらも続くのです
という歌詞が弱ったハートに沁みていくのです。

刺さる、と言ったほうが的確かも。

そうか、幸せはずっとは続かないけど途切れても次があるのか、って思える。
実際人生ってその繰り返しのような気がする。


BUMP OF CHICKENの「ray」も聴く。
繰り返し聴いちゃう。

サビ部分のフレーズが胸に心地いい。
そして1番はここで「歩くのは大変だ」と歌うのに

ラストでは同じメロディで「生きるのは最高だ」となる。

「歩くのは大変」、だけど「生きるのは最高」

この歳になっても、悩んだり迷ったりはするもので
生きてる以上苦労も多々あったし、これからもきっといろんなことがあるけど
それでも「生きるって最高だ」と軽やかに示してくれる。

私が思う「刺さる歌詞」って気持ちや状況を滔々と説明していくものじゃなくて
思ってることをそのままぶつけるものでもなくて
たった一言が心の中に真っ赤なリンゴのように落ちていくことだと思ってる。

そのワンフレーズで世界が広がる、道が拓ける。
光が射すような、手を差し伸べられるような
その言葉が無限の意味を持ち何度聞いても新鮮な感情が沸いてくる。

恋をして幸せだ、好きだ、会いたいんだ!と叫んでる歌詞もストレートでいいけども
恋のはじまりに「おかしないきもの 花屋のぞいたりして」
と歌っちゃう草野のややこしい世界が好きだ。


もちろん、相葉くんの笑顔とエロさと完全無欠のパフォーマンスが一番の栄養。

おバカ扱いをされることが多いポジションだけど
人を傷つけることなくオチをつけたり、相手に対する自然な思いやりができたり
言葉の選び方、話の流れのつくり方、どれをとってもとても頭のいい人って印象。

柔らかい言葉なのに「刺さる」んだよね。
尊敬に値する人間力の持ち主だと思ってる。

どうやら私は「刺さるフレーズ」に弱いのかな?
誰でもそうか?


と、今日は以前から書いてみたかった好きな歌のことを記事にしてみた。
このシリーズをはじめると終わらないのでもうしないけど。

そもそもここ、相葉ブログだしね。

しかし今日のタイトルはSPITZの曲なのだったw



  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ご心配をおかけ致しました。

この度の病気…(っていうのか?)につきましては
皆様にたくさんのコメントをいただきまして
ありがとうございました。

瑞希さん
ラッキーマッキーさん
シロンさん
ゆきさん
まめちんさん
緑のかたつむりさん
ミチルさん
らあごさん
ひできちさん

拍手コメントの
みかんさん
藍さん
ふくさん
じゃすみんさん
バルバルさん
あこさん
かずっっちびさん
kumiさん
✩ゆづほ✩さん

ここにお返事できなくて申し訳ありません。

他にもLINEやメールで連絡くださった方、
本当にありがとうございます。


一応症状は落ち着いていますが、
仕事から帰ると、筋肉疲労のためか肩や背中が痛みます。

そのため、帰宅後にパソコンに向かう気持ちになれなくて。

おまけにジャポコンブルーレイが届かず
ファンクさまにも会えないし、思いも叫べないし~!

幸せになる準備は出来てるんだよぉ!
私を幸せにしてくれよ!

というわけで、相変わらずLOVEコンを見ている。

車での移動の際に嵐のアルバムを聞いていて感じるが
どうやら私はアルバム「LOVE」が好きらしい。

それはライブ映像でもはっきり感じる。

楽曲も好きだけど、振り付けも好きだ。
MCも楽しいし、FUNKYダンス委員長の訓示も好ましい。

なにしろ「Starlight kiss」の振り付けが好きで。
あの5人のダンスと目力。
彼らのアイドル力、天井知らずなだなと痛感したものだ。
衣装もキラキラの艶やかさ。

嵐くんたちが素晴らしいのは、
どんなにスパンコール系の光り物を纏おうとも
ギラギラしないところだろうか。

ギラギラも1人ならいい。
5人の中の複数がギラついちゃうと、嫌味に振れちゃうからねえ。
癇に障るし、気に障っちゃうからねえ。

その点、嵐くんたちはキラキラはしてもギラっとはしない。
主張せず押し付けない品性を感じる柔らかい雰囲気は
カッコつけてもふわっとしちゃう。
ターンを決めれば星が舞い散り、投げキッスでハートを射抜く。

アイドル中のアイドル、なのにトークのクオリティはかなり高い。
ツーと言えばカーだのヲイだのなにやってんだよ!だの
ボケとツッコミと分析と解説と傍観のバランスが絶妙で
王子さまアイドルとのギャップにまたヤられるという。

「CONFUSION」も好きなんだよねえ。

♪あまらっふーーーーるの色っぽさが沁みるよね。
それぞれ個性があってね。

お色気ドストライクの松潤
おどけながらも知性と計算の翔さん
本質的に毛穴から媚薬のニノちゃん
圧倒的な歌唱力のリーダー
眉間のシワさえ可愛い無自覚エンジェルの相葉くん

意図的に色っぽくしようとすると
途端に可愛くなる相葉くんが愛しい。
意識していないときなら思う存分ダダ漏れなのにねえ。

色気のスイッチもボリュームも使いこなせてないけど
天衣無縫、縦横無尽、神出鬼没なその艶っけは
相葉廃人のハートを変幻自在に操り、翻弄する。

…ああ、早くファンクさまにハートをもみくちゃにされたい!
( ↑ 本日の主旨)

早くうちに来ないかなあ、ファンクさま~!





  1. 日々
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

痛みと戦う夏


最近、体調不良でパソコンを開ける気になりませんでした。

体調不良といっても、内科的なことではなく外科的なことですが
コトの始まりは先月半ばの道普請で
切れ味の悪い高枝切りハサミで、結構な太さの竹をバシバシ切ったことでしょうかね。
(マイ旦那曰く、切れ味が悪いというのが大きな原因だそうで)

次の日から、ペンを持つのも一苦労の日々が続き
筋肉痛の差し込むような痛みと腕と肩の張りが
上半身を北上したり南下したりを繰り返し
やっと治まり始めた頃に、うっかり裏ブログを更新してしまい
悪化させて振り出しに戻り(自業自得)
なんとか回復したと同時に、運動不足が原因だろうと
解消のため踏み台昇降をやったところ
今度は下半身が筋肉痛に襲われ、
階段を上がることすらままならぬ難儀な感じに…。
筋肉が働いてなくて、脚を持ち上げられないのですわ、トホホ。

結果、現在全身ほぼ筋肉痛で、パンツを履くのも一苦労です。
(指の先までしびれてますのよ、ほほほ)

しかしこういうときに限って、書きたいことが浮かんできたりして。

でもでも無理しちゃ治らないんだって!
(既に今の段階でブログ更新という無理をしている)

…アルコールもダメなんだって…

つーかさ、最近「LOVE」にハマってて。
ライブ映像を見ながらあれこれ妄想してたんだけどなあ…。

吐き出すことに夢中になると、痛いの忘れちゃうので(笑)

裏の続きも、脳内原稿用紙に書きなぐってる途中ですし
こっちのほうもいろいろ気になることもありますので
できるだけ早く治して、また長々垂れ流したいと思ってます。

ロングヘアの相葉くんが、キレイなお姉さんにしか見えなかった件は
きっと私の筋肉痛と全身にまとわりつく倦怠感を一掃してくれるでしょう。


つーわけで、今日のところはおやすみなさい。
(睡眠もタンパク質合成に重要なんだって!)





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

もんぷち

Author:もんぷち
相葉くんが幸せなら私も幸せです。

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

フリーエリア

blogramによるブログ分析

最新トラックバック